スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真美「こちら真美、兄ちゃん家へ潜入した」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 23:30:25 ID:RLZ8D7ek (1/22)


真美「亜美大佐、指示を」

亜美『こちら大佐、まずは潜入ご苦労。今回の任務は、兄ちゃんの未洗濯の衣類、できればパンツを回収。及び、それらのダミー配置…そして兄ちゃんの寝顔撮影である!』

真美「了解。ではこれより脱衣所に向かう」

亜美『健康を祈る』

真美「…亜美、そこ憲法じゃなかったっけ?」

亜美『あれ?そうだっけ…?まっ、どっちでもいいじゃーん☆』

真美「…だねー☆」

亜美・真美「『あはっ、あははははー☆』」

元スレッド情報
真美「こちら真美、兄ちゃん家へ潜入した」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1352125825/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 23:30:51 ID:RLZ8D7ek (2/22)


ガチャッ…

真美「脱衣所に潜入…これより洗濯機を開ける」ゴクリ

真美「…おー、流石の濃厚な兄ちゃん臭…これだけでご飯3杯はいけるね。ふむふむ、これは兄ちゃんの今日のYシャツ…そしてTシャツと…」ゴソゴソ

真美「パンツは…おぉ、あったあった…しかも2枚!」

真美「じゃあこれを、真空パックに入れて……ちょ、ちょっとだけなら、先に嗅いでみても」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 23:31:34 ID:RLZ8D7ek (3/22)


真美「すんすん……はぁぁ…凄いよぉ…真美の肺が、兄ちゃんのオトコの匂いで一杯に…///」

真美「んっ、あっ…ふわぁ…!///」

亜美『おーい真美隊員?全部聞こえてるかんね?』

真美「ふえっ!?///」

亜美『気持ちは分かるけど、そこでおっぱじめるのは止めてね?』

真美「わ、分かってるよぉ!///」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 00:13:21 ID:u/8nKwB6 (4/22)


真美「えぇと、回収したYシャツにTシャツ、それにパンツやらのダミーを入れて…んっふっふ~!大量大量っと!よぉし、じゃあ次は兄ちゃんの寝顔を…」

『ちょ、ちょっと待ちなさいよ!』

真美「んん?あっ、その声はいお・りん」

伊織『えぇ、そうよ。それで真美、まさか私が頼んでおいた任務を忘れたりしていないでしょうね?』

真美「いお・りんからの任務…?あっ!あれねー…もち!」

伊織『へー?そのわりには、もう次の任務に向かおうとしていたようだけど?』

真美「あ、あははー」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 00:15:47 ID:u/8nKwB6 (5/22)


伊織「…」

真美「だ、大丈夫だよー!忘れてたとしてももう思い出したからさっ!ちゃんとお風呂に監視カメラ設置するからさー」

伊織『はぁ、まったく…じゃなきゃ何のために、真美にその超小型防水仕様のカメラを渡したと…』

真美「凄いよねー…これ米粒程度の大きさだもん。これなら絶対に見つけられないっしょー」

伊織『水瀬財閥の粋を集めて、やっとのことで作り上げたのだから当然よ。じゃあ、こっちのモニターで、映像を確認しながら指示するから、いい所に設置してね』

真美「了解」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 18:59:31 ID:I558rLgI (6/22)


真美「こんな感じ?」

伊織『もう少し右…いえ、下かしら』

真美「んー…ここ?」

伊織『…えぇ、そうね。完璧よ。これで死角はない…全部付け終えたかしら?』

真美「だね」

伊織『そう。じゃあ私の任務は完了ね。ご苦労様』

真美「んじゃ、今度こそ兄ちゃんの寝顔撮影の任務に……あっ、その前に喉渇いたから、お風呂の残り湯をいただこうかな」ジュルリ

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 19:01:35 ID:I558rLgI (7/22)


真美「うぅ…あまりの美味しさにちょっと飲み過ぎちった…お腹がたぷたぷ」

亜美『任務に差し支えないようにね?』

真美「ダイジョーブダイジョーブ!じゃあ、いざ寝室に潜入を…ん?」

亜美『どうしたのかね真美隊員?』

真美「ちょ、ちょっと静かに……」

「んっ…あぁ…」

真美「やっぱり…亜美大佐、なにやら兄ちゃんの寝室から、女の人の悩ましげな声が…」

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 19:03:20 ID:I558rLgI (8/22)


亜美『なん…だと…!?ま、まさか兄ちゃんめ、亜美達に内緒で家に女の子を連れ込んで、こんな明け方までハッスル!?』

真美「いや、そんなあからさまな喘ぎ声じゃなくって…もっとこう、しっとりした感じのね?」

亜美『しっとりした感じ?しっとりって、真美が兄ちゃんを妄想して一人でするときみたいな?』

真美「そうそう、そんな感じのね…って、そうだけど私で例えないでよ!///」

亜美『ごめんごめん…でもそれなら……はっ!まさかその中にいるのは、兄ちゃんの家に不法に侵入した兄ちゃんのストーカーとか!?』

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 19:05:24 ID:I558rLgI (9/22)


真美「な、なんだってー!?ぐぬぬっ、それは許せないね!真美たちの兄ちゃんに付きまとった挙句、あまつさえ家に押し入って一人でやらしいことを…!」

亜美『真美隊員!新たな任務だ!』

真美「はっ!」ビシッ

亜美『その不届きな奴に、真美隊員がきつーい天誅を与えるのだ!!』

真美「了解だ大佐!ではこれより寝室に突入する!」

亜美『県庁を祈る』

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 20:07:19 ID:I558rLgI (10/22)


真美「動くな!動くと撃つ!割とマジでね!」チャキッ

「えっ…?って、真美じゃないの…脅かさないでよ」

真美「えぇ?って、なんだぁ…誰かと思えば千早お姉ちゃんかよー!」

亜美『なんだぁ…心配して損したよー!』

千早「今日は真美だったのね…はぁ、真美?この部屋にこの時間、私以外に誰がいると思うのよ?」フニフニ

真美「そう言われればそうだね。千早お姉ちゃんは毎朝の日課?」

千早「えぇ」フニフニ

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 20:08:51 ID:I558rLgI (11/22)


真美「ちなみに、兄ちゃんに毎朝胸を揉まれて…成果は?」

千早「…くっ!」

真美「…」

千早「と、悔しがって見たものの、実はそれほど恨んでなんかいないわ。だってこの一向に膨らむ兆しの見えない胸のおかげで、皆に文句も言われずこうして私だけ、毎日プロデューサーの家に入れるのだから」フニフニ

真美「それは本当に羨ましいよ…真美もぺったこんだったらなぁ……」

千早「ふふっ」フニフニ

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 20:09:25 ID:I558rLgI (12/22)


千早「と言うか真美、そろそろ銃口を私に向けるのを止めてくれないかしら?意外と緊張してプロデューサーの手で感じられないわ」フニフニ

真美「えっ?あっ、ごめんね?しまうの忘れてたよー」ゴソゴソ

千早「真美はプロデューサーの事をとっても想っているのね」フニフニ

真美「まぁね!これが千早お姉ちゃんじゃなかったら、事と次第によっちゃぁ…バキューン!ってね」

千早「頼もしいわね…んっ///」フニフニ

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 22:58:45 ID:I558rLgI (13/22)


真美「あっ、ホントに邪魔してごめんね?なるべく早く真美は、真美の任務を済ませちゃうから」

千早「あっ、き、気にしなくていいわ…んあっ///」フニフニ

真美「カメラを出して…んー…このアングル的にベストな位置は……」

千早「やっ、また来たっ…んっ、はぁっ…!///」フニフニ

真美「ふむふむ」パシャパシャ

千早「ひうっ…!ぷろ、でゅーさぁ…寝てるのに、私の乳首を…あぁん!///」

真美「ほうほう、生の兄ちゃんの無防備な寝顔は、写真以上にそそるものがありますな」パシャパシャ

千早「はっ、も、もういくっ…!あっ、あっ、ぷろでゅーさぁ…!~~~っ!!///」ビクンビクン

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:00:33 ID:I558rLgI (14/22)


真美「おぉう…千早お姉ちゃんのトロ顔……エロいね」パシャ

千早「はぁ…はぁ…///」

真美「さて、じゃあ後は最後の恒例ミッションを…」ゴソゴソ

「んっ…」ボロンッ

真美「はぁぁ…やっぱ直におちんちんの方が、パンツより濃厚な匂いが……んっ///」スンスン

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:00:55 ID:I558rLgI (15/22)


真美「しかも千早お姉ちゃんの喘ぎ声を聞いてたからか、もうガチガチで準備万端…///」スリスリ

「っ…」ビクッ

真美「えへへ、真美の方もぐちゅぐちゅで準備おーけーで我慢できないし…早速いれちゃおうっと///」

亜美『がんばー!目指せ兄ちゃんの子供懐妊第一号!』

真美「もち!」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:01:51 ID:I558rLgI (16/22)


「…」Zzz

真美「はぁぁ…い、入れちゃうよ兄ちゃん?真美の小さな中学生おまこんで、兄ちゃんの大人おちんちん食べちゃうよ?///」ズププ

「んっ…?」Zzz

真美「ふわぁ…!はい…ったぁ…!///」

「…」Zzz

真美「んっ、あっ…や、やっぱり、こんなにしても、ひうっ!兄ちゃんは、起きないんだね…んやあぁ!///」ジュプジュプ

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:02:31 ID:I558rLgI (17/22)


千早「だってプロデューサーは、萩原さん特製の強力な睡眠薬で眠ってるんだもの。当然でしょ?」

真美「ゆきぴょん、様様だね…あっあぁっ!///」ジュプジュプ

千早「そうね」

真美「あっ、あぁん!兄ちゃんのが、真美の奥にコツコツって当たって…ひぐぅ!///」ジュプジュプ

「んぐ…っ?」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:02:52 ID:I558rLgI (18/22)


真美「ふわあぁ!兄ちゃんのが、どんどんおっきく…い、イキそうなの?いいよぉ!好きなだけ真美の子宮にっ、兄ちゃんの赤ちゃんの素出してぇ!///」パンパンッ

「んん…ぁ…」ドクドクッ

真美「きたああぁぁぁ!!兄ちゃんのせーし、真美の中にいっぱい…!しわあせぇ///」ビクンビクン

千早「…」パシャパシャ

真美「はへぇ…///」クテー

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:03:20 ID:I558rLgI (19/22)


亜美『…真美?もしもーし?終わったなら応答を…真美!?まみいいいいぃぃぃぃ!!』

パシッ

千早「こちら千早。いつも如く、潜入者は気をやっているわ。後始末もいつも通り私がやっておくわ」

亜美「いつもありがとね千早お姉ちゃん。あっ、ちなみに明日は亜美なんでヨロシク☆」

千早「えぇ、分かったわ」

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:04:31 ID:I558rLgI (20/22)


「…はっ!」ガバッ

「な、なんか下半身が冷たいような…夢精か!?それともまさか漏らした!?」モゾモゾ

「…って、何ともなかった……つーか、今日もなんか怠いなぁ」

「昨日は早めに寝たのに……最近全然疲れがとれないのは何故だ……?」

「もう今日は休もうか……いやいや!」

「今日も事務所でアイツらが待ってるんだ!こんなちょっとの疲れで根を上げてる場合じゃないな、うん!」

「よーし、今日も一日、頑張りますかっと!」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/06 23:04:47 ID:I558rLgI (21/22)

おわり

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/11/06 23:55:57 ID:tzj7skmk (22/22)

なんてうらやm……おそろしいんだ

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/678-724a9dba



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。