スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暦「なあ、戦場ヶ原」ひたぎ「なぁに?阿良々木くん?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:06:47 ID:O.ra4JJU (1/252)

「好きだ」

ひたぎ「奇遇ね、私も大好きよ」

「…」

ひたぎ「…」

元スレッド情報
暦「なあ、戦場ヶ原」ひたぎ「なぁに?阿良々木くん?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1349147207/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:09:09 ID:O.ra4JJU (2/252)

「羽川」

「何?阿良々木くん?」

「好きだ」

「偶然だね、私も阿良々木くんの事好きだよ」

「…」

「…」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:11:58 ID:O.ra4JJU (3/252)

「なぁ神原」

駿河「どうしたんだ?阿良々木先輩?」

「好きだ」

駿河「なんと奇遇な、私も阿良々木先輩が大好きだ」

「…」

駿河「…」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:14:14 ID:O.ra4JJU (4/252)

「なあ八九寺」

真宵「どうかしましたか?阿良々木さん」

「好きだ」

真宵「そうですか、私も阿良々木さんのことが好きですよ?」

「…」

真宵「…」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:16:50 ID:O.ra4JJU (5/252)

「なぁ千石」

撫子「なあに?暦お兄ちゃん?」

「好きだ」

撫子「撫子もお兄ちゃんのこと大好きだよ?」

「…」

撫子「…」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:19:35 ID:O.ra4JJU (6/252)

「なあ火憐ちゃん」

火憐「どうしたー?にいちゃん」

「好きだ」

火憐「そうかー、あたしもにいちゃんが大好きだぞ」

「…」

火憐「…」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:21:36 ID:O.ra4JJU (7/252)

「なあ月火ちゃん」

月火「何?お兄ちゃん」

「好きだ」

月火「そ、私もお兄ちゃんのこと好きかな」

「…」

月火「…」

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:23:40 ID:O.ra4JJU (8/252)

「なあ忍」

「どうしたのじゃ?お前様よ」

「好きだ」

「そうか、儂もお前様が好きじゃぞ?」

「…」

「…」

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:25:47 ID:O.ra4JJU (9/252)

「さて」

「どうやら皆僕の事が好きらしい」

「さて、次だ」

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:29:03 ID:O.ra4JJU (10/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「何?阿良々木くん?」

「キスしていいか?」

ひたぎ「…」ちゅっ

ひたぎ「不意打ちしちゃった」

(無表情に顔を赤らめる戦場ヶ原かわいい)

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:31:52 ID:O.ra4JJU (11/252)

「なあ羽川」

「何?阿良々木くん?」

「キスしていいか?」

「….」

「戦場ヶ原さんにバレないようになら」

(ちょっと期待顔の羽川かわいい)

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:34:59 ID:O.ra4JJU (12/252)

「なぁ神原」

神原「どうしたんだ?阿良々木先輩?」

「キスしていいか?」

神原「…」

神原「ど、どうせ一度きりなら、濃厚なのを頼む」

(ちょっと焦る神原かわいい)

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:37:36 ID:O.ra4JJU (13/252)

「なあ八九寺」

真宵「どうかしましたか、阿良々木さん?」

「キスしていいか?」

真宵「…」

真宵「…優しくお願いしますね」

(コケティッシュにはにかむ八九寺かわいい)

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:40:39 ID:O.ra4JJU (14/252)

「なぁ千石」

撫子「なぁに?暦お兄ちゃん?」

「キスしていいか?」

撫子「…」

撫子「キスだけでいいの?」

(ちょっと大胆な千石かわいい)

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:46:08 ID:O.ra4JJU (15/252)

「なあ火憐ちゃん」

火憐「どうしたー?にいちゃん」

「キスしていいか?」

火憐「…」

火憐「よし、来いにいちゃん!」

(といいつつ目をギュッと瞑る火憐ちゃんかわいい)

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 12:48:44 ID:O.ra4JJU (16/252)

「なあ月火ちゃん」

月火「何?お兄ちゃん」

「キスしていいか?」

月火「…」

月火「んー、まあいいよ」ずいっ

(言葉とは裏腹にする気まんまんな月火ちゃんかわいい)

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:18:00 ID:O.ra4JJU (17/252)

「なあ忍」

「どうした?お前様よ」

「キスしていいか?」

「…」

「お前様も雄ということじゃな」

(慈愛顔で許してくれる忍かわいい)

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:21:11 ID:O.ra4JJU (18/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「何?阿良々木くん」

「セックスしよう」

ひたぎ「…」

(さすがにきびしいか?)

ひたぎ「さ、先に、シャワーを…」

(やばい、照れ顏戦場ヶ原可愛すぎる!!)

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:26:33 ID:O.ra4JJU (19/252)

「なあ羽川」

「何?阿良々木くん?」

「セックスしよう」

「…」

(いかに温厚で怯まない羽川でも、これはさすがに怒るかな?)

「…」すちゃ←ICレコーダー

『セックスしよう』

「…言質、とったから」じりっ

(前かがみに寄ってくる羽川かわいい!)

(でも、僕の人生おさらばでございます)

アッー

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:33:20 ID:O.ra4JJU (20/252)

「なあ八九寺」

真宵「どうかしましたか?阿良々木さん」

「セックスしよう」

八九寺「…」ぷるぷる

(む、怒りに身を震わせているのか)

八九寺「阿良々木さんが悪いんですからね」どさっ

(八九寺が、僕を押し倒して…)

真宵「私、見た目はこんなですが」

真宵「本当は阿良々木さんより年上さんなんですから」

真宵「遠慮なく食べちゃいます」

(こ、これは予想外)

(しかし、欲望に逆らえないー!!)

真宵「私に、任せてください」

アッー

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:41:55 ID:O.ra4JJU (21/252)

「なあ神原」

駿河「どうかしたか?阿良々木先輩」

「セックスしよう」

駿河「…」

(神原は正直いけそうな気がする)

駿河「な、何を言う阿良々木先輩」

駿河「そ、そんなことをすれば戦場ヶ原先輩が悲しむ」

(む、少し押してみるか)

「….いいだろ?一度だけだよ」

駿河「い、一度だけ…」

駿河「ううっ」

(色々考えちゃって百面相する神原可愛すぎる!!)

駿河「ふ、不束者ですが」

駿河「…よろしくお願いします」

(あ、これダメだ、止まれない)

あは~ん

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:51:02 ID:O.ra4JJU (22/252)

「なあ千石」

撫子「なあに?暦お兄ちゃん」

「セックスしよう」

撫子「…」

(千石は、まず意味が分からないかも知れないな)

撫子「そっか、これは夢だ」

撫子「夢なら、何しても大丈夫だよね?」

撫子「うん、大丈夫しかないよ」ずいっ

「あれ?千石?」

撫子「いっぱい気持ちよくしてあげるからね、暦お兄ちゃん」

(あ、これ詰んだ)

アッー

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:55:15 ID:O.ra4JJU (23/252)

「なあ火憐ちゃん」

火憐「なんだー?にいちゃん」

「セックスしよう」

火憐「…/////」カアァァァ

(うおっ、真っ赤になって俯く火憐ちゃん可愛すぎる!!)

火憐「に、にいちゃん、マジなのか?」

「マジだ!!」

(マズイと分かっていても勝手に動く口が恨めしい)

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 13:58:31 ID:O.ra4JJU (24/252)

火憐「…」とすっ

(ベッドに倒れこんだ?)

火憐「い、今だけは、あたしだけ見てくれるんだよな?」

火憐「にいちゃんなら」

火憐「い、いいよっ////」

(あ、スイッチ入っちゃった)ぷちん

火憐「に、にいちゃん、優しく…」

「ごめん、止まれない」

いや~ん

31 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:02:54 ID:O.ra4JJU (25/252)

「なあ月火ちゃん」

月火「んー、何お兄ちゃん?」

「セックスしよう」

月火「…」

(僕を殺害する可能性トップだからな)

(好奇心によって死ぬなら、本望だな)

月火「お兄ちゃん、本気なの?」

「冗談でこんなこと言うもんか」

(よし、終わったな!!)

月火「ふーん」

32 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:07:17 ID:O.ra4JJU (26/252)

月火「…」ぽふん

(月火ちゃんがベッドにうつ伏せに?)

月火「い、今から私ぐっすり寝ちゃうから」

月火「寝てる間に何をされても、分からないから」

月火「それじゃ、お兄ちゃん」ぐー

(まさか、月火ちゃんまで攻略できるなんて)

(なんてこった!!)

月火「ね、ねえお兄ちゃん」

月火「…まだ?」

(これはヤバイ)

ら、らめえぇぇ

33 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:11:00 ID:O.ra4JJU (27/252)

「なあ忍」

「なんじゃ、お前様」

「セックスしよう」

「…」

(一体どう転ぶのか…)

「…この姿でか?それとも血を吸おうか?」

(普通に食いついた!)

「どっちも捨てがたいです!!」

(そして操作不能な僕の口…)

「ふむ」

34 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:12:48 ID:O.ra4JJU (28/252)

「ならば、とりあえず二回じゃな」

「お、お前は戦場ヶ原のことを言うかと思ったけど」

「お前様?」

「な、なんだよ」どさっ

(押し倒された!!)

35 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:16:18 ID:O.ra4JJU (29/252)

「これから抱こうという女の前で、他の雌の話をするものではない」

「それに…」

「そ、それに?」

「遊ぶ時は楽しく、じゃ」

「ふふふ」

(あ、搾り取られる)

「たっぷり可愛がってやろうな、お前様よ」

(でも、期待感に逆らえないー!!)

いやんあはんもうらめぇこわれひゃうぅぅ

39 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:33:26 ID:O.ra4JJU (30/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「なぁに、こよこよ?」

(ちょっと親密になってる)

「実は僕、猫耳萌えなんだ」

ひたぎ「…」ぴしっ

「ど、どうした?固まって」

ひたぎ「…よりによって、猫?」

(ま、まままマズッた!!)

(戦場ヶ原に猫の話題なんて!!)

ひたぎ「…でも、こよこよの好みなら仕方ないわね」

ひたぎ「ここに偶然カチューシャがあるわ」

(なぜ?)

40 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 14:37:26 ID:O.ra4JJU (31/252)

ひたぎ「これで私はひたにゃんよ」すちゃ

(うむ、ツリ目に猫耳は正義)

ひたにゃん「羽川様の猫耳を忘れさせて」

ひたにゃん「あ、げ、る」うふ~ん

「な、なんでズボンに手をかける?」

ひたにゃん「こんなところに魚肉ソーセージ発見だにゃ~ん」

(うおおおお、ひたにゃんマジひたにゃん!!)

らぶちゅっちゅ

51 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 20:26:28 ID:6X/wYbUU (32/252)

「なあ神原」

駿河「どうしたんだ、阿良々木先輩」

「実は秘密裏に新作の超大作エロゲを入手した」

「あの羽川の検閲を免れた一級品だ」

「けど、家でやると妹達からバレるかも知れないし」

「せっかくだから一緒にやってみないか?」

52 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 20:32:42 ID:6X/wYbUU (33/252)

神原「…」

(いかな神原も今の僕の発言にはドン引きだろう)

神原「いや、阿良々木先輩はさすがだな」

「え?」

神原「私ごとき卑賤の輩では未成年後輩女子に向かって一緒にエロティックなゲームをしようなどと、提案することも考えなかっただろう」

神原「そういう常識に捉われることのない自由な発想が、阿良々木先輩を阿良々木先輩たらしめているのだろうな」

神原「全く、敬服するばかりだ」

(こいつの僕に対する愛は無限大なのか?)

神原「阿良々木先輩、是非家のパソコンを使ってくれ」

神原「部屋の何処かにあるはずだ」

「そ、それじゃあ一緒に帰ろうか…」

53 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 20:37:33 ID:6X/wYbUU (34/252)

神原「おお、以前阿良々木先輩が片付けてくれていたおかげで、思いの外早く発見できた!」

「以前って、たった一週間前じゃないか」

神原「そうであったか、これは手厳しい」ははは

「まぁいいや、適当にインストールしてっと」

「よし神原、お前ここに座れよ」

神原「阿良々木先輩の膝の間か?それでは画面が見にくいのでは?」

「お前の肩越しに見るからいいよ、ほら早く」

神原「そ、そういうことなら、お邪魔します」///

(ちょっと照れる神原かわいい)

55 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:20:09 ID:nA1/Cu9Q (35/252)

駿河「あ、阿良々木先輩」

駿河「なぜさっきの後輩をスルーしたんだ」

駿河「明らかにこちらに好意を持っていたのに」

「だって、運動部の後輩なんて、エッチの時激しそうだし」

「僕、結構控えめなセックスが好きなんだ」

駿河「そんなことはないと思うが…」

「あと、臭そうじゃない?」

駿河「それは誤解というものだ」

56 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:28:06 ID:nA1/Cu9Q (36/252)

駿河「むしろ、私のような運動部女子は人一倍そういうのは気にするんだ」

駿河「臭いのは部室だけだ」

「ふーん」すんすん

「ホントだ、首筋からいい匂い」

駿河「な、なななんあ」

駿河「阿良々木先輩、突然何を!?」

「この位置だと神原にイタズラし放題なのか」

「おー、お前意外と抱き心地がいいなー」

駿河「う、うー」////

駿河「うなあああぁぁ」じたばた

「こら神原じたばたするな、画面が見にくいだろ」

57 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:38:18 ID:nA1/Cu9Q (37/252)

駿河「うにゅう」////

「そのままでいいぞ、神原」

駿河「今日の阿良々木先輩は何か変だ」

(ま、今日の僕は天の声に守られているから、戦場ヶ原に殺される心配もないしな)

「お、エッチシーン来た」

「最近のは結構シーンも凝ってるからなAUTOにしよう」

いや、まって、そんな、別にだれにでもこんなことするわけじゃ…

駿河「…」

駿河「あ、あの阿良々木先輩」

「なんだ?神原」

「僕は今真剣なんだ、用事なら後にしてくれ」

58 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:38:37 ID:nA1/Cu9Q (38/252)

駿河「これを」つイヤフォン

「お、なんだ、天下のエロ魔人こと神原駿河ともあろう人物が」

「いまさらこの程度のもので気分を害するものなのか?」

駿河「い、いやそういうわけではないのだが…」

駿河「そ、そうだなこの程度なんともないな」

「そうだろ?」

59 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:48:36 ID:nA1/Cu9Q (39/252)

駿河(どうしよう)

うふんあはん

駿河(目の前でこんなものを見ていたら)

駿河(なんだか変な気分に…)じゅん

(神原の体から力が抜けてるな)

(それに、匂いが強くなったような)

(体も熱い)

「神原?」

駿河「ひ、ひゃい?」

「体調でも悪いのか?」

駿河「も、問題ないぞ、阿良々木先輩」

「ならいいけど…」

(さあ、焦らしタイムの開始だぜ)

60 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 01:59:47 ID:nA1/Cu9Q (40/252)

~一時間後~

駿河「な、なあ阿良々木先輩」はぁはぁ

「どうした?神原」

駿河「このゲーム、その」

駿河「そういうシーンが多くないか?」

「こんなもんだよ、最近のは」

(本当は屈指の抜きゲーだから増し増しだけどな)

駿河「そ、そういうものか…」はぁ

(あれ?なんか振り返りつつこっちを見る神原)

(瞳がうるうるで、うっすら汗が浮いていて)

(なんだろう、すごく色っぽくないか?)

駿河「あ、阿良々木先輩」はぁはぁ

「な、なんだよ神原」

61 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 02:14:05 ID:nA1/Cu9Q (41/252)

駿河「私たちもこれ…」すっ←指差し

あはんうふんいやん

駿河「…しないか?」うるうる

(うおっ、上目遣いは反則だ!!)

駿河「もう、我慢できない…」そっ

(かん、神原の指が僕のエクスカリバーに!?)

駿河「…」

駿河「私では、魅力不足か?」

(あ、我慢できません)ぷちん

駿河「ひぁン」どさ

「そんなことないさ」

駿河(阿良々木先輩の、熱い)////

「いくぞ、神原」

駿河「…優しく、頼む…////」

いや~ん

63 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 02:36:43 ID:nA1/Cu9Q (42/252)

「なあ千石」

撫子「なぁに?暦お兄ちゃん」

「実は僕、SMに興味があるんだ」

撫子「…」

(僕の突然のカミングアウトに戸惑っているな)

撫子「そっか」

撫子「暦お兄ちゃんがそういうのが好きなら」

撫子「撫子、がんばるよ!」

「千石ならそう言ってくれると思って」

「ここに道具も用意しているんだ」どさっ

撫子「そ、そうなんだ…」

64 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 02:45:10 ID:nA1/Cu9Q (43/252)

撫子「それで?暦お兄ちゃん」

撫子「撫子は縛られればいいの?」

「違うんだよ、千石」

撫子「違う?」

「僕はMの方なんだ!!」ドヤァばーん!!

撫子「…」

(なんてゾクゾクくる視線だ…)

「このムチを使ってくれ」つ刺付き

65 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 02:54:00 ID:nA1/Cu9Q (44/252)

撫子「そ、それじゃあ」

撫子「こ、こう?」ぺちん

「そんなんじゃ全然ダメだ」

「もっと、もっと強く!!」

撫子「こ、こう!?」ばしん!!

「そうだ、千石、その調子だ!」

撫子「えい、えい」べしんびちん

「うひゃーきもちいい!!」ビクンビクン

66 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 03:06:55 ID:nA1/Cu9Q (45/252)

撫子(あれ、なんだろう)

撫子(撫子、こんなことしたくないはずなのに)

「あひんあひん」

撫子(なんだか、ぞくぞくしちゃう)うっとり

撫子「暦お兄ちゃんは中学生にムチで叩かれて気持ちよくなっちゃうヘンタイさんなんだぁ」

撫子「そんな危ないヘンタイさんには、もっともっとお仕置き」

撫子「してあげないとね」びったーんっ!!

「ぎゃあああああ」びりびり

(千石の目つきが、変わった!!)

67 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 03:16:02 ID:nA1/Cu9Q (46/252)

撫子(だめ、自分を抑えられない…)

撫子「お仕置きで気持ちよくなっちゃ、意味ないでしょ!!」びしびたーん!!

「ごめんなさい、変態でごめんなさい」ビクンビクン

撫子「この、駄犬!ご主人様の手を煩わせるなんて、いい身分じゃない!!」(cv花澤香菜)

撫子「反省してるなら、もっと鳴きなさい!もっと、もっと!!」

「あああああああ」ぴくぴく

81 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 23:29:10 ID:nA1/Cu9Q (47/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「なあに?阿良々木くん」

「お前、しっかり歯磨きしているか?」

ひたぎ「…」

ひたぎ「もしかして、さっきのべろちゅー、臭かった?」

「おい、別にキスでよかっただろ」

「わざわざべろちゅーだったことを強調するなよ」

ひたぎ「やっぱりそうなの?」しゅん

(あ、凹んでる戦場ヶ原かわいい)

「あー、違う違うちゃんといい匂いしたよ」

ひたぎ「そ、それはそれで複雑な気分だけれど」////

「やべぇ、僕の彼女超かわいい!!」

82 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 23:41:15 ID:nA1/Cu9Q (48/252)

「実は今日、火憐ちゃんと月火ちゃんと一緒にプリキュア見てたんだけどさ」

ひたぎ「阿良々木くん、彼女の前で堂々とプリキュアを見ている話をしないで欲しいのだけれど」

「その時に、あのお母さんが歯磨きをしてあげる番組を見たんだ」(現在も続いているかは知りません)

ひたぎ「ああ、数度見かけたことがあるわね」

「それを見て、そういえば戦場ヶ原はちゃんと歯磨きできているのかなあと思ったんだ」

ひたぎ「なぜそこで私を思い出したのかはわからないけれど」

ひたぎ「大丈夫よ、きちんと磨けているわ」

「戦場ヶ原!!」

ひたぎ「な、何?阿良々木くん」

「歯磨きを舐めちゃいけない」

83 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 23:58:31 ID:nA1/Cu9Q (49/252)

「歯磨きっていうのは本人が思うほどきちんとできていないんだ」

「僕は、自分の彼女が虫歯の憂き目にあうのを黙って見過ごせない!!」

ひたぎ「言っていることは無理やりだけれど」

ひたぎ「堂々ととんでもないことを言う阿良々木くん」

ひたぎ「やば、超かっこいい」

「というわけで戦場ヶ原、お前の歯、磨かせてもらうぞ!!」

84 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 00:07:57 ID:li3SvKww (50/252)

ひたぎ「こ、こんな立ち位置で歯を磨くの?」(偽物語の例の回をご想像ください)

「大丈夫だ、僕に任せて」

「さ、口を開けて」すっ

ひたぎ「あーん」

「まずは前歯から行こう」しゃこしゃこ

ひたぎ「ひうんっ」びくっ///

85 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 00:18:14 ID:li3SvKww (51/252)

「こら、戦場ヶ原、あまり動くな」

「口の中を傷つけてしまうだろ?」

ひたぎ「れ、れもっ」///

ひたぎ「ふにゃあン」////

(戦場ヶ原、火憐ちゃんよりずっと感度がいいな)しゃかしゃか

(まずい、平常心平常心)しゅこしゅこ

ひたぎ「こ、こりぇ、りゃめっ」びくっ////

ひたぎ「にゃにか、にゃにか、きゅりゅっ」///

(色っペぇ)しゃかしゃか

86 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 00:31:48 ID:li3SvKww (52/252)

ひたぎ「ンっひゃあぁぁぁぁん!!」びくんびくん

「え?」

(そんな、まだ前歯しか磨いていないのに)

ひたぎ「はぁはぁ」

「だ、大丈夫か?戦場ヶ原」

ひたぎ「…」

「調子悪いなら、ここでやめるか?」

ひたぎ「…」

ひたぎ「も、もっろ、しへ?」////

(あ、いつものキタ)

「いくぞ戦場ヶ原!!」

ひたぎ「ひぁぁぁぁぁン」びくんびくんっ

91 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 01:13:24 ID:li3SvKww (53/252)

「なあ、火憐ちゃん」

火憐「なんだー、にいちゃん」

「新しい遊びを考えたんだが、やってみないか?」

火憐「やるー」

「…」

「お前、せめて内容を聞いてからにしろよ」

火憐「じゃあ、聞いてからやる!!」

「ああ、…じゃあそれでいいや」

92 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 01:25:00 ID:li3SvKww (54/252)

火憐「にいちゃん、これでいいか?」

「ちゃんと手錠は自分では壊せないな?」

火憐「頑丈なの付けたからだいじょぶ」

「それじゃ、あとはこの目隠しをして完了だ」

(作戦開始《ミッション・スタート》!!)

火憐「それで、これからどうするんだ?」

(ここで黙って部屋の外に出ていくふりだ)すたすたバタンっ

火憐「あれ?にいちゃん?」

(さて、火憐ちゃんは一体どんな反応をするのかな?)

93 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 01:35:19 ID:li3SvKww (55/252)

火憐「あ、さてはにいちゃん、出て行ったフリして様子を見てるな?」

(ぐっ鋭い)

(だが、ここは耐える時だ)

火憐「もういいから、返事してくれよー」

「…」

火憐「なあなあ」

「…」

火憐「…本当に行っちゃったのか…?」

94 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 01:46:23 ID:li3SvKww (56/252)

(問題はここからだ、問題は)

火憐「うー、にいちゃんに騙されたのか」

火憐「あとでたっぷり仕返ししないと」

(うわ、すっごい怖い)ゾクッ

火憐「そうと決まればまずは手錠を…」がちゃがちゃ

火憐「足かせは…」がちゃがちゃ

火憐「とれない…」

(…)

95 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 01:58:11 ID:li3SvKww (57/252)

火憐「どうしよう、月火ちゃん今日は友達の家にお泊りだし」

火憐「おとーさんもおかーさんも帰ってくるかわからないし」

火憐「…」

火憐「…ぐすっ」

(あれ?意外と早く心が折れたな)

96 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 02:11:33 ID:li3SvKww (58/252)

火憐「にいちゃん、そこにいるんだろ?」

火憐「怒らないから、返事してくれよー」

(我慢我慢)

火憐「もしかして、ずっとこのままなのかな?」

火憐「あたし、にいちゃんに嫌われるようなことしちゃってたんだ」

火憐「だから、にいちゃんも怒って…」

火憐「…ぐすっ」

(やべえ、大きい妹なのに子供っぽくぐずるのかわいい)

火憐「嫌いにならないでよぉ、にいちゃーん」

火憐「わーん゚(゚´Д`゚)゚」

(本格的に泣き出しちゃったか)

97 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 02:28:20 ID:li3SvKww (59/252)

(すごい罪悪感だな)

(…)

(ゾクゾクするっ!!)

火憐「ぐすっぐすっ」

火憐「にいちゃーん、怖いよぅさみしいよぅ」

火憐「にいちゃーん」

(あ、またスイッチが)ぽちっとな

99 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 02:30:00 ID:li3SvKww (60/252)

「火憐ちゃん…」ぎゅっ

火憐「ひゃあっにいちゃん!?」

「ごめんな、意地悪して」

「僕が悪かったよ」

火憐「にいちゃん、あたしのこと嫌いになった?」

「そんなわけ無いだろ?」

「僕は昔からずっと、火憐ちゃんが大好きさ」

火憐「ぐすっ…にいちゃぁん」(cv喜多村英梨)

(うひょ、甘え声いただきました)

100 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 02:44:57 ID:li3SvKww (61/252)

火憐「にいちゃん」

「どうした?火憐ちゃん」

火憐「もうどこにも行かない?」

「行かないよ」

火憐「もっとぎゅってして?」

「こうか?」ぎゅっ

火憐「…ふやっ」

火憐「…安心する」////

(可愛いぃぃぃぃぃ)

101 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 02:50:31 ID:li3SvKww (62/252)

火憐「にいちゃん、にいちゃん」

「今度はなんだ?火憐ちゃん」

火憐「…なんでもない」

火憐「呼んでみた、だけ」(cv喜多村英梨)

(うわあぁぁぁぁ)

「…」どさっ

火憐「あれ?にいちゃんどうしたの?」

火憐「目隠しで見えないから…」

「火憐ちゃん」

火憐「な、何?」

「僕に任せて?」

火憐「…」

火憐「う、うん」

火憐「分かったよ…」

ナンカヘンナカンジダメッソコハキタナイカラマッテラメエェェェ

107 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 21:53:22 ID:li3SvKww (63/252)

「なあ羽川」

「何?阿良々木くん」

「僕、お前のことが嫌いだ」

「…」

(とりあえず直球でどうなるか様子見だ)

「…そっか、でも私は阿良々木くんのこと好きだよ?」にこっ

(ほー、そうくるのか)

108 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:12:36 ID:li3SvKww (64/252)

「そういう何でもわかってるようなところが嫌いなんだよ」

「なんでもは知らないわよ、知っていることだけ」

「そんなこと言って、内心では僕のことを馬鹿にしてるんだろ?」

「そんなことしないわよ」

「もううんざりなんだよ、そういう羽川の全部がさ」

「…」

(もしこれでブラック化したら、抵抗せずにエナジードレインされよう)

109 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:31:15 ID:li3SvKww (65/252)

「ご、ごめんね、阿良々木くん」

「まさかそんな風に思われてたなんて、ちっとも気付かなかったよ」

(まあ、本心は大好きだから、当然だな)

「そんな言葉はどうでもいいんだよ」

「他に言うことがあるんじゃないの?」

「え、その…」

「ほら、今までの態度について反省したんだろ?」

「あ、うん、でも」

「でもとかはいいんだって、それなりの態度ってものがあるだろ?」

110 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:44:22 ID:li3SvKww (66/252)

「…」

「…」うるっ

「あれ?」

「阿良々木くんの馬鹿!!」

「うわあ」どしん

「なんでそんなひどいこと言うのよ」

「私だって、こんな自分のことが嫌いだもん」

(いや、羽川さん、もんとか言うキャラじゃないでしょ?)

「私のことが嫌いなんだったら、最初から優しくしないでよ!!」

「こんな、私が弱くなってから言わなくたって…」ぼろぼろ

「ううっ…」

(やべえ、羽川の泣き顔、なぜかムラムラくるな)

「なんとか言ってよ!!」

111 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:52:06 ID:li3SvKww (67/252)

(うーん、どうしようか)

(まあ羽川泣かせちゃうとか、世界の終わりを垣間見るようなものだし)

(ここらで引いておかないと取り返しがつかなくなりそうだし)

「羽川」ぎゅっ

「きゃっ」

「悪かったよ、お前がそんな風に思ってたなんて知らなかった」

「…」

「さっきのは全部嘘だ、僕は羽川のことを嫌いになったりしない」

「…」

「羽川?」

112 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:22:23 ID:li3SvKww (68/252)

「ううっ」ぼろぼろぼろ

「うわ、もう泣くなって」ぽんぽん

「別に泣きたくないのに…」ぼろぼろぼろ

「安心したら止まらなくなっちゃって」ぼろぼろ

「…本当にごめん(((゜Д゜;)))」

「そう思うなら、こっち見ないで」ぐすぐす

「なんでだよ?」

「だって恥ずかしいし」////

(やべえさすが羽川かわいい)

113 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:34:22 ID:li3SvKww (69/252)

「…」

「落ち着いたか?」

「ううん、全然」

「もう一時間もこの体勢だぞ、そろそろおm」

「阿良々木くん?何か言った?」

「うわー羽川さん名前のとおりまるで羽のように軽いなー」

「だよねー、あんな意地悪しておいて、簡単に許されるとか」

「まさか思ってないよねー」

「は、ははっまさか…」

115 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:59:13 ID:li3SvKww (70/252)

「なあ羽川」

「何?阿良々木くん」

「さすがにそろそろ…」

「うーん、まあ許してあげよっかな」ぐるん

「おい、羽川これじゃ状況は悪化してないか?」

「顔が見えて気分は楽でしょう?」

「別の緊張感が増したんだが」

「あれれ?阿良々木くん」

「もしかして羽川とこんな風にくっつくのは不快で堪らないとか思ってないよね?」

「うわー、羽川さん超いい匂い、一生こうしていたいなー」

「だよねー」

(うう、羽川にイタズラをするなんて自殺行為だったか…)

116 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 00:05:26 ID:uIq5cKmE (71/252)

「…」

「本当に哀しかったんだよ?」

「羽川?」

「もう、しないでね?」つん

「…分かったよ」

「じゃあ、許してあげる」ちゅ

「え!?」

「このくらいはいいよね」へへっ

(いたずらっぽい顔の羽川可愛い)

119 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 01:09:15 ID:uIq5cKmE (72/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「なあに?阿良々木くん」

「これ、お前にプレゼント」つネックレス

ひたぎ「え、これって…」

「本当はもっといいものを買いたかったんだけどな」

ひたぎ「これ、どうして?」

「おいおい、なんでって…」

120 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 01:23:24 ID:uIq5cKmE (73/252)

「彼氏が彼女にプレゼントをするのに、理由がいるかい?」キリッ(`・ω・´)

ひたぎ「やばい、私の彼氏超カッコイイ」////

「せっかくだから、つけてやるよ」

「こっちにおいで」

ひたぎ「う、うん」////てれてれ

121 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 01:39:37 ID:uIq5cKmE (74/252)

「これでよし」

「やっぱり似合うな」

ひたぎ「そ、そうかしら」////

ひたぎ「…大事にするわね」

(あれ?意味深でもなんでもないな…)

(ま、喜んでもらえたからいいか)ほくほく

ひたぎ「ふふふ」うっとり

123 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 02:09:44 ID:uIq5cKmE (75/252)

「影縫さーん」

余弦「おお、鬼畜なおにいやん、どうしてん?」

「実はプレゼントがありまして」

余弦「つまらんもんやったら、しばくで?おどれ」

「ぐっ…」

(さすが影縫さん、プレゼントを渡すだけで、どれだけのプレッシャーを与えてくるんだ!!)ビリビリ

余弦「それでも渡すんか?」

「望むところです!!」

124 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 02:29:24 ID:uIq5cKmE (76/252)

「それでは、これを」つゴスロリ服

余弦「…なんやこれ」

「影縫さんに似合うと思って!!」

余弦「やけど、サイズとか…」

「サイズは貝木から買いました」

余弦「あの男…」ぎりぃっ

「ぜひ着てみてください」

余弦「イヤや」

余弦「余接ならともかく、ウチにはこういうフリフリしとんのは似合わん」

「そんなことありません!!」がしいっ

余弦「な、なんや急に…」

125 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 02:33:16 ID:uIq5cKmE (77/252)

「影縫さん、いや余弦さん」

「貴女はとても魅力的な女性ですっ!!」

「どんな服装だって、似合わないことなんてありませんよ!!」

余弦「そ、そんなん嘘や…」

「これが嘘をついているように見えますか!?」きらきらきらん

余弦(はうっ力強い目ぇしとる)////

「これ、着てくれますよね?」がしっ

余弦「わ、分かったから、離して?」

126 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 02:41:44 ID:uIq5cKmE (78/252)

~着込み着込み~

余弦「ど、どないや?」

「バッチリ似合ってますよ、余弦さん」

余弦「そ、そう思う?」////

「はい、やっぱり、余弦さんに似合わない服なんてありませんよ!」

余弦「も、もうからかわんといて」ぺしっ

(ああ、余弦さんの攻撃が痛くない日が来るとは…)

余弦「これ、大事にするから」////

(うむ、これはいいものだ)

143 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 01:25:33 ID:nk/w7/wQ (79/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「なあに阿良々木くん?」

「そろそろ休憩にしないか?」

「朝からずっと勉強しているだろ?」

ひたぎ「…」

ひたぎ「まあ、少しくらいならいいわよ」

「やった、僕は漫画を読むぜ!」

ひたぎ「少しだけよ?」

144 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 01:33:56 ID:nk/w7/wQ (80/252)

(かかったな、戦場ヶ原)

(今日の僕は言うなればやきもキング)

(さあ、僕の攻撃を受けるがいい!!)

ひたぎ(阿良々木くんがいやらしい顔をしているわね)

ひたぎ(何を企んでいるのかしら?)

(まずは様子見することにしよう)

「…」

「…戦場ヶ原と結婚か…」

ひたぎ「…!?」

145 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 01:42:32 ID:nk/w7/wQ (81/252)

ひたぎ「阿良々木くん?今なんて…」

「え?僕何か言った?」

「僕今漫画に夢中だったから無意識に何か口走っちゃったかもしれないな」(強調)

ひたぎ(くっ、してやられた…っ)

(ふふ、これで戦場ヶ原はさっきの言葉を確かめるまでに)

(必ず結婚の話題を自ら振ることになる)

ひたぎ(しかも、無意識を強調することによって、わざとらしいながらも願望であるかのように振舞うなんて)

ひたぎ(さすが私の彼氏ね、あなどれないわ…)

(さあ、どう来る?)

注:現在見詰め合っています

147 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 02:03:01 ID:nk/w7/wQ (82/252)

ひたぎ(こっちから仕掛けるのは愚策というものね)

ひたぎ(今は阿良々木くんの出方を見ましょう)

(む、あの落ち着きよう、どうやらこちらの出方を伺うつもりだな?)

(ならば一気に畳み掛けるっ!!)

「戦場ヶ原には、やっぱり洋装かな?」

「いや、白無垢も捨てがたいか?」

ひたぎ(まさか、そうくるとは…)

(どうだ戦場ヶ原)

(あえて具体的な姿を連想することで、計画の具体性をアピールしてやったぜ)

ひたぎ(くっ、からかわれているだけかも知れないと思いつつも…)

ひたぎ(だめっ喜びを隠しきれないっ!!)////

(は、そんな顔してるぜ?戦場ヶ原)

注二人は基本的にノリがいいです

148 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 02:14:54 ID:nk/w7/wQ (83/252)

ひたぎ(まずいわ、このままだと彼の思う壺よ)

ひたぎ(ここは行動に移すべき時…)

(と、戦場ヶ原は思っているだろう)

(つまり、今はリアクションを起こしやすい)

(油断とも言えるな…)

(この期を逃す僕だと思ったか、戦場ヶ原ひたぎ!!)

「子供は二人…」

「いや、三人かな?」

ひたぎ「そっ…っ!!」

(かかった!!)

ひたぎ「そ、れにしても喉が渇いたわね」ごくごく

(くっ躱されたか…)

ひたぎ(あ、危ない)

注:二人は相思相愛です

150 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 02:29:08 ID:nk/w7/wQ (84/252)

ひたぎ(思わず楽しい結婚生活の計画を嬉々として語ってしまうところだったわ)

ひたぎ(それにしても子供なんて)

ひたぎ(思春期であるところの私たちにとって微妙な話題を投下する…)

ひたぎ(今日の阿良々木くんはいつになく本気ね)

「…」

「ただいま、ひたぎ…」

ひたぎ「!?」

「いや、ベタすぎるかな?」

(ふはは、体勢の崩れた今のお前にはこの波状攻撃に屈するしかあるまい!!)

(我が手に落ちろー!戦場ヶ原!)

注:すでにお互い落ちています

151 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 02:38:19 ID:nk/w7/wQ (85/252)

(これでトドメだ、覚悟!!)

「阿良々木ひたぎ、語呂はいい感じだけれど…」

ひたぎ(さらに攻めてきた…っ)

ひたぎ(これはうれしはずかし体験の一つ、相手の苗字を変えてみる!!)

ひたぎ(今更こんな純情ボーイな一面を見せるなんて…)

ひたぎ「…私の負けよ、阿良々木くん」

(やった、勝ったぞ!!)

(僕はついに、あの戦場ヶ原に勝利したんだ!!)

注:もはや本人たちにもなんの勝負をしているのかはわかっていません

153 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 02:49:18 ID:nk/w7/wQ (86/252)

ひたぎ「それで?あなたは一体何がしたかったの?」

「何がしたいかだって?」

「この僕の彼女、パーフェクト美少女こと戦場ヶ原ひたぎともあろうものが」

「まだ僕の真意を測りかねているのかい?」キリッ

(ふっ、今の僕決まってる感じ)

ひたぎ(悦に入ってる私の彼氏超カッコイイ)

ひたぎ「ええ阿良々木くん、分からないわ」

「そうか」

「なら教えてやろう」

「僕はただ戦場ヶ原とイチャイチャしたかっただけさ!!」ドヤァ

「そしてあわよくば、二人で人生設計なんかを考えたかったんだ!!」

ひたぎ「阿良々木くん…」

ひたぎ「あなたがそこまで私のことを想ってくれるなんて」

ひたぎ「私、嬉しくて死んでしまうかも」

154 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 03:03:32 ID:nk/w7/wQ (87/252)

「戦場ヶ原…」

ひたぎ「もう何もいうことはないわ」どさっ

「え?何この参考書の山は?」

ひたぎ「そんなに人生設計について語りたいなら、まずは楽しいキャンパスライフからよね」

(しまったァァ、ぬかったァァ!!)

(僕は今高校三年の受験期)

(この前提条件を見落とすなんて…っ!!)

ひたぎ「そこまで本気になってくれているのなら、教えている私も時間を使う甲斐があるというものだわ」

ひたぎ「さあ、楽しく学びましょう?」

(NOooooooooo)

155 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 03:03:54 ID:nk/w7/wQ (88/252)

ひたぎ「あ、でもこれが終わったら」

「…終わったら?」

ひたぎ「とりあえずさっきのもやもやを解消するために」そっ

(僕の顎に手をかけた?)

ひたぎ「とびっきりのべろちゅー、しましょうか」

(と、ととととびっきりって、何がー!?)

「戦場ヶ原、僕はやるよ!!」

ひたぎ「ふふふ、頑張ってね」

こうして、今日も僕は戦場ヶ原の尻に敷かれるのであった…

176 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 01:50:00 ID:W7P.YlrU (89/252)

(今日も今日とて、戦場ヶ原と受験勉強)

(しかし、今日の僕には目的がある)

(ずばり、戦場ヶ原をナデナデする、だ)

(最近は随分親しみやすくなってきたし)

(それに、頭を触らせるのは、相手への最上の信頼の証らしい)

(ぜひとも、自然に頭を撫でたいものだ)ジリジリ

ひたぎ(また阿良々木くんがよからぬことを考えているわね)ペラッ

ひたぎ(まあ、勉強がおろそかにならない程度になら良いのだけれど)

177 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 02:02:06 ID:W7P.YlrU (90/252)

「よし、終わったよ戦場ヶ原」

「言われたところ全部出来た!」

ひたぎ「あらそう?添削はいる?」

「大丈夫だ、きちんと直しもしてある」

ひたぎ「そう、偉いわね阿良々木くん」

ひたぎ「ご褒美に、こうしてあげるわ」ナデナデ

ひたぎ「阿良々木くん、よくできたわね」ナデナデ

「えへー」にへにへ

(って違う!これじゃあ立場が逆じゃないか!)

178 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 02:12:21 ID:W7P.YlrU (91/252)

(ここからどうやって僕が戦場ヶ原の頭を撫でる流れに変えろと言うんだ)

(考えろ、阿良々木暦)

(僕には立派な頭があるじゃないか!)ぽくぽくぽく

(見えた!!一筋の光!!)チーン

「それを言うなら、僕のためにつきっきりで勉強を見てくれる戦場ヶ原こそ偉いよ」

ひたぎ「別に、偉くなんかないわ」

ひたぎ「彼女として、彼氏にしてあげられることは何でもしてあげたいもの」

(うわー、僕の彼女超健気、超大和撫子)

ひたぎ「だから、阿良々木くんが気にすることはないわ」

「…そういうわけには、いかないよ」ぎゅっ

ひたぎ「ふぁっ」ビクッ

179 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 02:19:00 ID:W7P.YlrU (92/252)

「戦場ヶ原、お前が僕の彼女で、僕に尽くしてくれるなら」

「僕はそれ以上の愛でお前に報いたいんだよ」

「だって僕は、戦場ヶ原ひたぎの彼氏なんだから」

ひたぎ(はぁっ、私の彼氏、まさに益荒男!)

ひたぎ「ありがとう、阿良々木くん」

ひたぎ「すごく嬉しいわ」ぎゅっ

(抱き返してくれた!)

ひたぎ「その気持ちだけで十分よ」

ひたぎ「私はとても報われているわ」

「…」

180 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 02:40:55 ID:W7P.YlrU (93/252)

「ひたぎ…」ナデナデ

ひたぎ「あ、阿良々木くん!?」

「少しくらい甘えてくれないと、僕の彼氏甲斐がないじゃないか」ナデナデ

ひたぎ「ふにゃんっ」////

ひたぎ「阿良々木くん、頭撫でないで…」////

「嫌かい?」ナデナデ

ひたぎ「そ、そういうわけではないのだけれど…」ビクッ

ひたぎ「は、恥ずかしいから…」////

「恥ずかしい?」

181 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 02:55:05 ID:W7P.YlrU (94/252)

ひたぎ「だって、この体勢だと、まるで子供をあやしているようだし…」

「…」ナデナデ

ひたぎ「き、聞いているの?阿良々木くん?」////

「…ひ、た、ぎ」ナデナデ

ひたぎ「きゃっ」ビクン

ひたぎ「み、耳元で囁かないで…」

「僕はね、戦場ヶ原」ナデナデ

「もっと甘えてもらいたいんだよ」ナデナデ

182 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/09 03:15:20 ID:W7P.YlrU (95/252)

ひたぎ「…」

ひたぎ「少しだけだからね…」ぎゅっ

(よし、デレた!!)

ひたぎ「阿良々木くんの手、結構大きいのね」

「これでも男だからな」ナデナデ

ひたぎ「すごく、安心するわ…」

「もう少しこのままでいいかい?」

ひたぎ「ふふふ」

ひたぎ「私も今、そう言おうかと思っていたわ」////

(戦場ヶ原の笑顔、まじ天使!!)

190 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 01:02:05 ID:dBiBfJSg (96/252)

「なあ忍」

「…」

「昼だし、眠いのはわかる」

「だけど、今日はお前のために言う、起きたほうがいい」

「…うみゅ」ゴシゴシ

「なんじゃ、おみゃえさみゃ」しょぼしょぼ

「おい、お前見た目に引き吊られすぎだぞ」

「昨日はポケモンの厳選で忙しかったんじゃ」

「廃人かよ!!」

「儂はぱそこん、がよう分からんからな」

「乱数もできんし、現環境に対応するには厳選必須じゃからの」

「いや、お前のポケモン事情はこの際どうでもいいんだ」

191 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 01:21:26 ID:dBiBfJSg (97/252)

「お前を起こしたのは他でもない」

「ミスタードーナツについてだ」

「な、なんじゃと!?」

「いや、まだ内容は言っていない」

「様式美、というやつじゃ」

「まあいい」

「実は来る半額デーのチラシを手に入れていたので…」

「なんじゃと!?」

「しのぶ、話の腰を折るな」

「今度はマジで驚いておる!!」

「…それでも、少し待て、おすわり」

「はっはっ」ペタンコ

「おい、プライドを取り戻せ」

「ミスドの前ではすべてゴミも同然よ」

「うん、やっぱすげえよな、お前」

192 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 01:46:46 ID:dBiBfJSg (98/252)

「それでな、僕も普段忍に頼ってばかりだし」

「少しはお礼をしないと、と思ったんだよ」

「ほうほう」

「というわけで、人気のドーナツとゴールデンチョコレートをお店に予約しておいた」

「だから食べに行こう」

「お前様大好きじゃー!!」だだだっぎゅうっ

「うわあ、急に抱きつくな!!」

「うー、今すぐ契ってやりたいくらい愛しいのう」スリスリ

「最近のお前は、本当にどこへ行きたいんだよ…」

「儂はもうお前様のところ以外に行きたくないっ」ぎゅうっ

「あー、うん、もうそれでいいよ」ぽんぽん

193 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 02:12:59 ID:dBiBfJSg (99/252)

~ミスド店内~

「こ、これは…っ!!」

「朝イチで買いに来てもいいけど」

「売り切れになっていたら忍がかわいそうだと思って」

「儂は今、お前様の性奴隷になる未来があったとしても受け入れる心持ちじゃ…」

「天下の往来?で性奴隷とか言うな、見た目八歳の幼女が」

「これ、全部食べて良いのか?」

「オールドファッション一個くらいはくれよ」

「それ以外はよいのか?」

「うん、いいよ全部食べて」

「わーい、やったー!!」

(やったー!!ってお前…)

「お前様、大好きじゃ!」

「今言われるとすごく薄っぺらいからな、それ」

194 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 02:36:03 ID:dBiBfJSg (100/252)

「はぐはぐ」むしゃっむしゃ

「そんなに慌てなくていいから、ゆっくりたべろよ」ズズッ

「ドーナツは逃げるから、早く食べる」むぐむぐ

「いや、逃げねえよ」

貝木「ふむ、阿良々木よ、吸血鬼のご機嫌取りとは精が出るな」

「そしてお前は自然に席に着くなよ」

195 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 02:55:13 ID:dBiBfJSg (101/252)

貝木「気にするな阿良々木」

貝木「俺はただ、ここにドーナツを喰いに来ただけだ」はぐっ

貝木「お前が得るべき教訓は、お客様は神様だということだ…」むしゃむしゃ

「物を食べながらしゃべるなよ、そして意味分かんねえよ」

「この街に二度と来ないとか言って、もう何度目だ?」

貝木「細かいことは忘れる主義だ」むぐむぐ

「ああ、もうお前はそういうやつだったな」はあ

貝木「吸血鬼、俺からもプレゼントだ」つゴールデンチョコレート

「お前様、こいつすごくいいやつ!!」

「お前も簡単に買収されるなよ!!」

196 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 03:16:43 ID:dBiBfJSg (102/252)

貝木「落ち着け阿良々木」

貝木「今日は本当にドーナツを喰いに来ただけだ」

「信用しろってのか?」

貝木「ここ以外はすぐに売り切れだったんだ」

貝木「…」

「まあまあ、よいではないかお前様」

「こいつもドーナツ好きならそう悪い奴でもないじゃろ」

「悪いやつなのは確定してるんだよ」

「貝木、といったか」

「ドーナツが買えてよかったな」ぱくぱく

貝木「うむ、本当にな」もぐもぐ

(なんでほのぼのしいてるんだ、こいつらは)

197 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 03:22:56 ID:dBiBfJSg (103/252)

貝木「阿良々木、そして吸血鬼」

貝木「実に有意義な時間だった」

「貝木、またドーナツを共に食おうではないか」

貝木「ふっ、そうだな…」

「いや、仲良くなりすぎだろ…」

貝木「それではな、また会おう」ノシ

「おう、またな」ノシ

「僕はもう会いたくないけどな」

「さ、僕たちも帰ろう、忍」チリンチリン

「そうじゃな」スポッ←籠に嵌った

198 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/10 03:28:21 ID:dBiBfJSg (104/252)

「なあ忍」

「なんじゃ、お前様よ?」

「今日は楽しかったか?」

「そうじゃな…」

「とっても楽しかった!!」キラキラ

「…そうか」

「また、ドーナツ食べに来ような」

「うん、絶対じゃ」にこっ

(うん、無邪気な笑顔の忍は可愛いな)

206 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 01:57:32 ID:wUKjbih. (105/252)

~宿の前~

「ふう、やっと着いたか…」

ひたぎ「結構遠かったわね」

「まあ、人がいっぱい居るとゆっくりできないかもしれないし」

駿河「先輩方、早速チェックインしましょう!」

ひたぎ「神原はかなり張り切っているわね」

「ま、宿もひなびた、というよりは若干しなびているし」

「こういう時の神原のテンションは助かるよ」

「こらこら、失礼なこと言わない」

「それに、ここきっとかなりお高いわよ?」

207 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 02:01:51 ID:wUKjbih. (106/252)

ひたぎ「そもそも、神原のおじいさまのお知り合いからの招待券なのよ?」

ひたぎ「どんな大物が出てきても驚かないわ」

「たしかに、そういう点では計り知れない圧力を感じるけど」

駿河「皆さん、早速お部屋に行きましょう!」

「うわっ、急に出てくるなよ」

ひたぎ「ほら、阿良々木くん、驚いていないでいきましょう?」

「あ、待てよ戦場ヶ原、荷物持つって」

駿河「羽川先輩の荷物は私が持ちましょう」

「いいよ、自分で持てるから」

208 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 02:17:38 ID:wUKjbih. (107/252)

ひたぎ「綺麗で落ち着いた、いいお部屋ね」

「でも、仕切りが麩だけだぞ…」

「和室の仕切りなんてこんなものじゃない?」

ひたぎ「神原、わざわざ誘ってくれてありがとうね」

駿河「一人で来ても味気ないですし」

駿河「先輩方には受験の疲れを癒してもらいたいと思ったので」

ひたぎ「うー、なんていい後輩なのかしら」ぎゅっ

駿河「せ、戦場ヶ原先輩!?」

ひたぎ「ほらほら~」ナデナデ

「ダメだ、戦場ヶ原が超はしゃいでキャラを見失っている」

209 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 02:28:54 ID:wUKjbih. (108/252)

ひたぎ「ふう、久々に堪能してしまったわ」

駿河「そ、それは何よりです…」

「神原、ごめんな」

駿河「い、いえ、私も有意義でしたから」

「うーん、今日は予定もないし、疲れたからお風呂に行かない?」

ひたぎ「天然温泉、興味があるわ」

「戦場ヶ原は温泉とかには行ったことないのか?」

ひたぎ「もっぱら銭湯派ね、私は」

「阿良々木くんも入ってくれば?」

「またここで落ち合えばいいでしょう?」

「そうしようかな…」

210 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 02:48:21 ID:wUKjbih. (109/252)

~in男湯~

「ふう、確かに気持ちいいな…」

「隣の女湯にはあの三人がいるのか…」モンモン

「おっと、いかんいかん」ブンブン

「それにしても、僕たち以外にお客はいないのかな?」

「ぜんぜん見かけなかったけど…」

「ま、いいや独占できるうちに露天風呂にも入っておこうかな」

211 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 02:59:20 ID:wUKjbih. (110/252)

~in女湯~

「うーん、気持ちいい~」ノビーッ

ひたぎ「…」ジー

「ん?戦場ヶ原さん、どうかした?」

ひたぎ「この中に、一体何が詰まっているのかしら」グワシ

「ひゃうんっ」

「そういうのって、せめてつつくくらいじゃないの?」

「わし掴むなんて…」

ひたぎ「ごめんなさい、あまりに魅力的なおっぱいだったものだから…」

212 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 03:25:57 ID:wUKjbih. (111/252)

「もうっ、ダメだからね?そういうのは」

ひたぎ「分かっているわ、ごめんなさい」

駿河「戦場ヶ原先輩、羽川先輩」

ひたぎ「どうしたの?神原」

駿河「あちらに露天風呂があるみたいです!」

ひたぎ「露天風呂、気になるわね…」

「行ってみる?」

駿河「行きましょう行きましょう!」

ひたぎ「あまりはしゃぐものではないわ、神原」

(戦場ヶ原さんは人のこと言えないけどね…)

213 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/11 03:38:24 ID:wUKjbih. (112/252)

「お、露天風呂はかなり広いみたいだな…」

「湯気で全然前が見えないな…」

「えっと、壁とかは」ノシつるっ

「おっとっと」ノシふにょん

「ん?ふにょん?」

ひたぎ「…」

「…」

「やあ、戦場ヶ原、いい日和だな」

ひたぎ「ええ、夕焼けが綺麗だわ」

「…」

ひたぎ「…」

「えいっ」もみんもみん

ひたぎ「せいっ」ベシッ

222 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 02:43:40 ID:2geD5wqw (113/252)

~旅館室内~

ひたぎ「阿良々木くん、申し開きはあるかしら?」

「いえ、何も」

ひたぎ「結構」

ひたぎ「神原、どういうことだったのか説明して頂戴」

駿河「ここのお風呂はどうやら露天だけが混浴のようです」

駿河「なんでも、政財界の大物御用達とか…」

「いかがわしいことにも使われていたってことね」

駿河「そもそも予約自体が困難なようで、我々が宿泊する三日間、客は誰もいないようです」

ひたぎ「徹底した秘密主義ね」

223 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 02:50:36 ID:2geD5wqw (114/252)

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「何?阿良々木くん」

「そろそろ正座を解いてもいいか?」

ひたぎ「まだダメ」

「ならいつまでなんだ?」

ひたぎ「胸を揉まれた私の気が済むまでよ」

「いいじゃんか、遅かれ早かれ揉んでいたよ、僕は」

ひたぎ「そ、そういうのはちゃんとムードのある流れで…」

ひたぎ「っと、危うく流されてしまうところだったわ」

「くっ、さすがに手ごわい」ギリリ

「…」

224 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 03:20:28 ID:2geD5wqw (115/252)

駿河「あわわわわわ」

駿河(羽川先輩の目が…)

駿河(あれは狩る者の目だ…)

「ねえ二人とも、私に提案があるんだけど」

「提案?」

「こういう時は勝負事で決着をつけてしまえばいいと思うの」

「阿良々木くんが勝てば、さっきのことはこれ以上何も言わない」

「戦場ヶ原さんが勝ったら、阿良々木くんは、そうね」

「私たちの言うことをなんでも一つ聞くとかどうかしら」

「もちろん、みんな個別に戦うから、言う事を聞かせる権利は全部で三つね」

(羽川が淀みなくしゃべっているけれど)

(貼り付けたような笑顔でつらつら話す羽川怖い)

225 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 03:35:21 ID:2geD5wqw (116/252)

「…で」

「なんで卓球なんだよ!」

駿河「いや、温泉といえば卓球だぞ、阿良々木先輩」

「いままで一人でばかり来ていた僕には、温泉の定番はマッサージチェアだよ…」

駿河「とにかく、先輩を疲労させる意味で私が先鋒だ」

駿河「もちろん、阿良々木先輩は忍ちゃんのサポート無しでお願いする」

「おい、こんな勝負にならない勝負をしたくないんだが」

「…」ジー

「ようっし、かんばるー、まっけないぞー!!」

駿河「そうこなくてはな、阿良々木先輩」

226 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 03:57:29 ID:2geD5wqw (117/252)

(しかし、これはチャンスかもしれない)

駿河「よし、また得点だ」

(神原は運動に夢中でかなり無防備だ)

(大きく動かすように外に振れば…)

駿河「やるな、阿良々木先輩っ!!」

(よし、浴衣がはだけてきている)

(しかし、エロで怒られている僕がここでもエロを追求するのかって?)

(仕方ない、僕は紳士だからな)

227 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 04:20:20 ID:2geD5wqw (118/252)

(しかし、今の神原)

駿河「さっ、さァッ!!」

(あそこまで肩が出てもブラ紐が見えない)

(これは間違いない、ノーブラだ)

(神原はおっぱいに関して大きいとは言えない)

(だが、これはポロリも夢じゃない…)

駿河「さあっ!!」

「ここだぁー!!」

駿河「ふっ、甘いぞ阿良々木先輩!」

228 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 04:21:52 ID:2geD5wqw (119/252)

(甘いのはお前だ神原)

(僕はこの勝負、既に捨てている)

(僕の打ち返したピンポン玉を返そうとする神原の浴衣が)

はらり

(よし、神原のおっぱいが!!)

ひたぎ「…えい」ぐきっ

「ぎゃああああ、首があああああ!!」

「神原さん、今のうちに浴衣を直して」

駿河「は、はい…」

229 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 04:42:40 ID:2geD5wqw (120/252)

ひたぎ「まったく、彼女の前で別の女の胸を見ようとするなんて」

「いや、これは事故なんだ」

ひたぎ「言い訳はしない」

「はい」

ひたぎ「とにかく、今のは阿良々木くんの反則負けね」

ひたぎ「神原、お願いはあるの?」

駿河「…」

駿河「は、はい」

ひたぎ「なら、ここで使ってしまいなさいな」

ひたぎ「言い逃れをしないうちにね」

230 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 05:02:22 ID:2geD5wqw (121/252)

駿河「そ、それでは阿良々木先輩」

駿河「こっちを向いてくれ」

「ん?どんなお願いなんだ…」

駿河「えいっ」がばっポロリ

「って、なんでだー!!!!?」

駿河「な、なんとなく阿良々木先輩に見て欲しかっただけなんだ」

231 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/13 05:02:42 ID:2geD5wqw (122/252)

ひたぎ「この後輩、やはり侮れない…」

「完全なる変態だろ!!」

駿河「あ、阿良々木先輩にだから見せたんだ」

駿河「誰にでもするわけじゃない」

「いや、この際いいよ、そういう細かいところは…」

駿河「細かくないもん!!」

「こらこらー、キャラまで着崩すなよ!!」

「阿良々木くん、あんまり上手くないわよ?」

「そんな!?ちょっと自信あったのに…」

ひたぎ「神原の行動で一気にハチャメチャね」

235 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 02:08:59 ID:Molg0i.k (123/252)

「神原さんのおかげで和やかな雰囲気になったけれど」

「次は私の番だよ、阿良々木くん」

「いや、空気は全く和んでないぞ」

駿河(私は一体何をしているんだ…)////

駿河(でも、ちょっと興奮してしまった…)ドキドキ

ひたぎ(人間の記憶って叩いたら消えるものなのかしら)

「さ、構えなさい阿良々木くん!」

「この空気の中でも羽川はブレないなー(棒)」

236 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 02:23:41 ID:Molg0i.k (124/252)

(だが、冷静に考えろ、阿良々木暦)

(さすがにさっきの事件のおかげで羽川の胸部の守りはまさに鉄壁)

(ポロリを期待するのは愚策以外の何物でもない)

(神原のおっぱい…)

(うへへ…)ポコン

「あいたっ」

「一体誰が…」クルリ

ひたぎ「…」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

(やばい、うちの彼女はエスパーか!?)

237 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 02:37:05 ID:Molg0i.k (125/252)

(思考を巻き戻そう)

(さっきは神原だったせいで、勝ち目はゼロと言ってよかった)

(ルールのあるスポーツであいつを出し抜くのは不可能だろう)

(まして、今の僕はほとんど人間のままなんだから)

(でも、羽川は違う)

(なんでも知っている羽川も、身体を使うことは普通の人間と変わらないはずだ)

(普通の女の子になら、僕だって…)びゅおうっカンッ

「は?」

238 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 02:55:17 ID:Molg0i.k (126/252)

「いつから私が運動に関して一般女子レベルだと錯覚していた?」

「なん…だと…!?」

「阿良々木くんは気づくべきだった」

「私がこの卓球という競技に関してなんの文句も付けなかったことに…」

「勝算があるに決まっているでしょう?」ふぉぉぉぉぉぉ

(な、なんだこのプレッシャーは!?)

239 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 03:17:26 ID:Molg0i.k (127/252)

「小便はすませたか?神様にお祈りは?部屋のスミでガタガタふるえて命ごいをする心の準備はOK?」

「くそ、こんなことで」

「諦められるか!!」カッ

「足りないな、致命的に足りない」

「お前に足りないもの、それは…」

「情熱 思想 理念 頭脳 気品 優雅さ 勤勉さ」

「そして何よりも!」

「速さが足りない!!」ひゅぱぁんっ

「へ、これが翼の力かよ…」

「大したモンじゃねぇか、へ、へへへへ…」

「お前が弱かったのではない、私が強すぎたのだ…」

ひたぎ(楽しんでいるわね、あの二人)

駿河(あいかわらず仲の良い二人だ…)

240 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 03:32:45 ID:Molg0i.k (128/252)

「いやー、負けたよ」

「完敗だ」

「ごめんなさい、つい熱くなっちゃって」

「いや、本当に羽川はなんでも知っているって思ったよ(ネタ的な意味で)」

「何でもは知らないわよ、知っていることだけ」

「それで?僕は何をすればいいんだ?」

ひたぎ「気になるわね」

駿河(またちょっと思い出してしまった)////

「…」

241 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 03:44:30 ID:Molg0i.k (129/252)

「今はいいわ、いつか使うから」

ひたぎ「それでいいの?」

「ええ、少なくともこの旅行中には使うつもりだから」

「…ま、勝者がそういうなら、僕は従うだけだ」

「ありがと、阿良々木くん」

「最後は戦場ヶ原さんね」

ひたぎ「ええ」

ひたぎ「言っておくけど阿良々木くん」

ひたぎ「手加減はしないわよ?」

「ああ、望むところさ」

駿河「なんだかドキドキするな」

「さて、どうなるかしらね…」

250 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 02:27:34 ID:P7wGwKGk (130/252)

~数十分後~

「なっ…う、嘘だろ?」

駿河「こんなことが…」

「まさかの展開ね」

「戦場ヶ原が、負けた…」

駿河「しかも圧倒的大差で…」

「どうしたの?戦場ヶ原さん」

「調子でも悪かった?」

ひたぎ「…」

251 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 02:44:05 ID:P7wGwKGk (131/252)

ひたぎ「…なかったから」

「え?」

ひたぎ「私、卓球ってやったことなかったから」

「そっか、戦場ヶ原さん蟹の影響でしばらく運動らしい運動も出来ていなかったし」

「それに、卓球って経験がないと独特の軽いボールでうまくできないかも」

駿河「羽川先輩、解説ありがとうございました」

「なんだ、それなら言ってくれれば…」

ひたぎ「…私だけ特別扱いなんて、悔しいじゃない」じわ

(神原さん、今すぐ退避よ)

駿河(よく分かりませんが、了解です)

252 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 03:03:02 ID:P7wGwKGk (132/252)

ひたぎ「そりゃあ勝算なんてなかったけれど」

ひたぎ「皆の仲間はずれにはなりたくなかったの…」ぼろぼろぼろ

(やばい、最近の戦場ヶ原は人格矯正の影響か不安定なのをすっかり忘れていた!)

「わ、悪かったよ戦場ヶ原」よしよし

ひたぎ「…ひたぎって呼んでくれなきゃヤ!」うるうる

「い、いや周りの目もあることだし…」

ひたぎ「もう誰もいないわ…」

「本当だ!さすが羽川、なんという危機管理能力」

ひたぎ「それで、暦くん名前で呼んでくれないの?」

「こ、暦くん!?」

ひたぎ「…」ジー

(こっちに身体を預ける形だから、珍しく戦場ヶ原が上目遣い…)

(やばい、涙目のガハラさんに萌え死ぬ!!)

253 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 03:13:49 ID:P7wGwKGk (133/252)

「ひ、ひたぎ?その、次からはちゃんと自分の意見も言おうな?」

ひたぎ「でも、みんなに嫌われちゃうかもしれないし…」うる

(羽川、お前のおかげで戦場ヶ原が完全に自分のキャラを見失ってる!)

(フォローを、僕にフォローをしてくれー!)

ひたぎ「暦くん?どうしたの?」ぐす

「な、なんでもないよせn…じゃなかったひたぎちゃん」

ひたぎ「それならいいんだけれど」ぎゅう

(ぐわっ、なんで突然おっぱいを押し付ける!?)

254 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 03:26:55 ID:P7wGwKGk (134/252)

ひたぎ「さっき、神原の胸を見て、興奮してたでしょ」

「い、いやそんなことは…」

ひたぎ「嘘、ここ大きくしていたくせに」ギュ

(きゃあああああ、僕のマララギさんがァァァ!!??)

ひたぎ「ほら、今だってすこし反応してる…」スリスリ

(やめろー!!、我慢できなくなっても知らんぞー!!)

ひたぎ「そ、そんなに神原のおっぱいが好きなの?」

255 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 03:45:28 ID:P7wGwKGk (135/252)

「いや、ああいうのは男だからしょうがないというか…」

ひたぎ「…」

ひたぎ「…もいいよ?」

「え?なんだって?」

ひたぎ「私のおっぱいも、見てもいいって言ったの!!」

「え、えぇー!!??」

「じょ、冗談きついよひたぎちゃん」

ひたぎ「これでも冗談って言える!?」ヌギ

「だ、だだだめだ浴衣をずらしたら…」

ひたぎ「暦くんは私のおっぱい見たいの?見たくないの?」

ひたぎ「はっきり言って頂戴!」

「もちろん見たいです!!そして揉みしだいたり匂いを嗅いだり、挟みたいです!!」

ひたぎ「…」

ひたぎ「そ、そこまで言わなくてもいいのに…」////

256 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 04:05:41 ID:P7wGwKGk (136/252)

ひたぎ「で、でもそういうのはもう少ししてからよ」

ひたぎ「今はこれで我慢して?」ぱふっ

(うおぉぉぉぉぉ、ガハラさんのおっぱいに掌が!!)

ひたぎ「ど、どう?興奮する?」

「もちろんだ、すごくドキドキする」もみ

ひたぎ「ひゃァんっ!?急に揉まないで!!」

「あ、ゴメン、つい」

ひたぎ「もう、バカ…」ジトッ

(ああ、ガハラさんのジト目)

(我々の業界ではご褒美です)

261 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 01:38:39 ID:H9ETdTJo (137/252)

(結局、あのあと戦場ヶ原は温泉に入ると言って去っていった)

(そして部屋に帰ると既に夕食が用意されていた)

(さすがお偉いさん御用達、今まで食べたこともないような料理が目白押しだった)

(そのあとはトランプをしたり、くだらないことを話し合って就寝時間)

(現在時刻は午前1時、みんなは寝てしまったようだ)

「よし、お風呂に入ってこよう」

「さっきはゆっくり楽しめなかったし、夜の露天風呂ってなんでか幻想的でいいんだよね」

「さて、思い立ったら即行動だ」ててて

「…」

262 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 01:51:40 ID:H9ETdTJo (138/252)

~露天風呂~

「ふー、いい湯だな~」カポーン

「はは、月が大きいなー、湯けむりがいい感じに風情を演出してるぜ」

「そうだね~」チャポン

「ああ、羽川もそう思うか?」

「阿良々木くんは吸血鬼だし、今日は一段と元気かもね」ジリ

暦&翼「はははははは」

「おい、いつの間に来たんだ!?」

「ずっと一緒だったけれど…」

263 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 02:05:02 ID:H9ETdTJo (139/252)

(というかまずいぞ…)

(ここの温泉、よくあるご都合主義的な濁り湯ではなく澄み切っているから)

(羽川の最終兵器おっぱいが乳首まで丸見えだ…)

(沈まれ、僕の分身)こぉぉぉぉ

「…」

「やっぱり気になる?おっぱい」もにゅん

「うわぁ、何アレ、餅?」

「声に出してるよ?」

「しまった!?」

264 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 02:18:54 ID:H9ETdTJo (140/252)

「でも、やっぱりおっぱいの方なんだね」

「すっぽんぽんだから、てっきり下の方を見るかと思ったのに…」

(そんなことしたら、止まれないし!!)

「ねえ阿良々木くん、私旅行に来たせいか、少し開放的なんだー」パチャ

「ああ、普段の羽川ならこんなことしないと思うしな」

「そんなこともないけれどね」

「阿良々木くん、一夜限り、興味ある?」ジッ

「え、え!?」

266 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 02:35:08 ID:H9ETdTJo (141/252)

「今なら戦場ヶ原さんも寝ているだろうし、私と阿良々木くんが黙っていれば」

「誰にもばれないよ?」

「ちょっとした火遊びは旅行につきものでしょう?」

「いやいやいやいや、まずいよ、普通にまずい」

「いくら羽川が魅力的でも、僕は戦場ヶ原を裏切れない!!」キリッ

「でも、それ苦しそうだよ?大きくなってる」

「これのことは見なかったことにしてくれ!!」

267 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 02:53:51 ID:H9ETdTJo (142/252)

「…ふーん」ズイッ

「な、なんでにじり寄ってくるんだ?」

「ねえ阿良々木くん、私の手を見て?」ぐにゃにゃ

「何だこれ!?今まで見たこともないような、まるで蛇のような動きだ!!」

「残念だねー」

「あえてどこが、とは言わないけれど」

「しごいたら気持ちいいだろうにね…」ウニョニョン

「くっ…」ビンビン

「ほら、その子も期待しているみたいだよ?」クスクス

「それとも、こっちで挟む方が好み?」もにゅん

268 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 03:09:37 ID:H9ETdTJo (143/252)

(ぐっ、なんて蠱惑的な…)

(そういえば最近抜いていなかったし、今日は月がよく出ている)

(僕の中の本能が羽川を犯せと叫んでいる!!)

「というか、別に和姦でなくてもいいのよね」にぎ

「うわぁ、何をするんだ!?」

「大きいね…それにお湯の中でも分かるくらい熱い…」さわさわ

「や、やめてくれ、羽川…」ハァハァ

「…阿良々木くん、ここ、触ってみて…」ヌルッ

「なんだかんだ言ってしまったけれど、私だって期待してるんだよ?」

「コレ、ここに挿れたいって」さわさわ

(うっ、普段真面目な羽川がおねだりだと!?)

(やばい、理性が…)

「きゃっ、さっきよりさらに大きくなった…」

269 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 03:20:11 ID:H9ETdTJo (144/252)

「ねえ、阿良々木くん…」ハァハァ

「なんだ、羽川…」ハァハァ

「私と、セックスしよう?」ズイッ

「僕は、僕は…」

「うおぉぉぉぉぉぉぉ」

270 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 03:26:27 ID:H9ETdTJo (145/252)











ひたぎ「…何をしてるの?阿良々木くんに羽川さん?」












278 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 02:14:40 ID:hz3VbD7w (146/252)

「…っあら、戦場ヶ原さん、こんばんは」

ひたぎ「ええ、いい夜ね」

「そうね、もう少しでもっと素敵なことになっていたのだけれど」

ひたぎ「私も、泥棒猫のお仕置きが必要ですもの」

ひたぎ「例え貴女でも、擂り潰すわ」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

「あら、随分と自信過剰になったのね」フフッ

ひたぎ「だまりなさい、他人の物に手を出すとどうなるか、教えてあげる」

「こうなったら、ここで奪っちゃおうかな」ノビー

「二人とも、やめるんだ!!」ドンッ

282 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 02:40:06 ID:hz3VbD7w (147/252)

「そう、温泉はこうでなくてはな」

ひたぎ「なんで和やかに」

「温泉に浸かっているのかしら、私たち」

「冷静になろうぜ二人とも」

ひたぎ「…もう、いいわ、阿良々木くんがそう言うなら」

「ええ、私もやりすぎてしまったし…」

「ごめんなさい、戦場ヶ原さん」

ひたぎ「いいわ、こういう月夜にはいろいろあるものね」

「二人が落ち着いてくれて助かったよ…」

(まあ、まだ睨み合っているから言葉だけかもしれないけれど)

ひたぎ(ここでゴネれば阿良々木くんに面倒な女だと思われるだけ)

(まだチャンスはたくさんある、ここで無理をするメリットはない)

ひたぎ&翼(ふふふふふふふ)

283 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 03:00:27 ID:hz3VbD7w (148/252)

「ああ、美女二人を侍らせるなんて、男冥利に尽きるよ全く」

ひたぎ「そう、ならサービスしないとね」

ひたぎ「私はあなたの”彼女”だからね」ギュッ

(ああ、肘あたりに柔らかな感触が…)ニヤニヤ

(…)ピキッ

「そうねぇ、私も普段の阿良々木くんの疲れをとってあげようかしら…」

「…こんな感じで、ね」モミモミ

(おお、羽川が後ろから肩を揉んでくれている…)

(ああ、おっぱいが背中に…)ビンビン

(まずい、僕のこよみくんが臨戦態勢だ!)

ひたぎ&翼(…)アイコンタクト

284 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 03:19:08 ID:hz3VbD7w (149/252)

ひたぎ(羽川さん、どうしたい?)

(言わなくても分かるでしょう?)

ひたぎ(…)

ひたぎ(流石に、最後までさせることはできないわ)

ひたぎ(でも、手と口くらいなら、相伴させなくもないわ)

(…)

(それで手を打たせてもらおうかしら)

ひたぎ(決まりね)

(二人がマイサンをガン見している…)ビンビン

285 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 03:41:43 ID:hz3VbD7w (150/252)

ひたぎ「ねえ、阿良々木くん?」

「…あの、いろいろ当たってます」

ひたぎ「あ、て、て、ん、の、よ?」フー

「おうふ」ゾクゾク

「私たちと、イイコト、しない?」シュッシュッ

「は、羽川、扱かないでくれっ」ハァハァ

「どうして?ココは嬉しそうに震えているけれど」シコシコ

ひたぎ「あら、羽川さんずるいわ」パクッ

「せ、戦場ヶ原!」ゾクゾクゾク

ひたぎ「ふぁららぎくん、ひもひいい?」ジュプジュプ

「しゃぶりながら話さないでくれっ」

286 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 03:49:08 ID:hz3VbD7w (151/252)

「あー、フェラは取られちゃったか…」シコシコ

「じゃあ、阿良々木くんの唇いただきっ」チュッレロッズルル

「…っ!?」ビクンビクン

ひたぎ「ひゃばれにゃいで、ありゃりゃぎきゅん」ジュルジュルジュル

ひたぎ「ひゃぶりにくいわ」クチュクチュ

ひたぎ「んっ…んっ…」チュプチュプ

(くっ、ゆったりされるとすごくあったかい感じがする…)トロン

(腰が溶ける…)

「あら、私のことも感じて?」ジュルジュルチュッチュッ

「ほら、もっと舌を伸ばして?」レロン

「吸ってあげりゅ…」チュルチュルッ

287 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 03:59:18 ID:hz3VbD7w (152/252)

「ああああっ、んんんんんっ!!!!!」ビクンビクンビクン

ひたぎ「あら、もうそろそろ出ちゃいそうなのね?」ニチュニジュニチャ

「それなら、私も擦る方に専念しようかな…」グチャクチャ

「ふ、二人とも、本当にっ、もうっ!!!」ビグビグビグッ

ひたぎ「いいわ、らひて?うへとめるわ」レロン

「あ、私も阿良々木くんの精液欲しい!」レロン

ひたぎ&翼「ほおら、早く早くぅ」ニチュジュチュッネチュッグチャッ

「…っ!?だめだ、出るっ!!」ブピュピュッ

ひたぎ「あ、これが精液」ネチャ

ひたぎ「すごく、熱い…」

「もっと、もっと出して?阿良々木くん」シコシコシコ

「ぐあああぁぁあぁっぁ」ドプトププ

「やった、もっと出てきた」ペロッ

306 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/18 01:03:52 ID:/VXZPf7Q (153/252)

~部屋~

ひたぎ「神原はしっかり寝ているわ」フフフ

「はぁ~い阿良々木くん、たっぷり楽しみましょう?」ヌギヌギ

ひたぎ「…また大きくなったわ」

ひたぎ「なんだか複雑な気分」ヌギ

ひたぎ「羽川さん、一応確認しておくけれど、本番は無し、だからね?」

「分かってるわ、さっきの状況で信用しろっていうのは虫がいいと思うけれど」

「別に寝取ろうと思っているわけではないのよ?」

ひたぎ「…いいわ」

ひたぎ「私があなたの立場だったなら」

ひたぎ「たぶん、同じことをしたと思うから」

「戦場ヶ原さん…」

307 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/18 01:28:41 ID:/VXZPf7Q (154/252)

ひたぎ「さて、和解も済んだところで」ニギ

「この期待感満々に勃起してる子の面倒を見てあげないとね?」ニギ

ひたぎ「あら?これでは効率が悪いわ」

「私はさっきしゃぶれなかったから」

ひたぎ「そういうこと、仕方ないわね」ヨイショ

ひたぎ「なら私は、たぁっぷりキスしましょうね?」ベロリ

「いっただきまーす」ハムッ

308 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/18 01:53:57 ID:/VXZPf7Q (155/252)

ひたぎ「あららぎくん、顔が蕩けているわよ?」ジュルジュル

ひたぎ「私のことも相手にするくらいの甲斐性がないとね」クリクリ

「ふぁ、また大きくなった」チュポ

「阿良々木くん乳首弱いんだね、腰がビクビクしてるよ?」シュッシュッ

「先っぽ舐めながら扱いてあ、げ、る」チューッ

ひたぎ「ふふふっ効果覿面みたい」チュッチュッチュッ

309 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/18 02:18:47 ID:/VXZPf7Q (156/252)

ひたぎ「…普通にやるのでは飽きてしまうわね」

ひたぎ「そうだ、私のココ、舐めてもらえるかしら?」くぱぁ

「あ、ふぇんじょうがはらふぁん、じゅるい!」

ひたぎ「あなたは指で我慢して頂戴…っンッあんっ」ジュルジュル

ひたぎ「あ、阿良々木くん、そんなにがっつかないで…っひゃうっ」ビクンビクン

ひたぎ「あ、あ、あ、あ、そんなにしたら、すぐにイっちゃうかりゃあっン」ビクッ

「…阿良々木くん、私のも触って?」クチュルッ

「うん、もうびちゃびちゃなの、少しくらい乱暴で構わないから…」グッチョッ

「あなたを、感じさせて?…ひぁンッ!」ヌッチョズッチョ

310 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/18 02:44:32 ID:xDSWJxqw (157/252)

ひたぎ「ンっあんっこれ、結構いいかも…っ」ヌチュッヌチュッ

「あんっ阿良々木くん、そろそろイきそう、なん、だね?…ひうっ」シコシコシコ

「たくさん出して?全部飲んであげる」シュッシュッ

ひたぎ「あ、ズルいわ、羽川さんっ」ビクッビクッ

「何回もすればいいじゃない、ね?阿良々木くん?」ニチュッグチュッ

「ほらほら、袋の中身、全部ちょーらい?」モミ

ひたぎ「あ、ちょっと!」

「んっ…んぐっ…ごくっ…」コクコク

「うわぁ、さっき出したくせにこぉんな濃いの出せるんだぁ」ドロォ

「残りも全部、ね」チュチューッ

「んー、まずーい」

ひたぎ「…さ、今度は私にもくれるわよね?あ、ら、ら、ぎ、くん?」

317 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 02:41:10 ID:OVwRQRQA (158/252)

「…朝か」

「おかしいな、いつもは火憐ちゃんと月火ちゃんが起こしにくるのに」

「とりあえず、下に降りるか」トテトテ

「おはよう、って、誰もいない…」

「書置きもないし、部屋にいるのかな?」

「おーい、火憐ちゃん、いるかー?」コンコン

しーん

「やっぱりいないのか?」

「おーい、月火ちゃん?いるー?」コンコン

月火「あれ、お兄ちゃん、もう起きちゃったの?」ガチャ

「あれ、月火ちゃんはいるのか」

318 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 02:48:29 ID:OVwRQRQA (159/252)

火憐「いや、兄ちゃんあたしはここに居るぞ」ノシ

「なんだ、二人ともいたのか」

「返事くらいしてくれてもいいのに」

月火「え?ゴメン話に夢中で全然気付かなかったよ」

火憐「朝も起こしにいかなかったしなー」

「そうだ、どういう風の吹き回しだったんだ?」

「いつもは起こして欲しくない時まで起こすくせに」

月火「いやぁ、今日はお客さんが来ていたからさ」

319 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 02:49:57 ID:OVwRQRQA (160/252)

「お客?一体誰が…」

ひたぎ「…」ハーイ

「…何をしているんだ?戦場ヶ原?」

ひたぎ「…その、妹さんと歓談」モジ

「へー」

ひたぎ「…」

「…」

「おい、僕の彼女に亀甲縛りなんかした月火ちゃんは前にでろ!!一発きついのお見舞いしてやる!!」

月火「え!?一発で私の犯行と気づいた!?」

「当たり前だ!火憐ちゃんにそんな頭があるわけないだろう!」

火憐「いやぁ」ポリポリ

ひたぎ「…火憐さん、ベタだけど、褒められていないわよ?」

320 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 03:28:27 ID:OVwRQRQA (161/252)

けど→けれど、に変換よろ

「さて、事情を説明してもらおうか」

月火「うう、お兄ちゃんが本気でぶった…」グスッ

「当然だ、僕の可愛い彼女にトラウマができたらどうしてくれる」

ひたぎ「そ、そんな、可愛いだなんて…」////

火憐「おかしい、兄ちゃんの彼女がこんなにかわいいはずがない」

「さ、月火ちゃん、話しなさい」

月火「といっても、特になにもなかったよ?」

月火「朝お兄ちゃんを起こしに行こうと思ったらひたぎちゃんがうちに来て」

「え?なに?僕ですら対外的には戦場ヶ原って呼んでいるのに、お前はひたぎちゃん呼びなの?」

月火「そりゃあ仲良しだからね!」

「じゃあ亀甲縛りなんてするなよ」

321 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 03:51:07 ID:OVwRQRQA (162/252)

月火「とにかく、ひたぎちゃんが来たから、お兄ちゃんのことを聞こうと思ったんだ」

火憐「それで、あたしがここまで運んで」

月火「逃さないように私が縛ったの」

「お前たちのその曇りない目が、今は怖いよ」

ひたぎ「こよ、じゃなくて暦くん、怒らないで」

ひたぎ「私は別に気にしていないわ」

「いや、お前はもっと気にしろよ、抵抗しようよ」

325 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 02:26:56 ID:0twC30IE (163/252)

ひたぎ「だって、せっかく暦くんの妹さんと仲良くできるんですもの」

ひたぎ「この程度のことは、大したことないわ」キラキラ

(たぶん、最初の頃の戦場ヶ原が聞いたら吐血しているな)

ひたぎ「火憐さんと月火さんも、あなたのことしか聞いてこなかったのよ?」

火憐「わああひたぎちゃん、それは言わないって…っ!」

ひたぎ「あら、うっかり」テヘペロ

(痛々しいけど可愛い、略してイタかわ!!)

326 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 02:53:30 ID:0twC30IE (164/252)

「とにかく、戦場ヶ原は僕の勉強を見に来てくれたんだ、返してもらうぞ」

月火「はいはーい、ひたぎちゃん、今度またお話しようねー」

火憐「あたしも、もっと聞きたいことがたくさんあるんだから」

ひたぎ「ええ、私からもお願いするわ」

「お願いだから、次はまともな姿で歓談してくれよ?」

ひたぎ「保証しかねるわね」

「え?お前が答えんの?」

ひたぎ「冗談よ、面白い?」

「いや可愛い」

ひたぎ「…いやん」

月火「お兄ちゃん達、妹の前でいちゃつかないでよ…」

327 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 03:12:58 ID:0twC30IE (165/252)

~暦の部屋~

「さ、戦場ヶ原入ってよ」

ひたぎ「おじゃまします」

「でも、変だな、今日は勉強会はなしの日だろう?」

「どうしたんだ?突然」

ひたぎ「用事があったわけではないのだけれど」

ひたぎ「なんとなく、こよこよに会いたくなって…」

「なるほど、それで朝早くからいたわけだ」

ひたぎ「ええ」

「ま、別にいいんだけどさ、呼び方、どうにかならない?」

ひたぎ「こよこよはこよこよだもの可愛いでしょ?」

「可愛いのは戦場ヶ原だけで十分だよ…」

ひたぎ「…いやん」

328 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 03:32:01 ID:0twC30IE (166/252)

ひたぎ「まあ、慣れるまで時間がかかるわよね」

ひたぎ「それじゃあ、今は暦くんって呼んであげるわ」

「ああ、助かるよ」

「それで?どうする?せっかくだからどこか遊びに行くか?」

ひたぎ「…それも魅力的だけれど」ジリッ

「な、なんだよにじり寄ってきて」

ひたぎ「せっかくだから、家で二人きりじゃないとできないこと」

ひたぎ「し、ま、しょ?」ペロリ

「え、それって?」

ひたぎ「問答無用、よ」ピト

(戦場ヶ原の手が、僕の太ももに!)

ひたぎ「失礼しまーす…」

「だめだ、妹二人もいるんだぞ?」

ひたぎ「関係ないわ」

(どうしよう、期待している僕がいるー!!)

330 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 03:56:05 ID:0twC30IE (167/252)

「…戦場ヶ原」

ひたぎ「なに?暦くん」

「これは何だよ?」

ひたぎ「何って、膝枕でしょ?」

ひたぎ「なかなか気分がいいわ」

「こういうのって、普通は僕がしてもらうものだろ?」

ひたぎ「あら、このジェンダーフリーの時代にそんな考えは古いわ」

ひたぎ「…暦くんの匂いがする」フフッ

「男の膝枕なんて固いだけで楽しくないだろう…」

ひたぎ「いいの、今日一日は、暦くんに尽くしてもらうんだから」

「いつも尽くしてるよ、お前は大切な彼女だからな」

ひたぎ「…ああ、下からのアングルでキメ顔、惚れ直しちゃう!」

331 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 04:45:47 ID:0twC30IE (168/252)

「…」

「なあ戦場ヶ原」

ひたぎ「?なに?」

「お前の顔見ていたら、キスしたくなった」

ひたぎ「はっきり言うのね」

ひたぎ「でも、動きたくないわ」

ひたぎ「ちょっと、この体勢で頑張ってみましょう?」

「え?でもかなりキツいんだけど…」

ひたぎ「頑張ってみて?」

「…それじゃ」グッ

ひたぎ「やっぱり届かないわね…」

「当たり前だ」プルプル

332 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 04:51:46 ID:0twC30IE (169/252)

ひたぎ「もう、しょうがないわね」スッ

「んむっ!?」

ひたぎ「ふごかないで?ふぉのままで…」

ひたぎ「んっ、ちゅっ、あむっ、んうっ」チュッチュッ

(戦場ヶ原が僕の頭を抱えるようにキスしてくれている)

(これは、ちょっと苦しいけど官能的で気持ちいいぞ!?)

ひたぎ「ぷはっ、ほら、暦くんも私に集中して?」

ひたぎ「キスをしている時くらいは、私のことだけ、考えていてほしいな?」エヘッ

(ああもう、かわいすぎるよコンチクショー!!)

ひたぎ「ほら、続き、しましょ?」チュッ

336 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 17:23:17 ID:0twC30IE (170/252)

「はぁ、なんだか戻れない世界に迷い込みそうだったよ」

ひたぎ「ええ、なかなかいいものね」ペロリ

「まったく、戦場ヶ原にはかなわないよ」

ひたぎ「そう?私は暦くんに負けてばかりな気がするけれど」

月火「お兄ちゃん、何膝枕しながら彼女を慈愛顔で見つめているの?」

月火「ひたぎちゃんは何故膝枕されながらうっとり顔で見つめ返しているの?」

「今回は別にいいだろ?戦場ヶ原は僕の彼女なんだから」

ひたぎ「…今回は?」

「うわぁー、ひたぎちゃんの魅力に絆されて、つい口からでまかせ言っちゃったよ~」

「まったくぅ~敵わないな、こいつめ~」ナデナデ

ひたぎ「…えへへ」////

月火(お兄ちゃんが雑なごまかし方してる)

月火(しかも通用した!?)

337 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 17:50:59 ID:0twC30IE (171/252)

月火「まあいいや、お兄ちゃんにひたぎちゃん」

月火「ちょっと早いけどご飯食べに行こ?お母さん今日いないから」

「あ、そうだったっけ」

「戦場ヶ原、何か食べたいものある?」

ひたぎ「え?特にないけれど」

「ならファミレスでいいか、月火ちゃん、火憐ちゃんを呼んできてくれよ」

月火「はいはーい」

「さ、僕も着替えないと」

ひたぎ「…」ジー

「あの、だから着替えないと…」

ひたぎ「じー」

「自分で言うのか?それ」

343 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 23:34:30 ID:0twC30IE (172/252)

「なんとか着替えられた…」

ひたぎ「別に今更恥ずかしがらなくても…」

「なんというか、まだ気の抜けたところを彼女に見られたくないんだ」

ひたぎ「そう、残念」

火憐「兄ちゃん、準備できたよー」

「じゃあ行くか、○ョイフルでいいだろ?」

火憐「まー別にいいんじゃない?」

ひたぎ「ファミレス…」

「ああ、やっぱり嫌か?」

ひたぎ「いいえ、ただ、行ったことがなくて」

「…なるほど」

344 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 23:46:31 ID:0twC30IE (173/252)

~○ョイフル~

「禁煙席でお願いします」

月火「私はドリンクバーよりスープバー派だな」

火憐「えー?でもペプシ飲み放題なんだぜ?」

月火「…私は火憐ちゃんほどペプシ好きじゃないし」

火憐「ペプシだけじゃないぜ、正直にいえば全部すきだぜ」

月火「…」

ひたぎ「暦くん、メニューはこれでいいのかしら?」

「ああ、昼用のランチメニューもあるぞ」つメニュー

ひたぎ「たくさんあるのね…」

345 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:05:02 ID:69wvB7YQ (174/252)

「僕のオススメはチキンドリアだな」

「量もそこそこあるし、味もいい」

「何より、他に劣るわけじゃないのに少し安い」

「チキンドリアは素晴らしい」

火憐「あたしはハンバーグとサイコロステーキのやつがいい」

月火「私はスパゲティでいいかなー」

ひたぎ「…それじゃあ、私はチーズハンバーグにするわ」

「ば、馬鹿な…僕のドリア党への勧誘が効かなかっただと?」

346 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:17:17 ID:69wvB7YQ (175/252)

月火「残念だったねお兄ちゃん」

火憐「ま、好みはあるさー」

ひたぎ「あの、そういうのではなくて…」

ひたぎ「同じものにしてしまったら、あーんで食べさせっこできないでしょう?」////

「せ、戦場ヶ原…」

月火「…どうしてこんないい彼女がお兄ちゃんなんかに…」ギリッ

火憐「いやー、兄ちゃんだからこそじゃない?」

ひたぎ「…」////

「お前ら、あんまりからかうんじゃない!」

348 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:33:37 ID:69wvB7YQ (176/252)

「ふむ、やはり美味しい」

ひたぎ「うん、初めて来たけれど、なかなか美味しいわ」

「ま、たまに食べるといいものだよ」

月火「どうする?そろそろ帰る?」

「そうだな、結構長居してしまったし」

火憐「ドリンクバーのせいだなー」

「ああ、もったいない気がしちゃうんだよな…」

349 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:53:22 ID:69wvB7YQ (177/252)

ファミレスで初々しい高校生カップルを見てしまった時の絶望感は異常

~数時間後阿良々木家~

「もう帰るのか?」

ひたぎ「ええ、今日はお父さんが早く帰ってくるから」

ひたぎ「二人とも、またお話しましょうね」

火憐「うん、ひたぎちゃん!」

月火「またねー」

「なんて適当な態度なんだ、この妹たちめ」

「送っていくよ、戦場ヶ原」

ひたぎ「ありがとう、暦くん」

火憐「…」

月火「…」

350 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 02:50:56 ID:69wvB7YQ (178/252)

~いろいろあって深夜~

「ふぁああ、そろそろ寝るかな」

「…ベッドに入った時の冷たさ、結構好きなんだよな…」フワッ

「む、温かい…」バサッ

火憐「…」すぅすぅ

月火「おやすみ、お兄ちゃん」バサッ

「おい待て妹よ」ガシッ

火憐「ふぁ?兄ちゃん?」ゴシゴシ

「なんでお前たちが僕のベッドにいるんだ?」

351 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 03:11:55 ID:69wvB7YQ (179/252)

火憐「…だって」

月火「今日は全然構ってもらえなかったし」

「だって、お前たちも戦場ヶ原と一緒に遊んでいただろ?」

火憐「それはそれ!」

「なんて理不尽な」

月火「まあまあ、とにかくベッドに入りなよ、お兄ちゃん」ポンポン

「まるで自分のベッドのように振舞うなよ」

火憐「まあまあ、ほらこっちだー」ガバッ

「うわぁ、飛びかかってくるなー!」

352 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 03:26:07 ID:69wvB7YQ (180/252)

「結局川の字かよ…」

月火「たまにはいいでしょ?兄妹水入らずで」

火憐「ふふっ、兄ちゃんの匂い…」

「おい、危険な発言は控えろ」

月火「私たちもお兄ちゃんに甘えたい時があるの」

「それは兄冥利に尽きるけれども」

火憐「にいちゃーん」ギュッ

「ああ、お前の兄ちゃんだぞー」ナデナデ

月火「ツッコミ放棄しないでよ」

「いや、もう無理だろこれは…」

353 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 03:48:34 ID:69wvB7YQ (181/252)

火憐「兄ちゃん、ひたぎちゃんのこと、好き?」

「ああ、大好きだな」ナデナデ

火憐「じゃあ、あたしたちのことは?」

「もちろん好きさ」

火憐「えー、どっちが好き?」

「どっちとかはないよ」

月火「…ひたぎちゃんのことばっかり考えて、私たちのことを忘れないでね」ギュッ

「月火ちゃん…」

「いいか、二人ともよく聞くんだ」

354 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 04:17:36 ID:69wvB7YQ (182/252)

「二人とも僕の大切な妹だ」

「僕がいくら戦場ヶ原のことが好きでも、お前たちのことを忘れたり、嫌ったりなんてしない」

「何があっても、僕は二人のお兄ちゃんだ」

「二人をいじめるやつはぶっとばす、二人が悪いことをすれば滅茶苦茶怒る」

「そんで、二人が寂しくなったら、こうしてやるさ」ナデナデ

火憐「ふふふ、兄ちゃんもあたしたちのことが大好きなんだねー」ニュフフ

月火「全く、しょうがないお兄ちゃんだなー」エヘヘ

「おやすみ、火憐ちゃん、月火ちゃん」

火憐「ふぁあぁ、おやすみ、兄ちゃん…」

月火「おやすみ、お兄ちゃん…」

「…」ナデナデ

(僕の妹は可愛いなぁ)

359 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 01:06:28 ID:Vd59rH2. (183/252)

「今日はいい天気だなぁ」ノビー

「こういう予定のない日は、八九寺と過ごすに限るな」

「しかし、今や迷い牛でもないあいつに出会うのは完全に運任せだ…」

「とりあえずぶらついてみるか…」

「まずは、公園かな?」テクテク

360 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 01:55:25 ID:Vd59rH2. (184/252)

~公園~

「お、本当にいた」

「どうしよう、いつものように飛びかかってもいいけれど」

「ここは意外性を見せるためにあえて紳士的に行ってみようか」

「よし、そうと決まれば即行動だ」テクテク

「やあ、八九寺、いい朝だな」

真宵「そうですねアラサ木さん」

「僕を妙齢の女性が気にする単語ナンバーワンみたいに呼ぶな」

「僕の名前は阿良々木だ」

真宵「失礼、かみました」

「違う、わざとだ」

真宵「まどか☆マギカ」

「わけがわからないよ」

361 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 02:08:28 ID:Vd59rH2. (185/252)

真宵「それで阿良々木さん、何か御用でしょうか?」

真宵「いつもの変態行為もありませんでしたし」

「なんだ?やって欲しかったか?」

真宵「死んでもゴメンですっ!」プイッ

「いや、もう死んでいるだろ、お前」

真宵「言葉のあや、というやつです」

「そういうものか…」

「そうだ、僕はいいとして八九寺は何をしていたんだ?」

363 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 02:25:15 ID:Vd59rH2. (186/252)

真宵「私ですか?」

真宵「私はアリさんの行進を眺めていました」

「…楽しいか?それ」

真宵「はい、私も一日頑張ろうって元気をもらえます!」

「…ああ、なんて可愛い生物?なんだお前はー!!」ぎゅうっ

真宵「うわあ、阿良々木さん、いきなり発情しないでください!嫌いになりますよ」

「うう、そんな風にトゲトゲしている八九寺も可愛いよ」スリスリ

真宵「やめてください!」ガブッ

(ふふふ、僕がそんな攻撃でいつまでも怯むと思うなよ…)

真宵(こいつ、直接脳内に…っ!?)

364 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 02:40:39 ID:Vd59rH2. (187/252)

真宵「まあ、いいです」

真宵「それで阿良々木さん、せっかくこうして出会ったのですから」

真宵「何か面白いことをしましょう」

「やっぱりつまらなかったのか」

真宵「最初は楽しかったです」

「…そうかい」

「しかし、何をするかな」

「こう言ってはなんだけれど、僕は本当に着のまま気のままで来ているから」

「何も持っていないんだ」

真宵「そうですね…」ムムム

365 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 02:53:45 ID:Vd59rH2. (188/252)

真宵「ここは簡単にできることで遊びましょう」

「何か案があるのか?」

真宵「しりとりでもしますか?」

「うわぁ…」

真宵「…何ですか?その残念な子を見る目は」

「今まさに、僕は残念な子を見ているんだよ」

真宵「いいじゃないですか、しりとり!」

真宵「道具もいりませんし、時間も潰れます!」

「いやぁ、それはちょっと…」

真宵「不愉快です!!」

366 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 03:17:05 ID:Vd59rH2. (189/252)

「…なあ、悪かったってば八九寺」

真宵「許しません、ぜえぇったいに、許しません!」プンスカ

「ほら、可愛い顔が台無しだぞ?」

真宵「可愛い私の顔は、怒っていても可愛いままです」

「本当だ」プニプニ

真宵「ほっぺたをつつかないでください、噛みますよ?」

「噛みまみた?」

真宵「それは私のセリフです、勝手に使わないでください」

「じゃあどうすればいいんだよ?」

真宵「いちおう著作権料と使用料、それと許諾を得て手続きを済ませてください」

「夢の国のキャラクターなのか?お前は」

真宵「現在その方向性で審査中です」

「仲間入りする気なのかよ!?」

367 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 03:27:23 ID:Vd59rH2. (190/252)

「不毛な会話を続けるだけでも、結構時間は潰れたな」

真宵「どうしますか?ごはんとか、食べないんですか?」

「いいよ、一人で食べてもしょうがないし」

真宵「私だってご一緒するくらいはできますが」

「いいったらいいんだ、僕は今日八九寺と遊ぶことに決めているんだから」

真宵「…そういうことでしたら、これ以上は言いませんが」

「八九寺、ここに来いよ」ポンポン

真宵「隣ですか、まあいいでしょう」ヨイショ

「…」

真宵「…」

ぽかぽか

368 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 03:37:00 ID:Vd59rH2. (191/252)

真宵「本当に、いい天気ですね…」ウツラウツラ

「おいおい、幽霊も眠くなるのか?」

真宵「はい、気分次第ですが」

「へえ、そういうものなのか」

真宵「阿良々木さん、すこしお膝、お借りしまふ」ぽふん

真宵「なんだか、とっても安心します…」スリッ

「ああそうかい、八九寺が気に入ったのならよかったよ」ナデナデ

真宵「すみません、阿良々木さん、私、本当に眠くなってしまって…」

「いいよ、ゆっくり眠るといい」ナデナデ

真宵「…はい、お言葉に甘えましょう…」スゥスゥ

369 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 03:49:52 ID:Vd59rH2. (192/252)

(こうして眠っていればただの小学生だな…)

(どう見ても幽霊には見えない)

(八九寺がいつまで、こうしてそばにいてくれるのかは分からないけれど)

(せめて、幸せでいてほしい)ナデ

「僕も、少し寝るか…」

370 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 04:07:32 ID:Vd59rH2. (193/252)

???「…らぎくん、…阿良々木くん?」

「…あれ?そうか、寝てしまったのか」

ひたぎ「やっと起きたのね、全く、こんなところで寝ていては風邪をひいてしまうわよ?」

「戦場ヶ原、どうしてここに?」

ひたぎ「電話をしても出なかったから」

ひたぎ「心当たりを探していたの」

ひたぎ「そうしたら、ここで眠っている阿良々木くんを見つけたものだから」

「そうか、ゴメンな手間取らせて」

ひたぎ「別にいいわ、こうして会えたのだし」

「…あれ、八九寺は?」

ひたぎ「?またあの見えない子がいるの?」

「…いや、いないみたいだ」

ひたぎ「そう」

「…帰るか、戦場ヶ原」

ひたぎ「ええ、そうしましょう」

371 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 04:25:57 ID:Vd59rH2. (194/252)

~次の日の朝~

(結局、八九寺は先に帰ったのかな?)

(さすがに消えてはいないと思うけれど)

(少し心配だな…)

真宵「おや?どうしましたカササギさん、神妙な面持ちで」

「僕をスズメ目カラス科に分類されるカラスみたいに呼ぶな」

「僕の名前は阿良々木だ」

真宵「失礼、かみました」

「違う、わざとだ」

真宵「グレートマジンガー」

「僕はZ派だ」

「って八九寺?いつから居たんだ?」

真宵「カササギのくだりからです」

「くだりとかいうな」

372 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 04:32:59 ID:Vd59rH2. (195/252)

「なんだ、心配していたのに」

真宵「私が消えたと思いましたか?」

真宵「残念ながら、私は執念深いんです、そう簡単に消えたりはしません」

「…ああ、そうだな」

真宵「そうです」

真宵「ああ、そういえば、私阿良々木さんに用事があるんです」

「用事?」

真宵「はい」

373 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 04:38:46 ID:Vd59rH2. (196/252)

「何だよ?改まって」

真宵「先日は膝枕、ありがとうございました」

真宵「たいへん安らかな気持ちになりまして、感謝しています」

真宵「というわけで、こ、これはほんのお礼です」チュッ

「え?」

真宵「わ、私がわざわざ段差の上にいる時点で警戒しておくべきでしたね、阿良々木さん」////

真宵「阿良々木さんの右頬には、しっかりマーキングいたしましたので」

真宵「…また、機会がありましたら、お昼寝のお供にして差し上げます」////

真宵「要件は以上ですっ、それではっ!!」ダッ

「八九寺…」サスリ

「…ああ!!機会があったらなー!!」

こんな感じで、今日も僕と八九寺は、そこそこに仲良しなのだった

379 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/25 09:47:05 ID:lDfXopOA (197/252)

「唐突だが、今日は千石の家にお呼ばれしている」

「さて、お土産のドーナツも買ったし、早速行こうか」

「うみゅ、お前様、しのぶの分のドーナツ…」

「心配しなくても、分けてとってあるよ」

「というか、一人称がひどいな、キャラ崩壊ってレベルじゃないぞ?」

「朝は仕方がないんじゃ…」

381 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 00:39:09 ID:e93Rd2WM (198/252)

~千石家~

ピンポーン

撫子「い、いらっしゃい、暦お兄ちゃん」

「おはよう、千石」

「あれ?ご両親は?」

撫子「今日もお仕事でいないんだ」

撫子「玄関先で話しててもなんだから、さ、入って?」

「あ、ああ」

(そういえば、千石のうちに遊びに来るとき、なんで親御さんたちはいないんだろうか)

(今日だって休日なのに…)

382 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 00:59:12 ID:e93Rd2WM (199/252)

「千石、ドーナツはここに置いておいていいか?」

千石「暦お兄ちゃんは食べないの?」

「いや、お土産だから…」

千石「一緒に食べようよ、お茶持って行くから手伝って?」

「あ、ああ…」

383 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 01:35:34 ID:e93Rd2WM (200/252)

あ、千石って書いちゃった…

撫子「暦お兄ちゃん、いつもどおり、余計なところは見ないでね?」ガチャ

「…なあ千石、なんで鍵を閉めるんだ?」

撫子「なんとなくだよ、な、ん、と、な、く」

「そ、そういうものか…」

撫子「それより暦お兄ちゃん、撫子、新しいゲーム買ったんだよ」スルッパサッ

「…なあ千石」

「どうしてその薄着からさらに軽装になるんだ?」

撫子「やだなあ、暑いからだよぉ」

「そうか?適温だと思うけれど…」

384 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 01:53:46 ID:e93Rd2WM (201/252)

「ま、まあいいや、それで?何を買ったんだ?」

撫子「ニンテンドー64!!」

「お、比較的有名だし、楽しいゲームも多いな」

「それで?ソフトは?」

撫子「007ゴールデンアイだよ?」

「おい、そのチョイスについて疑問しかないぞ?」

撫子「で、でも、すごく面白いんだよ?」

「いや、知っているけれども、たまごっちとか、ほかにもあっただろ?」

385 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 02:09:30 ID:e93Rd2WM (202/252)

「それで、結局はボードゲームになるのか…」

撫子「モノポリーも楽しいから、いいんじゃないかな?」

「ま、そうだな…」

撫子「暦お兄ちゃん、手加減してよ?」

「ははっ、流石に中学生相手に本気で向かったりはしないよ」ナデナデ

撫子「そ、そう?」…ニヤリ

「…っ!?」ゾクッ

(な、なんだ?今の悪寒は…)

386 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/26 02:31:25 ID:e93Rd2WM (203/252)

「こ、これは…」

(最初は僕が優位だった…)

(だけど、途中で交渉アリにした途端、一気に千石に切り崩された)

(これは…)

撫子「えへっ、これで物件は全部撫子のものだね」

撫子「それで、暦お兄ちゃん」

撫子「どうやって、借金を返してくれるのかな?」ペロッ

(なんだ、この中学生とは思えない、仕草ににじみ出る色気は…)

387 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/27 01:10:43 ID:k7a0u3CM (204/252)

「それで、これか…」

撫子「うん、暦お兄ちゃんに抱っこされてみたかったから…」

「ははっ、千石もまだまだ甘えたい年頃か」

「いいぜ、このくらいいつでもこい、だ」

撫子「本当?嬉しい」スリスリ

(なんだろう、千石が妙にモジモジしている…)

「どうした?体勢が悪いのか?」

撫子「う、ううん、そんなことないよ?」ズリズリ

(なんか、露骨にお尻を擦り付けてきているような…)

388 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/27 01:33:58 ID:k7a0u3CM (205/252)

「しかし、千石、お前小さいな」

「ちゃんと食べているか?」

撫子「た、食べてるよ?」

「…好き嫌いは?」

撫子「…ない、よ?」

「…」

撫子「…はい、嘘をつきました」

「そうだろうな」

「ちゃんと何でも食べなきゃだめだ」

「あと、牛乳も飲むんだ」

389 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/27 02:43:05 ID:k7a0u3CM (206/252)

撫子「牛乳かぁ」

撫子「撫子、暦お兄ちゃんのミルクなら飲めるよ!」

「ん?僕が飲ませればいいのか?」

撫子「え?くれるの?」キラキラ

「ああ、そういうことなら、今度はお土産に牛乳を買ってくるよ」

撫子「…なんだ、そういうことかぁ」

395 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 01:37:29 ID:jIjd2Ok6 (207/252)

「千石、他には何か遊ぶものはあるのか?」

撫子「あ、そういえばポケモン赤があるよ?」

「おう、それは微妙にいいものを…」

「しかし、それじゃあ二人で遊べないな…」

「なにかやりたいことはないか?」

撫子「え?一緒にヤってくれるの?」

「ああ、二人で出来るならな」

396 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 01:53:25 ID:jIjd2Ok6 (208/252)

「本当にこんなんでいいのか?」

撫子「う、うん」

撫子(正直、あんまりにも無防備だから話を持って行きにくかったよ…)

「しかし、男の膝枕なんて、楽しくないんじゃないか?」

撫子「そんなことないよぉ、暦お兄ちゃんの匂いがするー」スンスン

「こら、千石、頭は逆に向けるのがマナーだぞ?」

撫子「…はぁい」

撫子(ううう、なかなかやるね、暦お兄ちゃん)

(危ない危ない、危うく反応してしまうところだった…)

397 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 02:04:01 ID:jIjd2Ok6 (209/252)

撫子「…」スゥスゥ

「あれ?千石?」

「寝ちゃったか…はしゃいでいたし、疲れたのかな?」

「…」ナデ

「おおう、すっごいサラサラだ…」ナデナデ

「これは癖になりそうだ…」ナデナデナデ

(今度、戦場ヶ原にもやってみようか…)

撫子「…」

398 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 11:20:23 ID:orDWeeG. (210/252)

撫子(なんか、暦お兄ちゃんに頭撫でられてる)

撫子(不思議、凄く気持ちいい…)

撫子(まあ、えっちなことは、また、今度で、いっかぁ…)

撫子(…)

「…おやすみ、千石」

399 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 11:26:07 ID:orDWeeG. (211/252)

撫子「はっ!?」

撫子「あれ?今何時?暦お兄ちゃんは?」

撫子「あ、書き置きがある…」

「よく寝ているから、起こさずに帰るよ」

「また、一緒に遊ぼうな」

撫子「暦お兄ちゃん…」

撫子「…あっ」クチュ

撫子「暦お兄ちゃんが悪いんだよ、撫子を悦ばせることばかりするから…」クチュクチュ

撫子「こ、今度こそ、あンっ、暦お兄ちゃんを、ゲットしちゃうんだから…」クチュクチュクチュッ

撫子「あうんっ、止められないぃ」クチュッ

撫子の夜は長い…

404 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 02:00:40 ID:DpoZPh1w (212/252)

「今日は神原と戯れようと思うんだ」

駿河「はあ」

駿河「それを私に宣言されましても、どうしたらよいものか…」

「戦場ヶ原も羽川も、偶然この街にいないんだ」

「神原で遊ぶなら今日しかないんだよ」

駿河「助詞がおかしい」

「僕がしたいことを考えれば、間違ってはいない」

駿河「なんという先輩だ、全く…」

405 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 02:19:29 ID:DpoZPh1w (213/252)

「じゃあ、まずはあすなろ座りだ」

駿河「何を言っているんだ?」

駿河「はい、阿良々木先輩、麦茶だ」コトッ

「ああ、ありがとう」

「ぷはっ、美味しいな、この麦茶」

駿河「普通の市販品だぞ?たぶんこの暑さが原因だろうな」

「さあ神原、僕に口移しで飲ませるんだ!」

駿河「魅力的な提案ではあるが、生憎これは私の分だ」コクッ

駿河「ご自分で注いで飲めばいい」

「最近悪戯しすぎて、だいぶ耐性がついているみたいだな…」

駿河「流石に三日連続でこられれば、大抵のことはなれると思うのだが…」

406 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 02:48:43 ID:DpoZPh1w (214/252)

「ちぇー、慣れるとつまんないなー」

駿河「そう思うなら、冒頭の文句、毎日変える程度の努力はしていただきたい」

駿河「おふたりが旅行に行っているだけではないですか」

「いや、僕と神原の今日は、今ここにしかないんだよ」

駿河「…はあ、そうですか」

「なんかテンション低いな、何かあったのか?」

駿河「いや、特別何かあるわけではないのですが…」

407 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 03:13:08 ID:DpoZPh1w (215/252)

「さ、ここに来い、話を聞いてやろう」

駿河「…この時期にくっつくのは暑いと思いますよ?」

「大丈夫だよ、扇風機もあるじゃないか」

駿河「…はあ、それでは」トスン

「ああ、神原は抱き心地がいいなぁ」ギュウ

駿河「はあ、どうも」

「それに、うっすら汗の匂いがする…」クンクン

駿河「なっ!?そ、そういうことはしないで欲しい!」ジタバタ

「うーん、女の子の香りがする…」スンスン

駿河「やーめーろー!!」

413 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 01:50:15 ID:q.02gdfc (216/252)

駿河「阿良々木先輩、暑くないか?」

「暑いよ、でも神原を抱っこする方が大事ー」ギュウ

駿河「私は不快だ」

「本当に?」

駿河「…」

「まあまあ、許しておくれよ」モミン

駿河「む、今私の胸を触りましたか?」

「気のせいだろ」モミモミ

駿河「やっぱり!やめてください、阿良々木先輩!」

「神原のおっぱいはぷりぷりしているな」プニプニ

駿河「うがー!!私の胸を批評しないでいただきたい!!」

414 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 02:13:36 ID:q.02gdfc (217/252)

駿河「…っ」

「どうした?神原」スリスリ

駿河「ふ、太ももをさすらないでください、阿良々木先輩」

「えー?でもすべすべで触り心地最高だぜ?」

駿河「その感想は嬉しくもありますが、それとこれとは話が別です」

「仕方ないな、それじゃ」スッ

駿河「そこは、本当にダメです」

「嫌なのか?」

駿河「…い、いやです」

「ふーん」ギュッ

駿河「…阿良々木先輩、もうやめましょう、こんな関係」

駿河「戦場ヶ原先輩も、気づいていますよ?」

「関係ないよ、これはあいつも公認なんだから」

駿河「…」

「バレないわけ無いだろう?あいつはそういうことには目ざといんだから」

415 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 02:30:51 ID:q.02gdfc (218/252)

駿河「戦場ヶ原先輩は、なんと…?」

「怒っていたよ、そりゃあもう烈火の如くね」

「でも、神原なら許すってさ」

駿河「う、嘘でしょう?あの人がそんなことを許すわけが…」

「仕方ないだろ?神原がかわいいのが悪い」スリスリ

駿河「ううっ、や、やめて…」

「流されてもいいんだよ、誰も怒らない…」

駿河「そ、そういうわけには…」ゾクゾク

416 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 02:43:00 ID:q.02gdfc (219/252)

「神原のスパッツ、さっきより汗ばんでいるな」

駿河「あ、暑いからです…」

「へえ?まだそんなことを言っていられるのか…」

駿河「…」

「でも、ここはほら、こんなに…」

駿河「だ、だめ…」


「…」

「なあ神原、これ楽しいか?」

駿河「ちょっとした不倫関係が、ふたりの愛を育むのです!」

「…そうかなぁ」

417 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 02:51:53 ID:q.02gdfc (220/252)

「しかし、神原が自作の小説を読ませてくれるって言うから」

「匂いを嗅ぐのを中断して読んだのに…」

駿河「ん?気に入らないか?」

「この話の僕、すこし外道過ぎないか?」

駿河「そんなことはない、このくらいせめてきて頂ければ」

駿河「私も純潔を散らすことにためらいはないのだが…」

「それこそ戦場ヶ原に殺されるよ…」

駿河「そうですか、残念」

「ま、いいや、また嗅ごう」スンスン

駿河「そ、それは嫌です!!」バタバタ

418 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 03:00:42 ID:q.02gdfc (221/252)

駿河「阿良々木先輩、戦場ヶ原先輩とはいかがですか?」

「ああ、あの小説みたいなことはないよ」

「神原が信頼されているから、僕はここに来られるってわけだ」

駿河「…そうですか」

「どうかしたのか?」

駿河「なんでもありません」

「そうか?」

419 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/01 03:15:52 ID:q.02gdfc (222/252)

「…本当に、ああいうのがしたいのか?」

駿河「…っ!?」

「そんなあからさまに反応するなよ…」

駿河「…幻滅しただろう?」

「別に?妄想くらい誰だってするさ」

「そのくらいで幻滅するわけないだろ?」

駿河「…わ、私は…っ!!」

「いいから落ち着け、神原」ギュッ

「ほら、な?」

駿河「…」

425 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/02 02:43:31 ID:WwEwj9AY (223/252)

「そういえば神原、今日は口調が変じゃないか?」

駿河「…私も一応敬語を使えるようにと思いまして…」

「…似合わない」

駿河「そうですか?」

「うん、それ禁止な、禁止」

「いつもの神原の方が好きだ」

駿河「そ、そういうことなら仕方ない」

駿河「先輩の顔を立てるのも、後輩の勤めだからな!!」

(チョロ可愛いな、神原…)

427 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/02 03:00:53 ID:WwEwj9AY (224/252)

駿河「阿良々木先輩、そろそろ空腹なのではないか?」

「…そういえばそんな気もするな…」ぐぅ

駿河「今日はそうめんでも食べようと思っていたのだ」

駿河「よければ、一緒に食べよう」

「いいのか?」

駿河「ああ、もちろんだ」

「それじゃあ、ご馳走になるよ」

428 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/02 03:20:08 ID:WwEwj9AY (225/252)

とんくす、助かる、次のスレがあれば指導よろしく!

駿河「そうと決まれば、まずはお湯を沸かさないとだな」スクッ

「神原が作るのか?」

駿河「いや、私は茹でるだけだ」

駿河「つけ汁は用意してもらっている」

「そうなのか」

「それで?僕は何をすればいい?」

駿河「阿良々木先輩はお客様だからな、でんと構えていればいい」

「…それじゃあ座りが悪いだろう?」

429 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/02 03:42:34 ID:WwEwj9AY (226/252)

駿河「そうか?」

駿河「それでは、器を用意してくれ、場所は…」

「向こうに着いてから説明してくれ、覚えられる自信がない」

駿河「そうか、了解した」

「それじゃあ、食べに行こうか」

駿河「麺の茹で方には自信がある」

「…次はつゆも頑張ろうな」

433 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/03 02:03:23 ID:2V/IMaD6 (227/252)

「夏のそうめんって、二割増くらいで美味しいよな」ズルズル

駿河「そうだな、氷の冷たさが染み渡る」ズルズル

「僕、冷やし中華って苦手なんだよね、味が濃すぎて」

駿河「そうなのか、あれはあれで夏を代表する食べ物なんだがな…」ズルズル

駿河「ふう、ごちそうさまでした」パンッ

「神原、食べるの早いな」

駿河「運動部だったからだろうか、自然と早くなったな」

駿河「午後は何をする?朝のようにダラダラするのはもったいないぞ」

「そうだなー、散歩でも行くか?」

駿河「散歩?」

434 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/03 02:15:55 ID:2V/IMaD6 (228/252)

「自分で言うのもなんだけど」

「僕もここ最近入り浸っているし」

「屋内での遊びはやり尽くした感もあるだろ?」ズルズル

駿河「まあ、確かに」

「公園とかさ、行ってみようぜ」

駿河「…およそ大人が楽しめるようには思えないが」

駿河「変わっているのが阿良々木先輩らしい、それで行こう」

「…もしかしなくても、それは僕を褒めていないな?」

駿河「そんなことはない」

駿河「阿良々木先輩は非凡だ、と賞賛したんだ」

「納得いかないけど、納得したよ」

435 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/03 02:31:00 ID:2V/IMaD6 (229/252)

「さて、公園に行くか」

駿河「あれ、自転車はいいのか?」

「いいさ、たまには神原も歩いてこの街を回ってみてもいいだろ?」

駿河「…そういうことなら、私も歩こうか」

「手でもつなぐか?」

駿河「…そ、それは…」////

「ははっ、冗談だよ、さあ、行こうか」

駿河「阿良々木先輩は意地が悪い!」

「褒められると悪い気はしないな」

駿河「私は、憤慨しているのだ!」

「ははは、悔しかったら自分で掴み取るんだな」ヒラヒラ

駿河「あっ、ずるいぞ、フライングだ!」

「こぉーこまーでおーいでー」ダダダダ

436 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/03 02:47:46 ID:2V/IMaD6 (230/252)

「…よく考えれば、神原に脚で敵うわけがないじゃないか…」

駿河「さて、これでもう離さないぞ、私は」ギュウ

「あーはいはい、どうぞご自由に」

駿河「ついでに恋人つなぎだ」ガシッ

「…戦場ヶ原に怒られませんように」

駿河「その時は私も弁明しよう」

「ああ、僕の次はお前が標的になるだろうし…」

駿河「しかし、今は私の恋人気分でいてもらわないと困る」

「えー、神原と?」

駿河「髪も伸びて、随分と女らしくなったと思うのだが…」

437 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/03 03:00:43 ID:2V/IMaD6 (231/252)

「あ、それはそう思うよ」

「より可愛くなったなー、神原よ」ナデナデ

駿河「撫でにくいなら撫でなくとも…」

「ぐぬぬ、これは僕の譲れない何かなんだよ」ナデナデ

駿河「ま、まあ悪い気はしないのだが…」

「お下げにしていると、羽川を思い出すよ」

駿河「あの人と比べられたら、私では勝ち目がないが…」

440 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 01:29:33 ID:a69gnFt2 (232/252)

「そんなことないさ」

「僕は羽川のことを羽川なりに好きだし」

「神原のことも神原なりに大好きさ」

駿河「…ふふっ、それはどういった口説き文句なんだ?」

「そうだな、大切な後輩を励ます言葉かな」

駿河「原因は阿良々木先輩だが」

駿河「たしかに、少し元気になったような感じがする」

「ははは、そら、もっとしっかり手をつなげー」ブンブン

駿河「ちょ、ちょっと、阿良々木先輩!?」

「ほらほら、目的地はもうすぐそこなんだから」

駿河「ま、待ってくれ、そんなにいぞがなくても…」

「はははは」

駿河「…もうっ!!」

441 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 01:45:24 ID:a69gnFt2 (233/252)

~公園~

駿河「まったく、何をそんなに楽しそうにしているのだ…」

「うーん、まあ気分が盛り上がっちゃってね」

駿河「…はぁ、それなら仕方ないな」

「うん、仕方がない」

駿河「もう少し反省していただきたいものだがな」

442 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 01:59:42 ID:a69gnFt2 (234/252)

「さて、何をするか」

駿河「何もないぞ?この公園」

「うーん、確かに…」

駿河「どうするんだ?」

「そうだな、とりあえずあのベンチで座って考えよう」

駿河「そうだな、突っ立っていても始まらない」

443 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 02:48:17 ID:a69gnFt2 (235/252)

「…思いつかないな」

駿河「そうだな」

「もういいか、神原、膝借りるぞ」バフッ

駿河「こんなところで寝るつもりなのか?」

「いや、この位置で神原とおしゃべりだ」

駿河「…話しにくいんだが」

「僕は快適だ」サワサワ

駿河「きゃっ!?と、突然何を…」

「きゃっ、だって、きゃっ」ハハハ

駿河「ふ、不意打ちで驚いただけだ、わ、笑うなー!!」ポカポカ

「うわ、待て神原、い、痛い」

444 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 03:03:32 ID:a69gnFt2 (236/252)

駿河「阿良々木先輩は、獣だな」

駿河「油断も隙もない」

「まあまあ、そう怒るなよ」

駿河「…」

(まあ、怒っている風でも膝枕状態は解かないんだよな…)

「神原」

駿河「なんだ?」

「やっぱり、お前は可愛いよ」

駿河「なっ!?ま、またそんなことを言って!」

「ははは、照れてやんのー」

駿河「照れてない!!」

445 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 03:17:30 ID:a69gnFt2 (237/252)

「…風が気持ちいいな…」

駿河「私は脚が痛い」

「おっと、悪いな」

「よっと、いやぁ快適だったよ」

駿河「さて、次は阿良々木先輩の番だ」

「へ?僕の番?」

駿河「当然だ、等価交換は基本だぞ?」

「どこの錬金世界なんだよ」

駿河「という訳で、いざ!」

「うわぁ、飛びかかってくるな!!」

446 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 03:29:06 ID:a69gnFt2 (238/252)

駿河「阿良々木先輩、これはなかなかいいものだな」

「そうか?ジーンズが痛くないか?」

駿河「そうでもない」

「そういうものか?」

駿河「ああ、そういうものだ」

駿河「このまま寝てしまえるぞ、私は」

「…まあ、それでもいいけどさ」

駿河「…なあ、阿良々木先輩」

「なんだ?」

駿河「私たちは、変わらずにいられないものなのだろうか」

「…ま、変わるのが正常な姿だからな」

447 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 03:44:15 ID:a69gnFt2 (239/252)

駿河「正常、か」

「たしかに、僕らは普通より少しばかり異常と触れ合っているけれど」

「だからこそ、正常であろうとする姿勢は、きっと大切なものだ」

駿河「…私は今、この時間が止まればいいと思う」

「今止めても、きっと楽しくないぞ?」

駿河「…そうかも、な」

「もう寝ちゃえよ、な?」

「余計なことはさ、考えなくたっていいんだよ」

駿河「…ああ、そう、かな」スゥスゥ

448 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/04 03:52:58 ID:a69gnFt2 (240/252)

「寝たか…」

「ゴメンな、忍、こんな役目で」

「ふぁああ、まったくじゃ、お前様よ」

「戻ってきた力をこんな形で使うのは不本意じゃ」

「はいはい、オールドファッションな」

「ゴールデンチョコレートじゃないのか!?」

「そっちはまた別の時にな…」

「くっ、仕方あるまい」

(さて、電話するか…)

452 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 02:20:15 ID:na8pmVAw (241/252)

ひたぎ「ここだったのね、暦くん」

「やあ、お帰り戦場ヶ原」

ひたぎ「ええ、ただいま」

ひたぎ「それで?電話をしてまで私を呼んだのはなぜ?」

「…神原がさ、今のままがいいって、言っていたから」

「神原にとって、変わらないものを呼んでやろうと思って」

ひたぎ「私が?それは買いかぶりというものよ」

「そんなことないさ」

「戦場ヶ原は戦場ヶ原だ、根っこは変わらない」

ひたぎ「まあ戦場ヶ原から阿良々木に変わるつもりではあるのだけれど」

「…不意打ちは卑怯だぞ、戦場ヶ原」

ひたぎ「人格矯正プログラムを経て、安定期に入った私は暦くんが大好きなのよ?」

「今までは違ったのか?」

ひたぎ「今に比べれば、ちょっと好き、くらいね」

「マジか、すごいな…」

453 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 02:29:46 ID:na8pmVAw (242/252)

「よいしょっと」グイッ

ひたぎ「ずいぶんぐっすり眠っているのね」

「忍がやったからな…」

ひたぎ「…一応確認しておくけれど」

ひたぎ「私の大切な後輩に、いかがわしい行為はしていないわよね?」

「大丈夫だよ、何もしてない」

ひたぎ「そう、それならいいのだけれど」

「ずいぶんあっさり信じてくれるんだな」

ひたぎ「自分の彼氏を信じられないようじゃ、おしまいよ」

「…そうか」

ひたぎ「どこまで運ぶつもり?」

「神原の家までな」

「多分途中で起きると思うから」

ひたぎ「なるほど、私を呼んだのは神原と話をさせるため?」

「ああ、きっと喜ぶと思って」

454 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 02:38:00 ID:na8pmVAw (243/252)

ひたぎ「…この街も、変わるのね」

「ああ、街だけじゃない、僕らだって変わるさ」

「戦場ヶ原は、前よりずっと優しくて、綺麗になった」

ひたぎ「暦くんはかっこよく、凛々しくなったわね」

「まあ、こんなバカップルも、今しかできないことかもしれない」

ひたぎ「私はずっと変えないつもりだけれどね」

「そうかい、それは楽しみだな」

駿河「…あれ?阿良々木先輩?」

駿河「ここは…」

ひたぎ「あら、神原、起きたのね」

駿河「戦場ヶ原先輩?」

455 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 02:47:15 ID:na8pmVAw (244/252)

「どうだ神原、驚いただろう?」

駿河「あ、ああ、それはもう」

ひたぎ「この状況、神原がもう少し小さければ、家族みたいね」

「あー、まあそうかもな」

駿河「あっ、も、もう一人で歩ける…」

「いいから、もう少しそうしてろって」

「たまには僕にも役に立たせてくれよ」

駿河「いや、それに関してはもう十分…」

ひたぎ「ねえ神原、どうせならこのままどこかで食事でも行く?」

「それもいいな」

駿河「あ、あの、とにかくまず落ち着かせて欲しい」

「いや、そうはいかん」

「余計なことは考えなくていいんだ、自分のしたいことだけすればいい」

「そのほうが、楽しいぜ?」

456 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 02:54:00 ID:na8pmVAw (245/252)

ひたぎ「そうね」

ひたぎ「神原、もっとシンプルでいいのよ」

ひたぎ「何事も、ね」

駿河「シンプル?」

「これから何があったって」

「僕らはこうして一緒にいられるよ」

「もちろん、羽川だって、千石だって、八九寺だって」

「火憐ちゃんも、月火ちゃんも、忍も」

ひたぎ「全員女の子なのは、少し気に入らないけれど」

「とにかく、みんなずっと一緒だ」

駿河「…もしかして、励ましてくれているのか?」

「…ああ、そうだ」

ひたぎ「そうね」

457 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 03:01:39 ID:na8pmVAw (246/252)

駿河「…」

駿河「ははは、私は本当に、いい先輩を持ったのだな」

駿河「…本当に」グスッ

ひたぎ「あー、よしよし、泣かなくてもいいのよ、神原」

ひたぎ「疲れた時は、ちゃんと私にも愚痴りなさいな」

ひたぎ「私に先輩らしいことをさせてくれても、バチはあたらないと思うわ」

駿河「ううっ、わかりまじだ…」ズビッ

「…」

「なあ神原」

駿河「?なんだ、阿良々木先輩」

「今日は、楽しかったか?」

「何もない一日だったけどさ」

駿河「…そうだな」

458 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 03:02:32 ID:na8pmVAw (247/252)









駿河「…とても、楽しかった」









459 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 03:07:46 ID:na8pmVAw (248/252)

「それなら良かったよ」

ひたぎ「さあ、二人で楽しんだのなら、私も混ぜてもらわないとね」

駿河「どうせなら、羽川先輩も、みんなも呼ぼう」

「そうだな、今日は宴会にしよう」

ひたぎ「急に大丈夫?」

「何とかするさ」

「さて、そうと決まれば準備準備」

ひたぎ「私も手伝えるのかしら」

駿河「今から楽しみで仕方がないな」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうして、皆で、ずっと仲良く暮らしましたとさ

End

460 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 03:10:13 ID:na8pmVAw (249/252)

暦「これで、全部終わりだ」

暦「神原だけじゃなくなってしまって申し訳ない」

暦「思いつきで立てたSSだったが、みんなのおかげでこんなに長く続けることができた」

暦「素直に感謝の言葉しかない」

暦「これからもSSを書くと思うので」

暦「もし見かけたら、よろしく頼む」

暦「皆で楽しめればなによりだ」

暦「それじゃあ、またな」ノシ

461 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 07:01:06 ID:QW283H/c (250/252)

乙楽しめますた

462 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 10:44:28 ID:3lXiirgU (251/252)

また書いてくれよ!


463 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/11/05 11:39:56 ID:77gk2kQ. (252/252)

乙 楽しかった!!

今度は一人一人で書いてみてはどうだろうか

関連記事
[ 2012/11/19 11:57 ] 二次創作 化物語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/676-aa7aa156



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。