スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アムロ「ザクタンク?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/13 23:29:13 ID:/5Xk7yIg (1/219)

地球---カラバ本拠地

ハヤト「ああ、今月に佐川で届く予定だったディジェが遅れてな。生憎今こっちにはMSは出払ってるんだ」

アムロ「まあそれはいい。で、そのザクタンクとやらはどこだ?」

ハヤト「格納庫においてある。こっちだ」
  
スタスタスタ

アムロ(ザクタンクというぐらいだからガンタンクみたいなもんかな?あんまりいい思い出はないなあ、タンク・・・)

元スレッド情報
アムロ「ザクタンク?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1347546553/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/13 23:32:46 ID:/5Xk7yIg (2/219)

ハヤト「これだ」バサッ

アムロ「」

ハヤト「どうした?クーラーならつけてるぞ?」

アムロ「武装ないですやん」

ハヤト「両腕は大型クレーンアームだ」

アムロ「だからそういう問題じゃなくて」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/13 23:43:38 ID:/5Xk7yIg (3/219)

アムロ「せめてさ、銃火器ぐらいつけてくれよ、な?」

ハヤト「わかったわかった。なんか探してくるから・・・」


ハヤト「こんなのしかなかった・・・」

アムロ「25mmガトリング一門かぁ・・・、まあないよりはマシだな」

ハヤト「後大型ウィンチも見つけたからついでにつけとくよ」

アムロ「サンキュ」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 00:04:19 ID:EbbFwq3E (4/219)

アムロ「とりあえずガトリングを右腕につけてみた」

アムロ「・・・だっせえ!」

ハヤト「おいアムロ!敵を発見したぞ!ザク二機だ!」

アムロ「偵察中ってところかな・・・、この機体のいい練習にもなるな!」

アムロ「アムロ!出る!」

キュラキュラキュラ

アムロ「・・・」

キュラキュラキュラ

アムロ「何だろうこの出鼻をくじかれた感じ」

ハヤト(おっせえwwwww)

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 00:11:31 ID:EbbFwq3E (5/219)

アムロ「いたぞ、おや?ザクⅠじゃないか。まさかこんなロートル機と出会えるとは」

アムロ(でもこいつよりは機体性能いいんだろうなあ・・・)

アムロ「・・・そこだ!」

ガガガガガガ

連邦兵「あーあ、いくらなんでもジムがないからってこんなロートル機、おまけにザク・・・」

連邦兵「まあ楽な偵察任務だ。グルッと周って基地で一杯・・・」ガガガガガ

連邦兵「な、なんだ?敵襲か!?」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 00:19:50 ID:EbbFwq3E (6/219)

アムロ「うおおおおおお!!」

キュラキュラキュラキュラ

連邦兵「・・・あれは、ザクです!下半身がタンクの!」

連邦兵「はあ?お前ふざけて・・・ない、確かにザクだ」

アムロ「ふふっ油断してるな・・・くらえ!」ガガガガガガ

連邦兵「う、うわあ!!」バチバチバチ

連邦兵「何!?あっというかに行動不能に!?何者なんだあのパイロット!」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 20:58:47 ID:EbbFwq3E (7/219)

再開、基本グダグダいくよ

連邦兵「くそっ!あんなタンクもどきにやられるわけがない!くらえ!」バババババババ

アムロ「」キュピーン

連邦兵「な、なんだあの機動は!キャタピラでできる動きではない・・・!」

アムロ「もらった!」ババババババ

連邦兵「ぐわーー!」ドガーーン

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 21:02:59 ID:EbbFwq3E (8/219)

アムロ「あ、一機破壊してもーた。捕獲して武装かっさらおうと思ったのに」

アムロ「まあいいか。こいつをウィンチにつなげて・・・」

キュラキュラキュラ ズリズリズリ

アムロ「流石に作業用だけあって馬力はあるなあ」

キュラキュラキュラ ズリズリズリ

アムロ(後で砂落とさないと)

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 21:14:12 ID:EbbFwq3E (9/219)

アムロ「ただいま」

ハヤト「おかえり、大物を持って帰ってきたなあ」

アムロ「さすがに武装がガトリングだけってのもね、駄目だと思って」

アムロ「ガムテープでつけてたから外れそうでヒヤヒヤしたよ」

ハヤト「そうそう、装備というとこっちも調達しといたぞ!」

 大型ドーザー 
 カーナビ
 車載テレビ

アムロ「・・・」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 21:27:01 ID:EbbFwq3E (10/219)

アムロ「武器もってこいよ!!」

ハヤト「!!!!」

アムロ「なんでいま気づいたみたいな顔してんだよ!!」

ハヤト「いや、砂漠は退屈だとおもって・・・」

アムロ「戦場に出るのに退屈も暇もないだろう!はあ・・・もういいや」

ハヤト「あ、ドーザーは自分で塹壕掘るのに便利だぞ」

アムロ「そういうとこは気が利くな」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 21:42:28 ID:EbbFwq3E (11/219)

---三日後-----

アムロ「うーん、いい加減エンジンを高機動のに変えたいんだけどなあ。今のやつ燃費悪いんだよな」

アムロ「というわけでアナハイム社のカタログを見ることにしたんだが、わりと安いなあ」

アムロ「ふむふむ、今ならエコカー補助金で十万円安くなるのか。この赤い彗星印のやつがほしいなあ」

アムロ「でも割高なんだよな。いっそのこと1ランク安い真紅の稲妻印のやつにしようかな」ブツブツ

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 21:50:53 ID:EbbFwq3E (12/219)

ハヤト「おいアムロ!装備を調達してきたぞ!」

アムロ「どうせ次は掘削用ドリルでも仕入れてきたんだろ?」

20mmバルカン ×2
ビーム・ライフル
ビームナギナタ
クレイ・バズーカ
高機動エンジン(赤い彗星印)

アムロ「!!!」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 22:56:05 ID:EbbFwq3E (13/219)

アムロ「ビームライフルにビームサーベル!」

アムロ「おまけにバルカンにバズーカ!」

アムロ「そして今一番ほしかった赤い彗星印のエンジン!!」

ハヤト「ははは、喜んでくれてよかったよ」

アムロ「しかしこれだけの装備、いったいどこから調達してきたんだ?」

ハヤト「ディジェを分解したんだ」

アムロ「」

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 23:00:24 ID:EbbFwq3E (14/219)

アムロ「・・・え?」

ハヤト「いやだからさ、ディジェを分解したんだって。あ、コックピットとかも残ってるから後で改修しとくよ」

アムロ「え?なんで分解したの?え?え?んん??」

アムロ「そ、そのディジェ俺が乗るために送られて来たんだろ??

ハヤト「いや、ザクタンクがあると思って・・・」

アムロ「」

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 23:05:26 ID:EbbFwq3E (15/219)

ハヤト「あいつが部屋に閉じ篭ってはや3時間」

ハヤト「こりゃー悪いことしちまったようだな俺」

ガチャッ

アムロ「・・・ハヤト、ザクタンクの改修はできたか・・・?」

アムロ「あ、ああ一応な。てかお前目真っ赤・・・」

アムロ「その辺をテストがてら偵察しにいってくる」

ハヤト「あ、ああわかった。だが最近この辺りを連邦のMS中隊が移動してると・・・行っちゃった」

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/14 23:27:29 ID:EbbFwq3E (16/219)

----30分後-----

アムロ「ただいま」

ハヤト「」

ハヤト「あ・・・ありのまま今起こったことを話すぞ!
 
おれはアムロを見送ったと思ったらいつのまにか帰ってた・・・

な・・・何を言っているのか、わからないと思うがおれも何をしてきたのかわからなかった・・・

機体がどうにかなりそうだ・・・(整備的な意味で)

キャタピラだとか赤い彗星だとかそんなチャチなもんじゃあ、断じてない

ニュータイプの恐ろしさの片鱗を味わったぜ・・・」

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 00:09:55 ID:fYk/DMAc (17/219)

アムロ「あーすっきりした!さすがに61式戦車20台とジムⅡ12機はきつかったなあ」

アムロ「おかげで改造パーツにはしばらく困らんぞ!」

ハヤト(ニュータイプ・・・すげえ・・・)

アムロ「ディジェの360度全天コクピットもいい感じだしな。うむ!」

ハヤト「す、すまんアムロ!ディジェを分解しちまって!」

アムロ「ん?ああ!もう気にしてないさ!はは!ははははは!」

ハヤト「目が泣いてるぞアムロ・・・」

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 00:28:37 ID:fYk/DMAc (18/219)

アムロ「さっそく捕獲してきた61式の155mm滑空砲とスモークディスチャージャーをつけた」

アムロ「これで今の武装は・・・」

〈両肩〉 155mm二連装滑空砲 ×2
〈左マニピュレータ〉クレイ・バズーカ
〈右マニピュレータ〉60mmバルカン砲 ×4
〈車体〉55mmバルカン・ファランクス
〈車体側面〉スモークディスチャージャー ×4

アムロ「やっぱビーム兵器がほしいな。早くジェネレーターも更新しないと」

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 00:50:23 ID:fYk/DMAc (19/219)

-----しばらくして-----

ハヤト「おいアムロ。こっちにエゥーゴのやつらが来るそうだぞ」

アムロ「へえー、誰が来るんだ?」

ハヤト「えっと・・・クワトロ大尉とメカニックのアストナージだな。ダカールの連邦議会場まで届けてほしいんだと」

ハヤト「アストナージはザクタンクの整備をしてくれるようだ」

アムロ「こいつにマグネットコーティングでも施してくれるといいなあ」

34 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 18:48:23 ID:fYk/DMAc (20/219)

キィーーーーン

ガデム「少佐、そろそろカラバの本拠地辺りですぜ」

クワトロ「ああ、すまないなガデム。しかし大尉がタクシー会社をしていたとは・・・」

ガデム「いまさら平和な老後を送ろうたって無理な話ですわい。当時の部隊にいた奴らを集めましてね。ほい着きましたぜ」

クワトロ「ご苦労だったなガデム。えっと宇宙からだから・・・いくらだ?」

ガデム「480000円になります」

クワトロ「安いもんだな」バサリ

アストナージ(まさかの現金払い!!)

35 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 18:54:47 ID:fYk/DMAc (21/219)

カツカツカツ

クワトロ「クワトロ・バナージ大尉。ただいま到着」

ハヤト「よくきてくださったな大尉。アムロはもう少しで帰ってくるはずです」

クワトロ「それまで基地内を探索させてもらうとしとくよ」

ハヤト「ご自由にどうぞ。アストナージさんはいかがなさいますか?」

アストナージ「アムロ大尉が帰ってくるまで格納庫で待っとくよ。こいつを持ってきたんでな」バン

36 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 19:40:42 ID:fYk/DMAc (22/219)

キュラキュラキュラ

アムロ「ただいまー、今日はジム小隊潰してきたわー。あ、シャア」

クワトロ「お、帰ってきたかアムロ。久しぶりー」

アムロ「おいおいなんだい久しぶりにあったと思ったらそのノースリーブにグラサン、似合わねーな」

クワトロ「今の私はクワトロ・バジーナだ。それ以上でもそれ以下でもないっ」キリッ

アムロ・クワトロ「wwwwwwwwww」

ハヤト「何この光景」

37 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 20:08:11 ID:fYk/DMAc (23/219)

アストナージ「アムロさんちーっす、ザクタンクの整備しときますねー」

アムロ「君がアストナージ君か。かなり腕がいいと聞く、期待してるよ」

アストナージ「まかしてくださいよーww」

タッタッタッタ

アムロ(大丈夫かなぁ、DQN仕様のザクタンクとか誰得だよ)

38 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 20:29:57 ID:fYk/DMAc (24/219)

アストナージ「アムロさーん、終わりましたー」

アムロ「ほほぅ、どこが変わったんだ?」

アストナージ「とりあえずボンドで接着してた武装を溶接しときました」

アムロ「ああ、そいつは助かったよ。なにしろアロンアルファがなかったもんでね」

アストナージ「それと後ろにコンテナをつけときました。中にガソリンタンクと弾薬庫がつまってます」

アムロ「おお、そいつも助かったよ。何しろ帰りにガソリン切れて155mm砲の反動で帰ってきたから」

ハヤト「いつかバンバン言ってたのお前のせいだったのか」

アストナージ「後何か大分無茶なことしてきましたよね?」

アムロ「あ、ああ。キャタピラで平行移動したり飛んだり超信地旋回やったり・・・」

アストナージ「明らかにキャタピラではできない動きばっかしてたんで相当ガタが来てましたよ」

アムロ「いや、すまない・・・」

アストナージ「そこでマグネット・コーティングを施しておきましたよ」

アムロ「なんと」

39 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 20:35:38 ID:fYk/DMAc (25/219)

アストナージ「それも一年戦争時にガンダムにやったやつより改良されてるんですよ」

アムロ「へー・・・。てかなんでお前がMCの技術持ってんの?」

アストナージ「ほら、僕あの一年戦争の後バスクさんの弟子になったんですよ。その時に色々整備技術とか教えてもらって」

アムロ「懐かしいなあ、マグネットコーティングがなかったら俺今頃ここにいないもんなあ」

アストナージ「バスクさんも弟子達に自慢して回ってるんですよ。『俺はあの英雄、アムロ・レイのガンダムにMCをやったんだぜ?』って」

アムロ「俺の実践データのおかげで改良、それをまた俺のMSにやる・・・か。不思議な縁があるもんだ」

40 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 20:38:03 ID:fYk/DMAc (26/219)

アムロ「おいアストナージ。バスクってよく考えたら誰だよ。確かモスク・ハン博士じゃなかったか?」

アストナージ「あっ、忘れてた☆」

アムロ(でもバスクという名前、何かピーンと来るものが・・・。近いうちに会うのかもな)

41 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 21:34:52 ID:fYk/DMAc (27/219)

アムロ「早速試運転と行こうじゃないか」

クワトロ「いってらー」

ギュギュギュラララ!!

アムロ「!!」

アムロ「この加速力、スピード!最高だぁ!」

アムロ「これで砂の上でもスピードを落とさずに・・・ギャリギャリギャリ

アムロ「な、なんだ?急に止まったぞ!?」ギ・・ギ・・ギギ

シュイーン スタッ

アムロ「うわあああ砂鉄がつまってるうううぅぅぅ」

43 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 22:41:19 ID:fYk/DMAc (28/219)

アムロ「な、なぜ・・・そうか!マグネットコーティングの磁力で引き寄せられたのか・・・」

アムロ「参ったなあ、とりあえず基地のほうに通信いれとくか」カチ ピピピ

アムロ『あ、ハヤト?色々あってザクタンク動かねーんだわ。高圧洗浄機もってきてくれ。うんおk、んじゃ』ピピッ

アムロ「さーて、暇だしツタヤで借りたブラックホークダウンでも見ようかな」 ウィーン カチ

45 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 22:52:47 ID:fYk/DMAc (29/219)

----数十分後-----

アムロ「zzZ」

連邦兵「隊長!2キロ先に所属不明のMSらしきものが!」

小隊長「ふむ、確認しにいくか」


連邦兵「見えてきました。あれは・・・ザク?いや、違うぞ・・・?」

小隊長「あれはザクタンクじゃないか。なんと古い・・・」

連邦兵「えらく重武装ですね。ほっときましょうか?」

小隊長「いや、一応無線で呼びかけてみよう。まあ人が乗ってるとは到底考えられんが・・・」

連邦兵『あー聞こえるか?こちらは地球連邦軍だ。聞こえてたら応答せよ。繰り返す、応答せよ』

アムロ「zzZ」

連邦兵「応答ありません。無人のようです」

小隊長「よし、早くダカールの警護任務にいかなくてはな、急ぐぞ!」

ギャシャン ギャシャン

アムロ「・・うーん」zzZ

46 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 22:58:23 ID:fYk/DMAc (30/219)

アムロ「・・っは!うっかり寝てた・・・ハクシィーン!」

アムロ「うーん、風邪引いたかな、クーラーの設定21℃にしてたわ・・・」ブルル

アムロ「ん?無線に留守電がきてた」カチリ

『あー聞こえるか?こちらは地球連邦軍だ。聞こえてたら応答せよ。繰り返す、応答せよ』

アムロ「連邦軍?近くに来てたのか。寝起きがてらにちょちょっとウォーミングアップしときたかったなあ」

47 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/15 23:18:15 ID:fYk/DMAc (31/219)

ブロロロロ

ハヤト「おーいアムロ、お望みの高圧洗浄機もって来たぞ」

プシュー

アムロ「ん、サンキュ。これで砂鉄が落とせる」

シャアアアーーーーーーー キラーン

アムロ「・・・うん。こんなもんだな」

ハヤト「帰りはどうするんだ?」

アムロ「??」

ハヤト「いや、行きでついたんなら帰りも砂鉄がつくだろ?」

アムロ「大丈夫だよ。こんなこともあろうかとアストナージが切り替えスイッチつけといてくれてるから」カチ

ハヤト「へー・・・」

50 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 18:08:49 ID:an73JUf6 (32/219)

アムロ「クワトロ、そろそろダカールに行かないと間に合わないぞ。集合の五分前には着けってララァに教わらなかったか?」

クワトロ「今いいとこなんだけどなあ。仕方ない」ドッコイショー

アムロ「どっこいしょって・・・」

クワトロ「私も年をとって来たもんだ」



アムロ「いくぞ」

クワトロ「え?ザクタンクでいくの?」

51 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 18:41:43 ID:an73JUf6 (33/219)

アムロ「え?」

クワトロ「え?」

クワトロ「いや、ディジェは?届いてるはずだろ?」

アムロ「これ」クイ

クワトロ「え?」

アムロ「え?」

クワトロ・アムロ「???」

52 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 18:44:33 ID:an73JUf6 (34/219)

----説明中-----

アムロ「という訳なんだ」

クワトロ「ふむふむ、要するに今はザクタンクしかないと・・・」

アムロ「ただのザクタンクじゃないぞ?」

クワトロ「見りゃわかる」

アムロ「マグネットコーティングもしてるんだぜ?」

クワトロ「すげえ!」

55 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 19:20:22 ID:an73JUf6 (35/219)

ティターンズ メロゥド内部

ジェリド「何?敵のガルダが来ない?」

メロゥドオペレーター「ええ、レーダーにはそれらしき機影が写らず・・・」

ジェリド「降下するならこの辺だと占いで言ってたのだがなあ・・・」

メロゥドオペレーター「占い・・・ですか。えらく細かい所まで占ってくれますね」

ジェリド「夢にでてきてな。頭にホクロのついた薄緑のワンピースの女でな・・・」

メロゥドオペレーター「私もその夢見れますかね」

ジェリド「さあね」

57 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 19:46:59 ID:an73JUf6 (36/219)

アムロ「ところでアストナージ、コンテナの装甲は大丈夫なんだろうな?」

アストナージ「と、いうと?」

アムロ「いや、敵弾が直撃したら大惨事になりそうなんだが」

アストナージ「・・・」

アムロ「おいこっち向けよ、おい」

58 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 19:57:19 ID:an73JUf6 (37/219)

ジェリド「しかし療養しに地球に降りてきたのにいきなり作戦に狩り出されるとはね。はやくキリマンジャロ基地に戻りたいもんだ」

メロゥドオペレーター「でもエゥーゴのやつらは確認できませんし楽に終わるでしょう。後で一杯やりましょう」

ジェリド「そうだな。マウアー辺りも誘ってパーっとやるかぁ」

メロゥドオペレーター「ん?」

ジェリド「どうした?エゥーゴのやつらが来たのか?」

メロウドオペレーター「いえ、なにやらレーダーに高速で移動するMSらしきものが」

59 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 20:06:28 ID:an73JUf6 (38/219)

ジェリド「確認できるか?」

メロゥドオペレーター「はい、ええっと・・・出ました。これは・・・」

ジェリド「・・・ザク?いや、下半身がキャタピラ?」

メロゥドオペレーター「あれは作業用ザクですね。いわゆるザクタンクってやつです。地上勤務のときに何回か見ました」

ジェリド「ふーん。作業用にしてはえらくいい装備だな。なんにせよ一機ごときに構ってる暇はない」

メロゥドオペレーター「ですね。とっととダカールに向かいましょう」

ゴウンゴウンゴウン


キュラキュラキュラキュラ

アムロ「zzZ」

クワトロ「何でオートパイロット機能まで付いてるんだこのザクタンク」

60 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 20:36:26 ID:an73JUf6 (39/219)

メロゥドオペレーター「中尉、ダカールが見えてきました」

ジェリド「ある筋からの情報によるとエゥーゴの軍人が演説にくるらしい」

メロゥドオペレーター「へぇ、また占いですか?」

ジェリド「いや、ネットとは便利なもんでな」


『明日ダカールに演説しにいくけど質問ある?』
1 以下、赤い彗星がお送りします
  なんかある?

2 以下、ダメ兄貴がお送りします
  >>1シャア乙

3 以下、ソロモンの悪魔がお送りします
  そんなことより明日俺コロニー落とすんすよwwww

4 以下、ニンジン嫌いがお送りします
  >>3俺明日コロニー落とし止めに行くんすよwwww

ジェリド「ダカールに演説か・・・」

61 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 23:29:28 ID:an73JUf6 (40/219)

ジェリド「まあ、そういうわけでダカールについたわけだが」

メロゥドオペ「屋台出てますね。焼きそば買ってきます」

メロゥドエンジニア「おい機銃手、ビール買いに行こうぜ」

メロゥド機銃手「ふひひ、可愛い子が注いでくれるといいなあ」

ジェリド「ちょっとしたお祭り状態だった・・・」

マウアー「ねえジェリド、私たちも見て回りましょうよ」

ジェリド「おお、マウアー・・・そ、その格好はどうしたんだ!?」

マウアー「ジパングに伝わるという服でKIMONOと言うらしいわ。どう?似合う?」

ジェリド「・・・すっげえ可愛い」

マウアー「まっ///」



クワトロ「リア充抹殺リア充滅殺リア充爆破・・・」ギリギリ・・・

アムロ「おいシャア、何してんだよ行くぞ」

62 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 23:35:35 ID:an73JUf6 (41/219)

-----数十分後-----

ピンポーン

『間もなく議会場において、本日のメインイベントの演説会が行われます。皆様どうぞ御参加なさってください』

ジェリド「おっと、マウアー。そろそろ時間だしメロゥドに戻ろうか」

マウアー「そうね、今日はとっても楽しかったわね!」

ジェリド「そ、その・・・マウアー、あれだ」

マウアー「どうしたのジェリド?」

ジェリド「またさ、暇ができたら一緒にさ、どこか遊びに行こうなんて・・・」

マウアー「ふふっ、いつもの威勢はどうしたのよ。もちろんOKよ」

ジェリド「そ、そうか!いやあ休暇が待ち遠しい!」

マウアー(あんなにはしゃいじゃって・・・可愛い一面もあるのね)フフッ



クワトロ「ちくしょーーー!!もうこんな世界はいやだ!いつか絶対コロニー落としてやるぞおおおぉぉぉ」

アムロ「よ、よせよシャア。通行人が見てるってば・・・」

63 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/16 23:45:42 ID:an73JUf6 (42/219)

ダカール、連邦議会場内

議員「・・・でありましてー、あーこのような席を設けれたことは、えーとても名誉に思えることでありー・・・」

クワトロ(長い・・・)ウトウト

アムロ(あ、TUTAYAにブラックホークダウン返すの忘れてた。うわー延滞料金取られるわー)

議員「えー、でありましてー、最初の議題は〔第三次きのこたけのこ紛争の可能性と事前阻止の方法について〕です」

アムロ(うっわーどうでもいいー。あ、俺はたけのこ派)

クワトロ(私はキノコ派だ)ピキーン

アムロ(!?)ピキーン

アムロ

68 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 17:47:04 ID:qNpdsbH2 (43/219)

アムロ「」ピキーン

スッ

クワトロ「ふわぁ・・・ん?アムロはどこだ?つーかそろそろ時間だ。ボチボチ準備すっか」ボリボリ



ジェリド「バイアランの様子はどうだ?」

メロゥドエンジニア「ええ、いつでも出撃可能です」

ジェリド「そうか。そろそろ会議も終わりかけだ。何も起こらないのが一番いい」

メロゥドエンジニア「ええ、無駄な殺生はしたくありませんものね」

議会場モニター『キノコハノヤツラヲシバリアゲロー  コノヤロウハナセチクショー  タケノコバンザイ!!』

69 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 17:59:41 ID:qNpdsbH2 (44/219)

ツカツカツカ

アムロ「何か予感がするから出撃準備をしておこう」布バサリ

アムロ「あ!落書きされてる!クソ餓鬼め・・・」フキフキ


議員「えー、まあ、結論は結局出なかったので、ここらへんでお開きと・・・な、なんだね君は!」

クワトロ「待った!会議を閉まる前に聞いてほしいことがある!」

クワトロ「突然の無礼を申し訳ない。私はクワトロ・バジーナ。エゥーゴ所属の大尉だ」

ジェリド「エゥーゴめ、やはり現れたか!バイアラン出撃準備!

ゴオオオォォォ

アムロ「」ピキーン

アムロ「この感触、敵っぽいな・・・ザクタンク出る!」

キュラキュラキュラ

70 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 18:13:37 ID:qNpdsbH2 (45/219)

アジス「くそっ、エゥーゴめ!好き勝手始めやがって!アジス出る!」ゴオオオォォォ

ジェリド「アジス、お前は西側だ。俺は東を担当する」

アジス「了解、派手に暴れてやりましょう!」

キャーモビルスーツヨー  ニゲロー  イエーイオレウツッテルー?

議員「おい、外でMSが暴れているぞ!早く逃げなければ」

議員「くそっこれもエゥーゴの仕業か?早く閉会しろ!」

クワトロ「私はかつてシャア・アズナブルと呼ばれた事もある男だ」

議員「何?あの赤い彗星だと!?」

議員「そんな馬鹿な!なぜジオンの軍人がエゥーゴなんぞに・・・」

クワトロ「私はこの場を借りて、ジオンの意志を継ぐ者として語りたい」

クワトロ「もちろん、ジオン公国のシャアとしてではなく、ジオン・ダイクンの子としてである」

議員「何っ!?あのジオン・ダイクンの息子だと?」

アジス「ジオン・ダイクンの子?そんなうそに呑まれるか!」ガシャーン

民間人「くそ、なんだあの黄色と黒のMSは・・・!なぜここで暴れているんだ!」

71 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 19:41:04 ID:qNpdsbH2 (46/219)

ジェリド「ふはははは!そうだもっと逃げろぉ!」ピシューーン  ピシューーン

アジス「あーあ、ジェリド中尉興奮して・・・ん?レーダーに敵影だと?」

キュラキュラキュラ

アムロ「MSは・・・2機だけか。よしやれる!」ガガガガガガガガ

アジス「中尉!謎のMSが発砲してきました!」

ジェリド「何!?あいつはあのザクタンクとやら!無人じゃなかったのか・・・」

アジス「どうしますか?」

ジェリド「我がティターンズに盾突くやつはみんな敵だ!あんなロートル機瞬間でぶっ壊してやる!」ゴオオォォォ

ジェリド「くらえ!メガ粒子砲!」ピシューーン

アムロ「遅い!」バッ  キュラキュラ

ジェリド「「何だと!?」

72 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 19:58:48 ID:qNpdsbH2 (47/219)

余裕でビームをよけるアムロ。平行移動ついでに上半身を45度回転させ、バイアランを狙い打つ

アムロ「そこか!」ガガガガガガガガ

ジェリド「ふん、そんなマシンガンごときで・・・」カンカンカン

ジェリド「あ、当たっただと!?このバイアランのスピードでも予測射撃ができるのか・・・!」

アムロ「貰った!」バシューーン

ジェリド「くっ、間に合え!」シュウーーン

間一髪でクレイバズーカをよけたジェリド。しかし気がついたらアムロは視界から消えていた

ジェリド「な、なに!どこに消えた!」

73 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 20:02:36 ID:qNpdsbH2 (48/219)

アムロ「うおおおぉぉ!!」

アジス「やらせん!」バシューーン

アムロ「!!くっ、もう一人いたことを忘れていた・・・」ギャシューン

ジェリド「こちらジェリド!今すぐ援軍MSをたのむ!」

メロゥドオペレーター「こちらメロゥド、了解。3機のGMⅡが出撃します」

ティターンズ兵「はっ、中尉も敵のタンクもどきなんぞ破壊できんとはな、そんなもの俺が一撃で!出撃!」バシューーン

キイイィィィン

アムロ「くそ、敵が増えたか・・・!」

74 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 20:05:39 ID:qNpdsbH2 (49/219)

ジェリド「GMⅡ部隊は敵の横を突け!おいGMⅡ部隊、聞こえてるのか!」

ティターンズ兵「はっ!誰がお前なんぞの言うことなんて聞くか!あんなもんビームライフルで一撃だ!」

ビシューン ビシューン  ビシューン

アムロ「甘い!」ッス 

ティターンズ兵「さ、三機もの攻撃から避けただとぉ!?グワァ!」ドカーーン

アムロ「まずは一機目・・・!」

75 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 20:09:40 ID:qNpdsbH2 (50/219)

ティターンズ兵「くそ、敵は接近用の武装はもってないはずだ!突撃!」ビィーン

ゴオオオォォォ

アムロ「こっちが接近戦対策をしてないとでも思ってるのか!スモーク展開!」

モクモクモク

ティターンズ兵「・・・っ!煙幕か!」

アムロ「ここか!」ドォーーーン

アムロは経験と勘を頼りに肩の155mm二連装滑空砲を発射。敵はそれをもろに喰らう

ティターンズ兵「ぐわあぁぁぁぁ」ドカーン

アジス「あ、あっというまにGMⅡが二機も・・・!どんな悪い夢だ!」

76 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 22:17:25 ID:qNpdsbH2 (51/219)

ジェリド「くそっ!ここは引くしかない!総員帰艦するんだ!」

アジス「・・・」

クワトロ『人生ロリがすべて!私はここに誓う!いつか近い未来、我らの楽園、ロリ・ジオンを結成することを!!』

ウオオオォォォーー  シャアイイゾー

アジス「ロリ・・・ジオン・・・」ゴクリ

ジェリド「何がロリだ。気持ち悪い!あんなものを好くからいつまでたってもオールドタイプなんだ!」

アジス「!」ピクリ

このときアジスは誓った。「俺は必ずこの戦争を生き抜いてみせる。そしていつかロリジオンに!」

数年後、ロリジオン結成に大きく貢献できたのはまた別の話

78 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 22:49:34 ID:qNpdsbH2 (52/219)

アムロ「ふう、なんとか撃退できたか」

議員「ロリジオン!期待していますぞシャアさん!」

クワトロ「任してください、かならずや我らの楽園を作り上げて見せます!」

ハハハハハ

アムロ「あの反応を見るとどうやら演説は成功らしいな」

アムロ(でもロリジオンってなんだ?)

79 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 22:58:35 ID:qNpdsbH2 (53/219)

メロゥド ブリッジ

ジェリド「うちの戦力は結局GMⅡ三機全滅でバイアランも修理が必要。無事なのはアジスのアッシマーだけか」

メロゥドオペレーター「壊滅的ですね。今敵に襲われたらなすすべがありません」

ジェリド「一旦キリマンジャロ基地へ戻って補給を受けるしか・・・」

プシューー

メロゥドブリッジ員「中尉、あの謎のMSの解析ができました」

ジェリド「ふむ、あいつはいったいなんなんだ?只のタンクもどきではないんだが・・・」

ブリッジ員「はい。まず武装は肩の二連装キャノン、バズーカに腕部のガトリング砲。それにタンク部分にもバルカン砲らしきものを確認しています」

ジェリド「武装もそうなんだがあの機動性、MSにも何やら改造を施してあるのは間違いないしあれを操縦していたパイロットの存在も・・・」

ブリッジ員「エゥーゴ派の部隊のMSなのは間違いありません」

80 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 23:02:55 ID:qNpdsbH2 (54/219)

ジェリド「何はともあれまずは補給に向かおう。メロゥドをキリマンジャロ基地の方向へ」

メロゥドブリッジ員「はっ!」

ゴウンゴウン

アムロ「敵の戦艦が退却していくな」

クワトロ「確かあの方角にはティターンズの基地があると聞いたな。大方補給しに向かうのだろう」

アムロ「ふむ、ここらでティターンズのやつらを叩いておくのもいいな」

クワトロ「あそこはティターンズの地球最大の基地だからな。叩いておいて損はないはずだ」

アムロ「よし、この作戦で行こう」

クワトロ「え?俺たちだけでやんの?」

81 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 23:06:54 ID:qNpdsbH2 (55/219)

アムロ「そっちはそっちで忙しいんだろ?」

クワトロ「あ、ああ。早く本隊へ合流しないといけないんだが・・・。お前一人じゃさすがに無理だ。私も手伝うよ」

アムロ「いいのかシャア?」

クワトロ「とりあえずアーガマのほうに通信を入れとくよ」

アムロ「すまんな。演説に来ただけなのに巻き込んでしまって」

クワトロ「構わんよ。今の私は清清しい気持ちで胸がいっぱいだからな」

82 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 23:11:18 ID:qNpdsbH2 (56/219)

クワトロ『あー、ブライト艦長か?こちらクワトロ、訳あってもうすこし地球に滞在したい』

ブライト『何?ただでさえ戦力が少ないのに大尉に抜けられたら困る!』

ブライト『アクシズから通信が来てな。お呼ばれしてるんだ。蹴ることもできないし向こうの条件はクワトロバジーナの同行なんだよ」

クワトロ(ハマーンめ、この忙しいときに・・・)

クワトロ『よし、アクシズの件は私が何とかしよう。とにかくこっちにしばらくいることにする』

ブライト『ああ、頼んだ』プツン

クワトロ「・・・さて、アクシズへの電話番号は」ペラペラ

83 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/17 23:29:27 ID:qNpdsbH2 (57/219)

ブライト「何?ネオ・ジオンから通信?」

トーレス「ええ、先の会談についてですがクワトロ大尉が帰ってくるまでは延期でいいと」

ブライト「そんなにクワトロ大尉は重要なのか・・・」



マシュマー「ハマーン様、お申し付けのとおり会議延期の通達をいたしました」

ハマーン「うむ、ご苦労だったなマシュマー。下がってよいぞ」

マシュマー「はっ、また何なりとお申し付けくださいませ。このマシュマー、たとえ地の果てでも・・・」

ハマーン「もうよい!とっとと下がらぬか!」

マシュマー「は、はひ!」バタン

マシュマー「怒られた、ハマーン様に怒られた・・・」シュン

ハマーン「・・・」

ハマーン「シャアめ、会議を延期しなければ黒歴史を公開するか・・・」

ハマーン「・・・///」←思い出して悶絶中

ハマーン「うー///」ジタバタ

87 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/18 21:35:01 ID:SqZkTMM2 (58/219)

シャア「議会を延期しなければ黒歴史を公開か、私もなかなか鬼畜なことをする」フフ

シャア「黒歴史・・・か」

------約8年前-------

ハマーン(12歳)「しゃあ!今日は何をして遊ぶの?」

シャア「今日はね、これをつけて遊ぼうか」

ハマーン「ん?耳と尻尾?」

シャア「ああ、これはネコミミと言ってな。古来よりJAPANに伝わる三種の神器の一つなんだ」

ハマーン「なんかよくわからんけど凄そうだな!」

シャア「そしてこれをつけれるハマーンはもっと凄いんだよ。誰でも安易に使用できるものではないんだ」

ハマーン「!!、私は凄いのか!さっそくこれを着けてくれ!」

シャア「ジッとしてろよー・・・」カポ

ハマーン「ど、どうだシャア?似合うか?」

シャア「ああ、最高に似合うよハマーン。さあ仕上げにこの尻尾をつけようか」

88 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/18 23:20:34 ID:SqZkTMM2 (59/219)

ハマーン「ど、どうだシャア!ちょっとお尻が痛いけど!」

シャア「やはり尻尾があるとないではぜんぜん違うな!最高だよハマーン、いやハニャーン!」

ハニャーン「は、はにゃーん?・・・可愛い!私は今日からハニャーンだ!ニャーン♪」

シャア「もっと!もっとだ!」

ハニャーン「ニャア♪シャア大好きだニャア~」

シャア「ユニバアアアアアァァァァァァス!!!」

90 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 00:25:03 ID:b1mOC8qw (60/219)

シャア「・・・また食事ぐらい誘うか」


ハマーン「!」ピキーン

ハマーン「近いうちにシャアに会える予感が!お出かけ用の服を出しておかなければ」イソイソ


アムロ「キリマンジャロ基地はここから何キロくらいある?」

ハヤト「ざっと80kmってとこかな」

アムロ「ガソリンがギリギリだな。ド・ダイ改はあるか?」

ハヤト「ああ、ちょうど一機余ってるぞ。けどクワトロ大尉も行くんだろ?足りないぞ」

アムロ「そもそもあいつが乗るMSがないじゃないか。どうするつもりなんだろな」

ハヤト「そこは我々カラバに任せてほしいな!」ドヤァ

91 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 00:29:01 ID:b1mOC8qw (61/219)

カラバ隊員「ハヤトさん。今届きましたよ」

ハヤト「ちょうどいいタイミングだったな。あ、判子は二段目の引き出しにあるよ」

カラバ隊員「助かります」タッタッタ

ハヤト「アムロ、AE社に発注してたMSが届いたようだ。見に行こう」

アムロ「クワトロを呼んでくるよ」



アムロ「おーいシャア、なんかお前が乗るMSが届いたようだ。一緒に見に行こうぜ」コンコン

アムロ「・・・おーい、聞こえてるんだろ?」

ガチャリ

シャア「なあ、そのMSにネコミミと尻尾はつけれるか?」

アムロ「はあ?」

98 : フェルメ@LWR[] : 2012/09/19 20:36:18 ID:b1mOC8qw (62/219)

ハヤト「これだ!」ババーン

シャア「こ、これは・・・!」

ハヤト「そう!陸戦用百式改さ!百式を再設計して大気圏内での運用も可能にしたんだ。水中でも大丈夫さ!これで---」

シャア「違う!!」

ハヤト「!?」

シャア「こんな機体では尻尾はおろかネコミミさえつけれんではないか!」

ハヤト(何をいってるんだこいつは!?)

アムロ(・・・シャア、お前にいったい何が・・・)

99 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 20:41:53 ID:b1mOC8qw (63/219)

変な名前つけちゃった

シャア「まったく、もっと似合うMSはないのか!」

ハヤト「と、いったってこいつも我々カラバの運営費から削りだしてようやく発注できたのに・・・」

シャア「そんなことはどうでもいい!要はネコミミが似合うか否か、その二つだ!」

アムロ「シャ、シャア。そんなわけのわからんことはいいから早く試運転「どうでもいいだと!?」

シャア「貴様らはネコミミと尻尾の重要性がまったくわかっていない!もういい、私が直接探す!」

カツカツカツ ガチャリ カツカツカツ

ハヤト「・・・よかれと思って、思って、趣味のボーダーブレイクも我慢してたのに・・・」グスン

アムロ「・・・泣くなハヤト。いつかこいつも日の目を見れる日が来るさ・・・」

100 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 20:56:25 ID:b1mOC8qw (64/219)

シャア「ふむ、ジム系統は論外。連邦のMSはピンとこないのばっかりだ」ペラリ

シャア「やはりジオンのMSなのか・・・」ペラリ

シャア「ふむ、今はジオニック社は戦闘用のMSは開発してないのか。おや、これは・・・」

『あのアイドル、アッガイが熊に!?ベアッガイ登場!限定モデルでMSサイズの模型も販売します!』

シャア「!」キュピーン

シャア「これだぁ!」

102 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 21:28:03 ID:b1mOC8qw (65/219)

ハヤト「はあ!?ベアッガイを買ってほしいだぁ?」

アムロ「・・・だそうだ。いきなりカタログを持ってきてな」


シャア「アムロ!ネコミミだぞ!」ガチャリ

アムロ「まず人の部屋に入るときはノックをせんかい」

シャア「そんなことよりな、ネコミミだぞ!ネコミミ!」バサリ

アムロ「何だよいきなり・・・、ん?これを見ろと?」

『あのアイドル、アッガイが熊に!?ベアッガイ登場!限定モデルでMSサイズの模型も販売します!』

アムロ(・・・ベアッガイ?ああ、アッガイとベアをかけてるのか?」

アムロ(しかしこのMS、とても戦闘用には・・・)

シャア「早速これを補給してもらえないか聞いてきてくれ!その間に私はこいつに合うネコミミの材料を買ってくる!」

バビューーン

アムロ「あ、おい!・・・行っちゃったよ」

103 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 21:30:37 ID:b1mOC8qw (66/219)

ハヤト「ただでさえこの百式買って金がないのに・・・。おまけにこれ結構高いぞ!」

アムロ「どうする?シャアがいなければ俺一人でキリマンジャロ基地攻略に行かなければいかないんだが・・・」

ハヤト「うーむ。そもそもこいつは観賞用MSじゃないか。まさかこれで実戦に出るつもりじゃあ・・・」

シャア「その通りだ!」ヌーッ

ハヤト「うわ!」

アムロ「急に現れんなよ!こえーよ!」

104 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 23:26:08 ID:b1mOC8qw (67/219)

シャア「と、いうわけでベアッガイは発注してくれたかい?」

ハヤト「何がというわけでだ!こっちは金がないんだ!」

シャア「何だと!こっちはもうネコミミ尻尾は調達してあるんだ!」

アムロ「早いな。というかよくMSサイズのがあったな」

シャア「ジャンク屋を見て回ってたら偶然あってな」


シャア「やあ邪魔するよ。ここはジャンク屋かい?」

ジュドー「お、いらっしゃい。そうだぜ、ここはシャンゲリラでもかなり名が通ってる店だ」

シャア「そうか。ならMSサイズのネコミミまたは尻尾はないかい?」

ジュドー「ネコミミはたくさんあるけどMSサイズのは・・・、そうだ!おーいビーチャ」

ビーチャ「何だよジュドー、今整理で忙しいんだ!まったく乱雑に積み上げるから・・・」ガチャガチャ

ジュドー「MSサイズのさぁ、ネコミミってなかったか?」

ビーチャー「ああ、ちょうどこの前拾ったぜ。ネコミミと尻尾がセットになってさ」

シャア「ほお!」

105 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/19 23:28:45 ID:b1mOC8qw (68/219)

ジュドー「だ、そうだぜおっさん。買うのかい?」

シャア「ああ、是非頼む。これで足りるか?」バサリ

ジュドー「す、すげえこんなに!ほんとにいいのかおっさ・・・いやお兄さん!」

シャア「目的には手段を選ばん性格でね。探してたんだ」

ジュドー「よっこらしょっと・・・、ほいお兄さん!ネコミミ尻尾セットだ!」

シャア「ふむ、私の理想像にピッタリだ!ありがとう」

ジュドー「まいどー!!」

120 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/25 20:51:52 ID:2ypFuqwE (69/219)

シャア「と、まあそういうわけでな。いい買い物だったよ」

ハヤト(金があんならこいつに百式の代金請求しときゃよかった・・・!)

アムロ(あ、ハヤト今シャアに請求しとけばよかったとか考えてるんだろな)ピキーン

シャア「今アストナージ君が改修してくれてる。武装も施してくれるから大丈夫だ!」ドヤァ

ハヤト「ネコミミは武装にはいんねーだろが!

121 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/25 21:41:25 ID:2ypFuqwE (70/219)

アストナージ「シャアさーん、ベアッガイ改めヌコッガイの改修完了いたしましたー」

シャア「ようやくか!待ちきれなかったぞ!」

アムロ(あんなウキウキしたシャアなんて見たことない・・・)

ハヤト「で?そのヌコッガイとやらは使えるのかね?アストナージ君」

アストナージ「ええ、ええ。なんたって最新装備を盛り込みましたから」

ハヤト「・・・それはどこから調達してきたんだ?・・・まさか!」

アストナージ「百式改を分解しました」

ハヤト「」ドテーン

アムロ「大変だ!ハヤトが倒れたぞ!担架もってこい担架!」

123 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/25 23:09:03 ID:2ypFuqwE (71/219)

シャア「おや、ハヤト君は大丈夫なのかい?」

アムロ「なんとかね。まったく最近高血圧気味らしいから無茶クチャいうなよ・・・」

シャア「だが君のザクタンクもディジェの装備をバラシて組み立ててるんだろ?」

アムロ「ウッ・・・」

シャア「さあ、早いとこ愛しのヌコッガイを拝みにいこうではないか」

スタスタ

アムロ「何かが、何かが変わった・・・。いったい何を悟ったんだ!教えてくれララァ!」

124 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/25 23:17:04 ID:2ypFuqwE (72/219)

シャア「この布の向こうに私が夢にまで見たヌコッガイが・・・!」

バサリッ!

シャア「!!!」

そこにあったのはもはやMSという概念を超えたものだった。
アッガイの丸さを残しつつも違和感なく収まるネコミミ、黒系統にカラーリングされた機体にそれは聳え立つ。さながらエベレストの頂上に立っている登頂旗のように気高く、清きものだ。
両腕には黒猫のつめをイメージされたクローが納まる。ご丁重に肉球までついてるではないか
この機体はまさにある種の芸術といっても過言でなない。シャアはそう思った

その間わずか0.7秒

125 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/25 23:28:02 ID:2ypFuqwE (73/219)

アムロ「・・・うわぁ」

シャア「・・・アムロ君、こんな言葉を知ってるかね?人は本当に美しきものには黙るしかないのだよ」

アムロ「君つけるなよ、なんかウザイからやめて」

シャア「はぁ~・・・」ウットリ

アムロ「聞けよ」ポカリ

シャア「いて」

130 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 21:05:42 ID:IkC7dSx2 (74/219)

ティターンズ  キリマンジャロ基地

ジェリド「補充兵?」

メロゥドオペ「ええ、どうやら強化人間が一人配備されるらしいんですが」

ジェリド「カクリコンはここで合流するしマウアーは元々いるしライラ大尉もここで合流するし・・・」

メロゥドオペ「えーっと、フォウ・ムラサメというらしいです」

ジェリド「フォー・村雨?日本人か・・・」

メロゥドオペ「え?日本人じゃないですよ?

ジェリド「え?もしかして村雨違い?」

メロゥドオペ「え?」

ジェリド・メロゥドオペ「???」

131 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 21:11:02 ID:IkC7dSx2 (75/219)

ジェリド「結局フォー村雨とやらは誰なんだろうな・・・」ブツブツ

ポンッ

カクリコン「よおジェリド、久しぶりだなぁ!」

ジェリド「お、カクリコン!ようやく来たか!久しぶりだな!愛しのアメリアちゃんとはどうだったんだ?」

カクリコン「いやあ、この作戦が終わったら結婚する予定なんだ・・・」

ジェリド「ちょ、おまフラグ」

カクリコン「アメリアもな、カクリコンなら絶対安心だと言ってくれてなあ」

ジェリド(あああー・・・)

132 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 21:24:27 ID:IkC7dSx2 (76/219)

ジェリド「ところでさ、フォー村雨って誰か知ってる?」

カクリコン「ああ、あの子ならさっき見たぜ。カフェのほうにいったかな」

ジェリド「ふーん、カフェかあ・・・」

マウアー「ジェリドー」

カクリコン「おや、君の愛しのマウアー様がやってきたぜ?」

ジェリド「よせって、こんなところで・・・」

マウアー「あら、カクリコンじゃない!アメリアさんとは上手く行ってるの?」

カクリコン「ああ!この作戦が終わったら結婚する予定なんだ!」

マウアー「・・・ねえジェリド、これって・・・」ヒソヒソ

ジェリド「何も言わないほうがいいぞマウアー・・・」ヒソヒソ

カクリコン「おや、俺はお邪魔だったかな。じゃあまた後でな!」

134 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 22:10:03 ID:IkC7dSx2 (77/219)

カフェ  どごすぎあ

ジェリド「マスター、コーヒー二杯。片方は砂糖多めで」

ジャミトフ「かしこまりました」スタスタ

マウアー「いい感じに落ち着いてていい所ね。ここが山の上にあるってことも忘れさせてくれるわ」

ジェリド「そうだろ?ここは戦闘の後に一息入れるには最高の場所なんだ。一般兵は入れないからやかましくもないし」キョロキョロ

マウアー「ねえジェリド、さっきからキョロキョロして誰か探してるの?」

ジェリド「いや、ここに補充兵のフォー村雨って奴がいるらしいんだが・・・」

マウアー「ねえ、あの子じゃないかしら?」

「・・・マスター、特製パフェもう一つ」

ジャミトフ「お客さん、もう五杯目ですが・・・」

135 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 22:26:41 ID:IkC7dSx2 (78/219)

ジェリド「あのーすいません。そうそうそこでパフェを食べてるあなたです」

フォウ「ふぁはひ?」

ジェリド「あ、食べてからで結構です」

モグモグモグ ゴクン

フォウ「あたし?」

ジェリド「ええ、あなたがフォー村雨さんですか?」

フォウ「いかにもあたしがフォウ・ムラサメよ。もしかしてあなたが新しい隊長の・・・」

ジェリド「ジェリド・メサと申します」

フォウ「ふーん・・・」ジロジロ

フォウ「なかなかいい男ね。気に入ったわ」

マウアー(むっ!なかなかじゃないわ、最高にいい男よ!)

137 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 23:12:53 ID:IkC7dSx2 (79/219)

フォウ「あーお腹いっぱい!」

ジェリド(結局パフェ8杯・・・、見てるだけで吐きそう・・・)オエップ

マウアー(そうか、ジェリド甘いの苦手だから・・・)

ジェリド「ふう・・・、気を取り直して顔合わせに行こう。さっきライラ大尉も到着したと聞いたし」

スタスタスタ

フォウ「・・・マウアーさんとやら、ジェリド中尉と付き合ってるんですか?」ヒソヒソ

マウアー「え!?い、いやまだ付き合うってとこまでは・・・」ヒソヒソ

フォウ「なら私が彼をもらっても問題ないですよね?」ニコリ

マウアー「な!いつか私も告白するんだから!ジェリドは渡さないわ!」

ジェリド(なんか後ろですごいオーラを感じる)

138 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 23:31:19 ID:IkC7dSx2 (80/219)

キリマンジャロ基地 第三会議室

ジェリド「えー諸君、今日からこの隊に加わるフォウ・ムラサメだ」

フォウ「よろしくおねがいしまーす」

ジェリド「彼女はニタ研でも特にエリートのムラサメ研究所出身の強化人間だ。そのためMSはサイコガンダムに乗ってもらうことにした。後で格納庫に来るように」

フォウ「わかりました」

ジェリド「最近カラバの動きが怪しいらしい。ここに奇襲を仕掛けてくるかもしれない。各自その意識は常に持っていてほしい」

ジェリド「質問はないな・・・?よし解散!」

ドヤドヤドヤ

139 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/26 23:37:30 ID:IkC7dSx2 (81/219)

ライラ「やあジェリド、立派になったねぇ」

ジェリド「あ、ライラ大尉!ご無沙汰しています」

ライラ「ははっ、堅苦しい挨拶はなしでいいさ。しかしあの鼻ったれの小僧が一指揮官になってるとは神様もわからなかったろうね」

ジェリド「あのころの自分はただただエリートってだけで粋がってましたから・・・、大尉がいなかったらいまごろ吊るし上げでしたよ」

ライラ「案外そうだったかもね。ほら、恋人が待ってるわよ?早く行ってあげなさいな」

ジェリド「いや、マウアーとはそんな・・・では」

タッタッタ

ライラ「・・・まだまだ青いわねえ。できれば式までには生きてたいものだわ・・・」

141 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 00:16:30 ID:GrvhaJrk (82/219)

ジェリド「さて、これが君の乗るサイコガンダムだ」

フォウ「MSにしては大きいわね」

ジェリド「ああ、だから普通のパイロットには扱えないんだ」

フォウ「そこで私の出番ってわけか。嬉しいねえ」

ジェリド「こいつは並みのMSじゃない。戦力の中核と言っても過言ではない。期待してるよ」

フォウ「まかせな、ちょっと試運転にいってくる」

145 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:10:09 ID:GrvhaJrk (83/219)

同時刻---カラバ本部

シャア「さて、私はこれからヌコッガイの試運転に行く」

アムロ「あ、うん」

シャア「しいてはアムロ君にもついて来てもらいたいのだよ」

アムロ「んー・・・、まあ最近動かしてなかったから偵察がてらに行くか・・・」



「アムロ、出る!」キュラキュラキュラキュラ

「シャアアズナブル、行くぞ!」キュポキュポキュポキュポ

アムロ『・・・なあシャア、その間の抜けた足音どうにかならんの?』

シャア『肉球つきだから仕方ない。これはこれでいいではないか』

147 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:17:28 ID:GrvhaJrk (84/219)

フォウ「ぼくをみーつめーてた~あおいひーとみ~♪・・・あら、知らない間にこんな砂漠に」


アムロ『む?これは・・・、シャア!』

シャア『ああ、所属不明のMSだろ?かなりでかいな』

アムロ『どうする?様子を見に行くか?』

シャア『ああ、見るだけなら無料(ただ)だからな』

キュラキュラキュラ  キュポキュポキュポ

フォウ「・・・変な戦車と、熊?猫?なによあれwww」

アムロ「!」キュピーン

シャア「!」キュピーン

148 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:29:43 ID:GrvhaJrk (85/219)

シャア『アムロよ、今私は非常に憤慨している』

アムロ『奇遇だな。俺もなんだ。・・・やるか』

シャア『言われるまでもない!』キュポキュポキュポキュポ!!

アムロ『負けるか!』キュラキュラキュラキュラ!!

フォウ「な、なに!?戦車と熊が襲ってきただと!?・・・・ふははは!返り討ちにしてくれるわぁー!」

アムロとシャアはそれぞれ二手にわかれて強襲する。砂埃を上げつつザクタンクとヌコッガイが爆走する姿はまさに

                                                     ドリフ

149 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:38:08 ID:GrvhaJrk (86/219)

アムロ「小手調べだ!」ガガガガガガ

シャア「食らえ!」バシューン バシューン

60mmバルカンと6連装ロケットランチャーがフォウに襲い掛かる

フォウ「くそ、よけきれない!・・・だがそんなものカスリ傷にもならんわぁ!」

アムロ『さすがに見た目だけあって硬いぞ。どうする?』

シャア『接近戦に持ち込む。援護してくれ』

言うが早いがシャアはベースがアッガイとは思えない速さでフォウのサイコガンダムに踊りかかる

アムロ「さすがは赤い彗星と呼ばれたやつだ。腕は錆付いてはないようだな」

150 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:44:16 ID:GrvhaJrk (87/219)

フォウ「反撃といこうかしらぁ!この無数のビームを避けきれるかしらぁ!?」

アムロ『く、こいつは厳しいね・・・』キュラキュラ

シャア『弾幕は厚ければいいってものじゃない!』キュポーン

フォウ「な!熊が飛んだ!?どこだ!」

シャア『貰ったぁ!」パリーン

アイアンネイルで頭部メインカメラを破壊したシャア。そのままサイコガンダムは動きを止めた

152 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:50:07 ID:GrvhaJrk (88/219)

プシューー  スタ

フォウ「まいったなー、これ高いんだろなー。あーあ・・・」

アムロ『パイロットが出てきたぞ・・・あ、あれは!」

シャア『どうした!』

アムロ『女だ!女が操縦してたのか・・・』

シャア『年齢は!』

アムロ『見たところ・・・17か18辺りだな。何をうなだれてるんだシャア?』

シャア『いや、そうそう期待してはならんのだが、こう、体がうずいてな・・・』

アムロ(???)

153 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/27 21:56:05 ID:GrvhaJrk (89/219)

アムロ『とりあえず降りて話を聞くとしよう』

パカ ガチャリ

アムロ(コクピットドアのドアノブ交換しないと。二重オートロックがいいなあ。後でハヤトにでも・・・)

シャア「やあ、君は何歳だい?」

フォウ「あたしはピチピチの17歳よ(この人なかなかかっこいいわね・・・)」

アムロ「お前、いきなり年聞くって・・・。僕はアムロ・レイ。カラバに所属してる」

シャア「私はシャア・アズナブル。ご覧の通り軍人だ」

フォウ「ノースリーブでグラサンかけてたら軍人なのね。覚えておこうかしら」

159 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/28 22:41:13 ID:T0bH.YKY (90/219)

フォウ「んで、私の大事なサイコガンダムを動けなくしたMSを見せてもらおうかしら?」

アムロ「いいよ」キュラキュラ

シャア「どうぞ。手は触れないでね」キュポキュポ

フォウ「・・・見事に戦車と熊ね。こんなのにやられたなんて、あーあ情けない・・・」

アムロ「まあ、見た目はこんなんだけどね。能力はすごいよ」

シャア「さっきから熊っていってるけどな。よくみろよこれ!ネコミミついてるだろーが!」

フォウ「だからどうしたって話なんだけどね・・・」

160 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/28 22:51:26 ID:T0bH.YKY (91/219)

シャア「そうだ、君の年齢は聞いたが名前を聞いてなかったな」

フォウ「私はフォウ・ムラサメ。ニタ研のムラサメ研究所出身よ」

アムロ「ということは君は強化人間か」

フォウ「ええ、キリマンジャロ基地からここに来たのよ」

アムロ「!、すると君はティターンズかい?」

フォウ「ええ、今はそこに所属してるの。いわゆる派遣パイロットってやつ?」

シャア「ふーむ、ここから遠いのか?」

フォウ「そうねえ、ここから5000kmはあるわね」

シャア「ふむ・・・とにかくこちらで保護するか。さあ私の家・・・じゃない我々の本部に行こう」

フォウ「あら、新手のナンパ?結構よ、ここでゆっくり助けが来るのを待つわ」

シャア「そ、そうか・・・」ガックリ

161 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/28 22:55:39 ID:T0bH.YKY (92/219)

アムロ「わかった、我々も帰るとしよう。ではまたな」

フォウ「ええ、またね」

シャア「ああ・・・」

アムロ「立ち直れよシャア・・・」



キュラキュラキュラ  キュポキュポキュポ

アムロ『ここから5000km・・・タンザニア辺りか?』

シャア『そうだな、確か元々ジオンの基地だったから聞いた記憶はある』

アムロ『何でそのときに教えてくれなかったんだよ』

シャア『いや、ヌコッガイ入手の嬉しさにそれどころではなくて』

アムロ(こいつ本当に好きなんだな・・・)

165 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 11:14:59 ID:7IiAqWag (93/219)

アムロ「アムロレイ、ただいま帰還した」

シャア「同じくシャアアズナブル、ただいま」

ハヤト「あ、お帰り。今日は収穫0かい?」

アムロ「いや、でっけえのがいたけど逃がしちまった。あ、そうそう」

ハヤト「この前行ってたド・ダイ改なら整備できてるよ」

アムロ「後ザクタンクとヌコッガイが入るくらいのシャトルとかない?」

ハヤト「うーん、MS二機が入るくらいでなおかつドダイ改を二つ収容できるやつかあ」

166 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 11:26:34 ID:7IiAqWag (94/219)

ハヤト「そうだ。民間の大型シャトルがあったんだ。それ改造しとくわ」

アムロ「よろしくー」

シャア「ではこれにて」

スタスタスタ ガチャリ

アムロ「シャア、シャトルの改造がすんだらすぐ出るぞ」

シャア「そういうと思ってたよ。とうとう殴りこみだな?」

アムロ「殴りこみじゃない、偵察だ」キリッ

168 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 13:07:10 ID:7IiAqWag (95/219)

-------数日後----------

アムロ「燃料よし、弾薬よし、エンジンよし」

シャア「武装よし、肉球よし、異常なし」

ハヤト「じゃあなアムロ、また会える日を・・・」

アムロ「寄せよその言い方、まるで俺達が帰ってこないみたいじゃねーか」

シャア「そうだぞハヤト君、私は生きてまた宇宙に出る必要があるのだよ」

シャトルパイロット「準備よし、いつでも出航できます!」

ハヤト「・・・達者でな」ビシッ

アムロ「・・・うむ!」ビシッ

シャア「・・・」ビシッ

ゴウンゴウンゴウンゴウン

ハヤト「・・・必ず生きて帰って来いよ」

169 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 13:11:06 ID:7IiAqWag (96/219)

シャトルパイロット「大佐方、予定だと約8時間程かかりますが」

アムロ「了解した。期待してるよ」

シャトルパイロット「は、はいっ!!」ビシッ

アムロ「では私はしばらく部屋で休んでいる。何か問題がおこったらすぐ呼んでくれ」

カツカツカツ

シャア「私も同じく部屋にいるぞ」

カツカツカツ

シャトルエンジニア「・・・かっこいいなあ。さすが一年戦争を戦ってきた英雄は格が違うぜ・・・」

170 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 13:17:34 ID:7IiAqWag (97/219)

ガチャリ バタン

アムロ「ふう・・・」ドサ

アムロ「とりあえず一眠りするか・・・」

zzzZZZ


アムロ「・・・んん?ここは・・・?」ムクリ

???「あら、おはようアムロ」

アムロ「そ、その声は!!、ララァ!」

ララァ「ふふ、よく覚えてくれていたわね。嬉しいわ」

アムロ「な、なぜ君が・・・そうか!」キュピーン

ララァ「そう、ここは夢の中なのよ」

171 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 13:24:35 ID:7IiAqWag (98/219)

アムロ「き、君がなぜ僕の夢の中に・・・!」

ララァ「あら、悪いかしら?ちょっと会ってみたくなってね。ところでなぜさっきから後ろを向いてるの?」

アムロ「・・・そんなの僕の勝手さ・・・」

ララァ「なるほど、あなた私を見るのが怖いのね?」

アムロ「!!」

ララァ「図星のようね。あなたを長年苦しませてきた幻影が夢に出てきたものね。怯えるのも無理はないわ」

アムロ「そ、そんなことはない!」クルリ

アムロ「!!、その格好は!」

172 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 17:46:07 ID:7IiAqWag (99/219)

ララァ「どう?似合うかしら?」

アムロ「そ、そのネコミミに尻尾は・・・まるで・・・」

ララァ「まるでシャア大佐みたい・・・でしょ?」

アムロ「う、うん。しかしなぜ君が・・・」

ララァ「私はいつも大佐の持つイメージなんですよ。今はネコミミ尻尾ですね」

173 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 20:48:41 ID:7IiAqWag (100/219)

ララァ「それはそうと今の大佐の様子はどうですか?」

アムロ「ふむ・・・なぜかいきなりネコミミ好きーになってだな。ヌコッガイなんていうMSまで作って・・・どうなってんだ?」

ララァ「ハマーン・カーンという女性を知ってるかしら?」

アムロ「ああ、あのアクシズとかいう所の指導者だっけ?」

ララァ「昔、大佐とハマーンは恋人どうしだったのよ」

アムロ「なんと」

174 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 21:11:19 ID:7IiAqWag (101/219)

アムロ(シャアは幼女が好みだったのか・・・)

ララァ「そう、大佐は幼女が好みだった・・・」

アムロ「ということはこのネコミミ尻尾も・・・」

ララァ「きっとそのころにネコミミで遊んでたんじゃないかしら?」

アムロ「で、それが何故か復活したと・・・」

175 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 21:56:57 ID:7IiAqWag (102/219)

ララァ「今の大佐には迷いがないのよ」

アムロ「迷いが・・・ない・・・」

ララァ「ネコミミ尻尾、ひいてはロリ・ジオン結成という目的があるからあそこまで大佐は変わったのよ」

アムロ「・・・なるほど」

ララァ「これからどうなっていくのか。私は空から見物させてもらうわ」

アムロ「ああ、マチルダさんにもよろしくいっといてくれ」



アムロ「・・・はっ!」

アムロ「いつのまにか寝てた・・・」

176 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 22:00:11 ID:7IiAqWag (103/219)

アムロ「しかしあれは夢にしてはリアリティが・・・、とりあえず水だ・・・」グビッグビップハー

アムロ「ふう、今は・・・あれから7時間くらいたったのか。最近寝不足気味だったからかスッキリしたなあ」

『アムロ大佐、シャア大佐。至急ブリッジまでお集まりください。繰り返します。アムロ大佐、シャア少佐は・・・』

アムロ「おや、予定では後一時間はあるはずだが・・・」

ガチャリ タッタッタ

177 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 22:05:50 ID:7IiAqWag (104/219)

シャトル ブリッジ

アムロ「どうした?何か問題でも起きたのか?」

オペレーター「ええ、予想外に敵の勢力範囲が強くこれ以上は・・・ところでシャア大佐はどちらに?」

アムロ「あいつ放送聴いてなかったのか・・・?すぐ呼んでくる」


アムロ「おーいシャア」ドンドン

ガチャリ

アムロ「ああシャア、早くブリッジ・・・な、なんだその格好は!」

シャア「私は今ミラクル☆魔女っ子ハニャーンちゃんの製作で忙しいのだよ。もちろん本人に許可は取ってるぞ」

アムロ「(なんだそりゃ・・・)で、その黒いフリフリの服はなんなんだ・・・」

シャア「変身後の衣装を試作してみて、。ちょっと着てみたんだ。どうだ?」

アムロ「お前が着るとキモイ」

178 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 22:10:24 ID:7IiAqWag (105/219)

シャア「で、私に用事があるのだろう?」

アムロ「至急ブリッジに集まるんだよ!さあ行くぞ!」グイッ

シャア「ま、まて。とりあえず着替えさして・・・「そんな時間はない!」

タッタッタ  ウィーン

アムロ「すまん、遅れた」

シャア「まだ一時間程度はあるはずだが・・・何があった?」

オペレーター「(シャア大佐の格好はいったい・・・)ええ、敵の勢力範囲が予想外に広くこれ以上近づくのは・・・」

シャア「ふむ、ミノフスキー粒子にも限界がある・・・か。仕方ない、ここで降りよう」

アムロ「そうだな、敵のレーダー網をかいくぐるしかないようだ」

アムロ「よし、早速出撃準備だ!」

シャア「その前にこれ着替えさし「だからそんな悠長なことしてる時間はない!」

シャア(えぇー・・・)

179 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/09/30 22:12:51 ID:7IiAqWag (106/219)

シャトル  貨物室

アムロ「よし、最終点検完了。シャア、準備はいいか?」

シャア「こっちはいつでもOKだ」

アムロ「よし、アムロレイ!出る!」

シャア「ヌコッガイ、出るぞ!」

ウィーーーーン  ビュウウウーーン

183 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 19:44:24 ID:wJFgDsms (107/219)

タンザニア  キリマンジャロ基地  作戦司令室

ティターンズオペレーター「うーむ・・・?」

ティターンズ士官「どうしたオペレーター。何か問題か?」

オペレーター「いえ、さっきからちょこちょこレーダーに何か映ってるんですよ。高速で移動する二つの何かが・・・」

士官「どれどれ・・・?、これか。大方鳥か民間のシャトルだろう。気にすることはない」

オペレーター「そうですか。ではこの件はそういうことで・・・」

ジェリド「待て、高速で移動する二つの何かといったな?」

士官「ちゅ、中尉どの!」ビシッ

ジェリド「敬礼は今はいい。確かにそういったなオペレーター」

オペレーター「は、はい。確かに何かが映ってるんです・・・」

184 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 19:48:29 ID:wJFgDsms (108/219)

ジェリド「・・・エゥーゴだな」

士官「まさかそんなはずはないでしょう中尉。そうだとしてもたった二人で何が出来るんですか」

ジェリド「いや、ダカールで出会ったあのタンク、それとうちの隊員が言ってたヌコッガイとやら。そいつ等だったらマズい・・・」

士官「で、では対応はいかに・・・」

ジェリド「うむ、基地の警戒レベルを最大にしろ!戦闘準備もしておくように伝えておけ!」

士官「中尉はどうするんですか・・・?」

ジェリド「もちろん俺も出る。全力で相手をするつもりだ」

185 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 19:54:27 ID:wJFgDsms (109/219)

キリマンジャロ基地  第二会議室

ジェリド「というわけだ。各員ただちに出撃準備をしておくように!」

ジェリド「敵はたった二機といえその実力は未知数だ。決して気を抜いてはならない!」

一同「了解!」

ジェリド「そしてもう一つ・・・絶対に、死ぬな。かならずこのメンバーでまた集まるんだ!」

ジェリド「質問はないな・・・?よし解散!」

ドヤドヤドヤ

マウアー「ジェリド!」

ジェリド「ああマウアー。どうした?」

マウアー「あなたはこの基地の司令官でしょ?あなたまでMSに乗って戦うことはないじゃない!」

ジェリド「・・・いくらマウアーの頼みといえどそれは聞けない」

マウアー「どうして・・・、私はジェリドが死ぬのなんて嫌なの!」

ジェリド「マウアー・・・」

186 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 20:01:55 ID:wJFgDsms (110/219)

ジェリド「・・・漢なら引いてはならない戦いがあるのさ」

マウアー「そんなのわからない!私には理解できないわ!」

ジェリド「俺だって死ぬのは怖いさ。それでも・・・」

・・・チュッ

ジェリド「今はこれで許してくれマウアー。俺はかならず帰るさ」

マウアー「・・・わかったわ、でも絶対・・・絶対死なないでね!」

ジェリド「当然さ!さあ格納庫に急ごう。みんなが待ってるぞ」

タッタッタッタ

ライラ「・・・私達の出る幕はなかったわね」

カクリコン「くー、俺も帰ったらアメリアと・・・!」

187 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 20:07:54 ID:wJFgDsms (111/219)

ゴオオオオオォォォォ

シャア『どうするアムロ。どうやら俺達の存在はとっくにバレてるようだが』

アムロ『そんなことはわかりきってる事さ。このまま強襲する』

シャア『アムロらしい作戦じゃないか。対空砲は大丈夫かな・・・』

アムロ『そんなもんに当たる赤い彗星ではないだろう?』

シャア『そりゃそうだ。あと五分ほどで見えるぞ』

アムロ『了解』


オペレーター「な、なぞのMSが二機、高速で接近中!」

士官「何!?本当に二機だけだと?、ずいぶん舐められたものだ。対空砲準備!」

銃座兵「へっ!たった二機だけか!そんなもんすぐ撃ち落してやらぁ!」

ガガガガガガガガガガ  ガガガガガガガガガ

188 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 20:12:32 ID:wJFgDsms (112/219)

アムロ『お、来たな』

シャア『もっと引き付けてから撃つべきだったな。間合いが遠い』

アムロ『おかげで対空砲の位置は丸分かりだしな』

銃座兵「くそっ!あんな二機程度、なぜすぐに落ちない・・・ぐわぁ!」ドカーーン

アムロ『これで終わりっと・・・』

シャア『よし、降下する!』

グオオオォォォォォ

ジェリド「まさか基地にそのまま強襲してくるとは・・・」

ライラ「思い切った作戦ね。そういうの私は好きよ」

ジェリド「よし、MS部隊発進だ!」

グポーン グポーン ガシャンガシャン

189 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 20:15:49 ID:wJFgDsms (113/219)

ジェリド「ジェリド、出る!」

カクリコン「カクリコン、マラサイで行くぞ!」

ライラ「ガルバルディβ出るよ!」

マウアー「ガブスレイ、出ます!」

フォウ「よーし、私も・・・っく!?あ、頭が・・・!」ピキーン

アムロ『!この感じ・・・』

シャア『フォウが来たな・・・!』

190 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 20:37:15 ID:wJFgDsms (114/219)

ティターンズパイロット「はん!あんなタンク、俺がとっとと破壊してやるぜ!」

ゴオオオオオオォォォォォ

アムロ『お前らにやられるような俺ではない!』ドオーン  ドォーン

ティターンズパイロット「ふん、そんな距離からキャノンが当たるわけ・・・」

ドカーーン・・・

ティターンズパイロット「二号機がやられた!くそっ!・・・っは!?」

シャア「余所見してる暇があるとはな!」バシューーン

チュドーン チュドーン シュウウウゥゥ・・・

ライラ「あっという間に一個小隊を全滅・・・か。一般兵が適うわけなかろうに・・・」

191 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/01 21:15:24 ID:wJFgDsms (115/219)

ジェリド「くらえ!」チューン

アムロ「おっと」スッ 

ジェリド「く、基地内では戦いづらいな・・・!」

ライラ『ジェリド!ボーッとしてる暇はないよ!』チューン チューン

シャア「く、弾幕が厚い・・・!」バシューン バシューン

アムロ『シャア!左上だ!』

カクリコン「うおおおおおぉー!」ゴオオオォォォ

シャア「くっ!」スッ ガイーン

カクリコン「そんなクローごとき!」ガキーン

シャア「くそ!鍔迫り合いだと?」ギギギギギギ

197 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 19:54:17 ID:r06qNT7U (116/219)

シャア「こんなものでは・・・ない!」ガキャーーン

カクリコン「う、うおお!押し返されただとぉ!」

シャア「そこだぁ!」バシューン バシューン

カクリコン「ぐおおぉ!くそったれえ、だが左腕がなくとも!」

カクリコン「ぐ、バランスが・・・とれな・・・」

シャア「いまだ!」カシーン 

カクリコン「な、よけれん・・・!」

バリーン  バチバチバチ

カクリコン「くそぅ!メインカメラをやられた・・・!」

198 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 19:59:59 ID:r06qNT7U (117/219)

シャア「まず一機!」

ジェリド「く、カクリコン・・・!」

ライラ「あのMS・・・見かけ倒しではなかったのか!」チューン

シャア「甘い!」スッッ

アムロ「食らえ!」ガガガガガガガ

ライラ「ふん、そんなマシンガンごとき・・・」カンカンカンカン!!

ライラ「あ、当てられただと!?」

アムロ「いけぇ!」ドォーン ドォーン

ライラ「シールド間に合え!」ガゴーン ガギーン

199 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 20:21:37 ID:r06qNT7U (118/219)

ライラ「このままだともたない・・・!」

シャア「おや、確か四機いたはずだが・・・」

アムロ『シャア!上だ!』

ジェリド「うおおおおぉぉぉ!」ゴオオォォォォ

シャア「ぬぅ!」バッ

マウアー「一人じゃないのよ!」バシューーン

シャア「ちいぃ!」バッ

ジェリド「ふん!伏せたぐらい隙だらけなんだよ!」フィーン

アムロ「危ない!シャア!」ガガガガガガガ

ジェリド「くそがっ!」ゴオォォォ

200 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 21:04:11 ID:r06qNT7U (119/219)

アムロ『シャア、大丈夫か!』

シャア『な、なんとか・・・、しかし時間の問題・・・』

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アムロ「な、なんだこの地響きは!・・・まさか!」

フォウ「そんなMSごときに手間取るなんて!あたしがとっとと!」

アムロ『あのMSは・・・フォウだ!』

シャア『このややこしいときに・・・!』

ジェリド「よし、やっとでてきたかフォウ!これで巻き返しだ!」

ゴオオオオォォォォオオオオ

201 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/02 22:56:18 ID:r06qNT7U (120/219)

フォウ「あのパイロットには・・・悪いが!」ブウウウウン  バシューーーーン

アムロ「くそっ!拡散ビームだと!」キュラキュラ

シャア「ぐおぉ!よけられん!」バシキーン

ジェリド「よし!あの熊の腕をやったぞ!、いまだ!」

シャア「このままで・・・終わらせられん!」グルリ  バシュー

ジェリド「うおおおぉぉぉぉ!」ビィーーン  ガキーーン

シャア『これ以上は・・・!』ドゴーーン

アムロ『シャア!シャアああぁぁ!』

206 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 21:36:16 ID:PZsnq8XM (121/219)

アムロ「くそっ・・・よくも、よくもシャアをぉぉぉぉ!!」

ヒュイーーン  ビカーーン

ジェリド「なっ!タンクが・・・光っているだとぉ!」

ライラ『くっ!気をつけなジェリド!なんだかヤバい感じだからね!・・・ああ!』

アムロ「よくも!よくもおお!」ドゴーン ドゴーン ガガガガガガ

ライラ「う、くそう!被弾した・・・」ドガーーン

ジェリド『ラ、ライラ大尉ーー!』

マウアー「そんな・・・ライラ大尉が・・・」

アムロ

207 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 21:49:34 ID:PZsnq8XM (122/219)

アムロ「一つ!」

ジェリド「く・・・このおおおおぉぉおお!!」ゴオオオオォォォ

アムロ「!」バッ チューン

ジェリド「よくも、よくも大尉を!」ガッ ビイーン

アムロ「何!」ガギーン バチバチ

アムロ「・・・だが左腕がなくとも!」ガガガガガガガ

ジェリド「ぬ、ぬおおおおお!!」カンカンカン  ドゴーーン

マウアー「ジェ・・・ジェリドッ!」

フォウ「ずいぶん好き勝手やってくれるじゃぁ・・・ないかしら!」

バシューーン  バシューーン

208 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 22:30:12 ID:PZsnq8XM (123/219)

アムロ「これで・・・終わりだぁ!」キュラキュラキュラ!!

マウアー「も、もう駄目だわ。ジェリド・・・私もすぐ後を・・・」

チュキーーン  チュイーーン

アムロ「何!まだ残ってるだと?」

カクリコン「メインカメラが・・・なくとも!」チュイーーン  チュイーーン

アムロ「なるほど、有視界で狙っているのか・・・ならば!」ガガガガガガ

カクリコン「ぐおおぉ!くそっ!両腕が落とされた!」ガギーーン  バチバチ

アムロ「とどめだ!」バシューーン

マウアー「や、やらせない!」ガガガッガガガ

アムロ「く、バルカン!?」カンカンカン

マウアー『今よカクリコン!逃げて!』

カクリコン「すまない・・・すまないマウアー・・・!」

タタタタタタタ

209 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 22:44:08 ID:PZsnq8XM (124/219)

マウアー「そうよ・・・私は・・・」

マウアー「みんなの敵を討つ!」ババババババ

アムロ「くっ、ガブスレイごとき・・・!」ガガガガガガガ

マウアー「!!」バッ ゴオォォォ

マウアー「そこよ!」バシューーン  バシューーン

アムロ「くっ!機体がそろそろ悲鳴を上げている・・・!」キュラキュラ

アムロ「・・・仕方ない!」ポシューーン  モクモクモク

マウアー「煙幕か!」

210 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/03 22:55:28 ID:PZsnq8XM (125/219)

マウアー「く、敵は・・・」

アムロ「・・・撤退だ!」キュラキュラキュラ



マウアー「逃がしてしまった・・・」

マウアー「すまないジェリド・・・敵、取れなかった・・・」プシューー スタッ

マウアー「・・・うっ・・・泣いてる場合じゃ・・・ないのに・・・」

マウアー「ジェリドぉ・・・」

215 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:47:56 ID:TsuSK0Z. (126/219)

ウィーン プシューー

「ふーやれやれ、ひどい目に会ったぜ・・・」

マウアー「!!」

「お、マウアー!生きてたか!よかったよかった・・・!」

マウアー「ジェ、ジェリド・・・?、あなた、死んだんじゃ・・・」

ジェリド「ははは、あの爆発じゃそう思われても仕方ないな。いや、あの時もう駄目だと思ったんだ・・・」


ウォーーン  ウォーーン  バチバチ  バチバチ

ジェリド「くそ!もう駄目だ!、すまないマウアー・・・隊長の俺が死ぬなんてな・・・」

(あきらめちゃ駄目よ。あなたには待ってくれてる人がいるのよ・・・?)

ジェリド「ははっ・・・とうとう幻聴まで聞こえてきたぜ・・・」

216 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:53:31 ID:TsuSK0Z. (127/219)

ジェリド「・・・いや、幻聴なんかじゃ・・・」バッ

ララァ「あなたには愛しの彼女がいるんでしょう?こんな所で諦めてどうするのよ」

ジェリド「けどこの機体はもう・・・脱出装置も作動しない・・・」

ララァ「もう、手間のかかるわねえ。ちょっと待ってね・・・」

ヒュイーーン

ドガーーーン

ジェリド「・・・・・・ん?生きてる・・・」

ララァ「まあ、そういうことよ。んじゃ後はがんばってねー」ヒラヒラ

ジェリド「ま、待て!あんたの名前は・・・!」

ララァ「ララァ・スンよ。あんたの命の恩人なんだから一生忘れちゃ駄目よ?」フワーー

ジェリド「ありがとう・・・ララァ・スン」

タタタタタタ

カクリコン「はあっ・・・はあっ・・・ここまでこれば・・・」

ジェリド「カ、カクリコン!お前・・・」

カクリコン「ジェリドじゃねーか!よく生きてたなぁ!」

217 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 22:56:21 ID:TsuSK0Z. (128/219)

ジェリド「・・・とまあそんな感じで・・・おいマウアー、どうした?」

マウアー「・・・だって・・・だって・・・ジェリドが生きて、生きてくれてたんだもん・・・!」

ジェリド「泣くなってもう・・・。言っただろう?みんなでまた集まるってさ」

マウアー「けど・・・ほかのみんなは・・・」

ジェリド「それはきっと大丈夫だろう。あの人には助けられてばっかりなのかもなあ」

マウアー「とにかく・・・私・・・」

ジェリド「ああ、お前はよくがんばった。あのタンクもどきのパイロットを撃退できたんだ!」

マウアー「うん・・・うん!」

218 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:07:03 ID:TsuSK0Z. (129/219)

ゴオオオオオオォォォオオオオオ

ジェリド「・・・うん?あの音は確か・・・」

ライラ「基地のHLVの音ね」

フォウ「よくうちのニタ研からも見たわあ」

ジェリド「うむ・・・」


ジェリド「びっくりしたあぁ!!」

ライラ「あら、私達が生きてることがいけないのかしら?」

フォウ「きゃあひどーい」

ジェリド「いや、そういうわけじゃあ・・・」

219 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:27:17 ID:TsuSK0Z. (130/219)

ジェリド「でもあのHLV・・・いったい誰があげたんだ・・・?」


アジス「行ったか・・・」

アジス「無事でいてください・・・」

アジス「・・・シャア大佐」


シャア「上がったか・・・」

シャア「ありがとう、アジス中尉。君のおかげで・・・」

シャア「ロリ・ジオン結成の幕は開いたわけだ・・・」

220 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/04 23:32:39 ID:TsuSK0Z. (131/219)

ジェリド「とにかく・・・全員無事か・・・?」

ジェリド「うむ。誰一人欠く事無く作戦は終了した」

ジェリド「残念ながら侵入者は逃がしてしまった。基地も大損害を受けてしまった。この責任は後々上からこっぴどく言われるだろう」

ジェリド「もしかすると最悪我が小隊はティターンズから追放されるかもしれない。だが俺は・・・それでもいいと思っている」

ジェリド「いや、俺達はもうティターンズから脱退する。今日の作戦が俺の人生で一番のイベントだっただろう」

ジェリド「これでもう悔いはない。・・・マウアー少尉」

マウアー「・・・はい」

ジェリド「後で軍上層部に行こう。脱退手続きだ」

マウアー「はい!」

221 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/05 00:08:57 ID:EsOerYys (132/219)

コツコツコツ

ライラ「・・・やれやれ、幸せもんだねえ」

フォウ「ええ・・・」

スィーー

ライラ「・・・お迎えが来るには早すぎなんじゃないのかい?」

ララァ「時間延長したのはそっちじゃないですか・・・。もうそろそろ限界ですよ」

フォウ「はあ・・・もうあのカフェでパフェは食べれないのねえ」

ララァ「こっちにも美味しいものはたくさんありますよ。さあ行きましょう」

ライラ「達者でな・・・ジェリド、マウアー、カクリコン・・・」

フォウ「さようなら・・・みんな・・・」

フワーーーー

マウアー「・・・あら、流れ星!」

ジェリド「一気に二つとは珍しいね。きれいだなあ」

マウアー「・・・」ソワソワ

ジェリド「・・・やれやれ」ギュッ ニギニギ

226 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 20:34:23 ID:Fmy8.jMg (133/219)

同時刻  カラバ本拠地

キュラキュラキュラ  ガチャリ  スタッッ

アムロ「・・・」ツカツカ

ハヤト「よく戻ったなアムロ!ご苦労だったよ」

アムロ「・・・ああ」

ハヤト「いやに元気がないな・・・そういえばシャア大佐の姿が・・・」

アムロ「死んだよ、あいつは」

ハヤト「・・・なんだと・・・?」

227 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 20:37:20 ID:Fmy8.jMg (134/219)

アムロ「今日は疲れた。寝る」スタスタ ガチャリ バタン

ハヤト「なんてこった・・・シャア大佐が・・・」

ハヤト「とりあえずアーガマに電報打っとかなきゃな」

シャアタイサ ケーエルエー メイヨノセンシ ナムサン

ハヤト「・・・これで」カターン

ハヤト「くそっ!何で死んでしまったんだ・・・!」

ハヤト「まだあいつ借金してんのに・・・!」

228 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 20:42:42 ID:Fmy8.jMg (135/219)

同時刻  宇宙  アーガマ

ブライト「カラバから電報だと?」

トーレス「ええ、ついいましがた・・・」

ブライト「内容は?」

トーレス「・・・シャア大佐が戦死したという・・・」

ブライト「な、何だと!?」



ブライト「・・・今回緊急に集まってもらったのはほかでもない。シャアたい・・・もといクワトロ大尉が戦死したという事だ」

一同「「「・・・何だってー!!!」」」

レコア「そんな・・・シャアたい・・・クワトロ大尉が・・・」

エマ「何てこと・・・シャアた・・・クワトロ大尉・・・」

ヘンケン「クワトロたい・・・シャア大佐が戦死するとはな・・・」

カミーユ「・・・」

229 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 20:46:39 ID:Fmy8.jMg (136/219)

カツ「どうしましょう・・・カミーユさん・・・」

カミーユ「・・・シャア大佐は死んでない」

エマ「現実を見ることは辛いけど、受け入れるのもまた必要なのよカミーユ・・・」

カミーユ「なぜだかわからない・・・けど確信が持てるんだ」

ブライト「・・・ニュータイプの勘というやつか」

カミーユ「今ごろその辺りにいそうな気がするんだ・・・」



シャア「あれは・・・アーガマか」

シャア「お世話になったな、アポリーとロベルトは元気にしてるかな・・・」

シャア「・・・もう未練はなかったはずなんだが・・・」

230 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 21:04:39 ID:Fmy8.jMg (137/219)

ハマーン「・・・謎のHLVだと?」

アクシズオペレーター「え、ええ。どうやらここに亡命しにきたとかなんとか」

ハマーン「・・・ふんっ、そんなもん撃ち落してしまえ!」

アクシズオペ「シャアが来たと言えばわかると」

ハマーン「すぐ呼んで来い!今すぐにだ!」

アクシズオペ「は、はい!」タッタッタ 

ハマーン「・・・ミネバ様」

ミネバ「なんだ?ハマーン。かおがあかいけどかぜか?」

ハマーン「私のその・・・服装はどうでしょう?」

ミネバ「?、いつもどおりだぞ?」

ハマーン「そ、そうかいつもどおり・・・」ブツブツ

ミネバ「へんなハマーンだ」

231 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 22:10:57 ID:Fmy8.jMg (138/219)

ハマーン「・・・遅いなあ」

ミネバ「誰か来るの?、ハマーン」

ハマーン「ええ、しかし遅い」

プシューー

シャア「ふう、サッパリした」フキフキ

ハマーン「!!、シャ、シャア・・・その格好・・・」

ミネバ「あ、シャアだ!でもなんで裸なの?」

シャア「これはこれはミネバ様、ご機嫌麗しゅうございます」ペコリ

ハマーン「そんなことよりシャア、服はどうした!服は!」

シャア「ああ、すまない。着ていたやつは泥だらけでな。今洗濯しててないんだ」

232 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 22:15:57 ID:Fmy8.jMg (139/219)

ハマーン「・・・だからって裸で来なくても///」

シャア「安心しろ、最低限タオルは巻いてある」

ハマーン「まったく、その格好では風邪を引く。マシュマー!」

マシュマー「はっ、何か御用でしょうかハマーン様」ビューーン

ハマーン「相変わらず早いな。赤い衣装ケースを持ってきてほしい」

ビューン   ビューン

マシュマー「どうぞハマーン様」ゴトッ

ハマーン「うむ、もうよいぞマシュマー。下がれ」

マシュマー「また御用があれば何なりと」ガチャリ バタン

ハマーン「・・・えーっと、たしかここに・・・」ガサゴソ

シャア「・・・ヘックシュイ!」

ミネバ「さぶそうだねシャア、あたしがあたためてあげる!」ピトッ

ハマーン「!!(その発想があった・・・!)」

233 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 22:30:41 ID:Fmy8.jMg (140/219)

ハマーン「さあミネバ様、こんな男とは離れてくださいまし」グイッ

ミネバ「もー・・・」

ハマーン「さあ、これを着ろシャア。・・・シャア?」

シャア「」チーーン

ハマーン「立ったまま気絶・・・!は、はやく医務室・・・いや私の部屋へ!」

スック タッタッタ

ミネバ「あ、待ってよハマーン!」

トテトテトテ

235 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 23:14:44 ID:Fmy8.jMg (141/219)

シャア(うーんうーん・・・ロリが迫る・・・)

シャア(・・・いや、これはむしろ幸せな・・・)

シャア「・・・っは!!」

ハマーン「おや、目が覚めたかシャア、随分うなされていたようだが?」

シャア「ここは・・・そうか私はアクシズに・・・」

ハマーン「ここまで連れてくるのは大変だったんだぞ?」

ハマーン(ほんと・・・昔とくらべてたくましくて・・・///)

シャア「まずは礼を言おう。助けてくれてすまないな。ハマーン」

ハマーン「うむ。してお前はなぜHLVで宇宙に上がってたんだ?」

シャア「かくかくしかじかで」

ハマーン「・・・大変だったな。それでよく死なずにすんだもんだな」

シャア「まあな」

236 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 23:18:43 ID:Fmy8.jMg (142/219)

ハマーン「それでこれからどうするつもりだ?」

シャア「・・・そうだな、まずはもう少し寝かせてもらおうか。疲れが・・・」

ハマーン「そこのベッドを使うとよい。それではいい夢を」

プシューー  

シャア「・・・そういえばここはハマーンの部屋なのか。懐かしいな・・・」



ハニャーン「シャア!ここがわたしのへやだ!」

シャア「ほほう、初めて入るがいい部屋だな。さすがハマーン」

ハニャーン「えへへ///」

シャア「そんなハマーンにお土産があります」

ハニャーン「え?なになに?」ワクワク

シャア「じゃじゃーん」

ハニャーン「わあー、ねこちゃんのぬいぐるみだあ!」ギュッ

237 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 23:22:32 ID:Fmy8.jMg (143/219)

シャア「どうだ?気に入ってくれたかな?」

ハニャーン「うん!こんな大きいぬいぐるみをありがとう!しゃあ!」

シャア「よかったよかった。苦労して選んだ甲斐があったもんだ」




シャア「このぬいぐるみ・・・まだ持ってたのか・・・」

シャア「こんなにボロボロなのに・・・所々縫ったあともあるな。確かあいつは裁縫は苦手と言ってたはず」

シャア「・・・ハマーン、お前は・・・」

シャア「・・・ん?この耳・・・」

カポッ

シャア「・・・あの時のネコミミ!すると・・・」

キュポ

シャア「・・・尻尾もだ」

238 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 23:24:32 ID:Fmy8.jMg (144/219)

シャア「こんなものまで大事に・・・」

シャア「・・・何だというんだ、この胸の切なさは・・・」

シャア「ハマーン・・・」


ハマーン「いまごろグッスリかなあ、ちょっとだけ顔を見に行ったり・・・///」

ミネバ「あ、ハマーンまた顔が赤いよ。大丈夫?」

ハマーン「え?え、ええ大丈夫ですよ?」

239 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/06 23:27:23 ID:Fmy8.jMg (145/219)

-----数十分後-----

ハマーン「そうだ、私は今から自分の部屋に入るんだ。けっしてシャアの寝顔を見るなんて事は断じてない!」

ツカツカツカ

アクシズ兵「あ、ハマーン様!」ビシッ

アクシズ兵「ご苦労様です!」ビシッ

ハマーン「うむ、そなたたちもご苦労だな。無理はするなよ?」

アクシズ兵「は、はい!」

スタスタスタ

アクシズ兵「やっぱハマーン様はいいなあ・・・」

アクシズ兵「今日は心なしかいつもより色気があったような・・・なんにしてもいいなあ・・・」

240 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 00:46:25 ID:BWH5OH7Y (146/219)

ハマーン「うー・・・」ウロウロウロウロ

ハマーン「・・・よし!」

コンコン プシュー

ハマーン「は、入るぞー・・・」コッソリ

シャア「・・・」グーー

ハマーン(ふふ、グッスリ寝ちゃって。そんなに疲れていたのかしら?)

シャア「ん・・・ハマーン・・・」

ハマーン「!!」ビクンッ

ハマーン(ババババレターーー!?)

シャア「むにゃ・・・」グーー

ハマーン「な、なんだ寝言か・・・驚かすでないわ・・・」ホッ

245 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 21:14:36 ID:BWH5OH7Y (147/219)

シャア「すまん、ハマーン・・・」ウーンウーン

ハマーン(うなされているのか・・・?、にしてもなぜ私に謝っているのだ・・・)

シャア「うう・・・すまん・・・」

ハマーン(涙!?、なんだかわからないけど・・・)

ゴソゴソ ポフッ

ハマーン「・・・うなされているなら仕方ない。私が付きっ切りで監視してなきゃな・・・///」

シャア「うーん・・・」ダキッ

ハマーン「!!!!」カアアァァア

シャア「温かい・・・暖かいぞハマーン・・・」

ハマーン(あわわわわわわ///)

246 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 21:19:39 ID:BWH5OH7Y (148/219)

------翌朝-------

シャア「・・・うーん?、朝か・・・」

シャア「ん?、なんだこのふくらみ・・・」

バサッ

ハマーン「すう・・・すう・・・」

シャア「・・・なぜここにハマーンが」

シャア「・・・何にせよ問いただすのは後だ。今はこの寝顔を堪能しようではないか」

ハマーン「んん・・・?あさか・・・?」

シャア「(可愛い)いい朝だぞハマーン、宇宙に朝も夜もないがな」

ハマーン「あれ?私なんでシャアのベッドに・・・ベッドに!?」

バチコーーン

シャア「もげふっ!」ズシャァ

ハマーン「き、貴様!私をベッドに連れ込んで何をしようとしたんだ!!」カアアアァ

シャア「ま、まてハマーン!潜り込んできたのはそっちだろう!」

247 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 21:23:55 ID:BWH5OH7Y (149/219)

ハマーン「あ・・・」←昨夜の事を思い出す

ハマーン(そ、そうだったーー!)

ハマーン「す、すまぬシャア!怪我は大丈夫か!」

シャア「ぐふ・・・今のビンタは聞いたぜ・・・」ヨロヨロ

シャア「こうやって殴られたのも久しぶりだな・・・」ヨロヨロ

ハマーン「とりあえず座るがよい・・・」


シャア「でだ」

ハマーン「何だ」

シャア「何だではないだろう。なぜ私の寝ている横で寝ていたのだ?」

ハマーン「だってここ私の部屋だしそれも私のベッドだし・・・?」

シャア「昨日確かベッドを使っていいと言われたはずなんだがなあ」

ハマーン「・・・うなされてたんだよ。お主が」

シャア「何だと?」

248 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 21:28:24 ID:BWH5OH7Y (150/219)

シャア「そういえば・・・確か夢を見ていたな・・・」

ハマーン「ほほう、私でも出ていた夢なのか?」

シャア「!、なぜ分かった!」

ハマーン「昨日寝言でな、なぜかお前に謝られたんだ。いったいどんな夢を見たんだ?」

シャア「覚えていない、だがとても切なくなったんだ・・・」

ハマーン「ふむ・・・まあよい。してお前はこれからどうするのだ?」

シャア「とりあえずここを案内しては貰えぬか?、その間にこれからの計画を練りたいのだ」

ハマーン「ふむ・・・まあそれもよかろう。ついてくるがよい」

プシューー  スタスタ

249 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 22:39:42 ID:BWH5OH7Y (151/219)

アクシズ兵「ハマーン様に敬礼!」

ズラッ  ビシッ

ハマーン「うむ、もうよいぞ」

アクシズ兵「はっ!」

シャア「ふむ、士気は相当に高いようだな」

ハマーン「元々はジオンの敗残兵だからさ、ベテランが多いんだ。さしずめ少数精鋭ってとこだな」

シャア「ふむ・・・敗残兵・・・か」

ハマーン「ほら、ここが訓練室だ」

シャア「なるほど、そのまま外につながってるのか」

ハマーン「訓練用MSで操縦訓練もするしな」

250 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 22:59:33 ID:BWH5OH7Y (152/219)

『一番機!前に出すぎだぞ。四番機は二番機の援護だ!』

ハマーン「ライデン少佐、精が出るな」

ライデン「おや、ハマーン様。視察ですか?」

ハマーン「まあそんなところだ。貴官に紹介したい奴がおってな」

ライデン「ふむ・・・あなたはもしや・・・」

シャア「シャア・アズナブルだ。貴官の活躍はジオンにいたころから聞いている」

ライデン「俺は元ジオン突撃機動軍キマイラ隊のジョニー・ライデンだ。あの赤い彗星に会えるとは光栄だな」

ライデン『各員訓練を一時中止、集合せよ!』

バタバタ タタタタ

ライデン「シャア・アズナブル大佐に敬礼!」ビシッ

ビシィッ!

251 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 23:39:35 ID:BWH5OH7Y (153/219)

ライデン「大佐、折角だし演習を見ていかないか?」

シャア「ふむ、、実力を知っておくのもいいことだ」

ライデン『各員、これより模擬戦闘訓練を行う。各自訓練用MSに乗り込め!』

シャア「少佐、これは相手は同じアクシズ兵か?」

ライデン「ん?ああ、兵同士で訓練させてるが・・・」

シャア「余ってるMSはないか?私が全員を相手にしよう」

ライデン「いいのか?20人はいるぞ?」

シャア「20人といっても訓練兵だ。やれるさ」

ライデン「よしわかった。誰か余ってるMSを持ってきてくれ!」

アクシズ兵「はっ!」タッタッタ

252 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 23:47:35 ID:BWH5OH7Y (154/219)

ライデン『今日はシャア大佐が直々にお前らの相手をする!心してかかるように!』

ザワザワ ガヤガヤ

ライデン『10分後に集合する!それまで装備の点検をしておくように!』

シャア「あれは初めてみるMSだな。見た感じ作業用MSといった感じだが」

ハマーン「ああ、あれはガザCといってな。作業用MSを改修したやつだ」

シャア(ザクタンクよりは見た目はいいな・・・)

アクシズ兵「ライデン少佐、MSを持ってきました」

ライデン「よし、ペイント弾とゴムのヒートホークを装備させておくように」

シャア「ザクⅡF型か、なつかしいな・・・」

ライデン「そうだな、俺が始めて実戦で使った奴もこいつだった」

シャア「歴史とは変わるものだな・・・」

253 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/07 23:56:12 ID:BWH5OH7Y (155/219)

ウィーン ガコン ガコン ガシャン

ライデン『よし、全員集合したな。これより本日の模擬戦闘訓練の内容を発表する』

ライデン『相手はシャア大佐のザクⅡ一機だ。君たちの中で誰か一人でもシャア大佐の機体に攻撃を当てれたら君たちの勝利だ』

ライデン『なおシャア大佐の勝利条件は君たちの全滅だ。大佐は先に出撃している。索敵訓練も兼ねて行うように』

ライデン『では出撃!』

ゴオオオオオオ  ゴオオオオオオ

ハマーン「行ったか、さすがに訓練兵といえど20人はキツそうだな」

ライデン「なーに、ここらで圧倒的な実力の敵を見せておくのも勉強ですよ」

ハマーン「・・・そうだな」フフッ

257 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/08 20:28:56 ID:IbfyDCE6 (156/219)

シャア「・・・来たか」

シャア「ふむ、前に五機、左右に5機、後方に五機か・・・。フォーメーションとしてはまあまあだな」

シャア「まずは左右からだな」ゴオオォォォ



アクシズ兵『こちらスカーレット1、スカーレット2、3応答せよ』

アクシズ兵『・・・どうしたスカーレット2,3応答せよ』

アクシズ兵「応答しない・・・?、まさか!」


『こちらスカーレット1、スカーレット2,3応答せよ』

シャア「ふむ、これで左右は全滅だな」

シャア「次は後方だな・・・」ゴオオオォォオオ

259 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/08 20:55:48 ID:IbfyDCE6 (157/219)

アクシズ兵中尉「軍曹、レーダーはどうなっている?」

アクシズ兵軍曹「はっ、360度異常ありません」

アクシズ兵中尉「静かすぎるのも妙だな・・・」

アクシズ兵一等兵「いまごろやられてるんじゃないっすか?」

アクシズ兵伍長「赤い彗星を舐めちゃかかってはいけないぞ一等兵、何たって元ジオンのエースだったからな」

アクシズ兵一等兵「でもそれも7年前でしょ?、さすがに衰えてるはず・・・」

ヒュウーーー  ベチャッ

アクシズ兵一等兵「・・・ん?」

アクシズ兵伍長「一等兵被弾!、くそ!どこからだ!」

アクシズ兵中尉「軍曹、解析急げ!伍長は右、一等軍曹は左警戒!」

ヒューー ヒューー  ベチャッ

アクシズ兵伍長「う!被弾しました!」

アクシズ兵中尉「くそっ!なんて事だ!」

260 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/08 22:13:11 ID:IbfyDCE6 (158/219)

アクシズ兵軍曹「敵接近中!二時の方角です!」

ゴオオォォオオ

シャア「ふふ、後三機か・・・」パシューン パシューン

アクシズ兵中尉「く、的確だな・・・!」

アクシズ兵一等軍曹「このやろう!」ピシューン

シャア「ふっ・・・」ピウーン

アクシズ兵中尉「き、消えた・・・・?」

261 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/08 23:41:01 ID:IbfyDCE6 (159/219)

シャア「もらった!」ピシューン ピシューン ピシューン



ライデン「結局こっちが全滅か・・・」

シャア「まあまあだったな。後はもっと周囲を警戒するようにでも言っておくといい」

ライデン「まだまだだな・・・」

ハマーン「おつかれだな、シャア」

シャア「おや、見てたのか?」

ハマーン「赤い彗星はまだ落ちてなかったようで安心したよ」

シャア「まだ落ちるわけにはいかないのだよ・・・ジオンの再興のためには」

ハマーン「とりあえず昼を食べにいこうではないか。もういい時間だ」

シャア「ふむ、そうしようか。ライデン少佐もどうかね?」

ライデン「ははっ、二人の時間を邪魔するほど落ちぶれちゃいねーさ。ゆっくりしなさんな」

ハマーン「ちがっ・・・そんな関係じゃ・・・」

267 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 21:37:10 ID:cUonibWk (160/219)

食堂

シャア「ふむ、美味いな」モグモグ

ハマーン「だろう?優秀なコックがいてな」


給仕兵「タムラさーん、塩30kg持ってきましたー」

タムラ「ごくろーさん、そこ置いといてやー」

給仕兵「ふう・・・しかし塩買いだめしすぎだろう・・・」

給仕兵「何か昔にあったんじゃないか?塩が無くて困ったことでも」

タムラ「ほい塩定食上がったよー」

268 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 21:43:09 ID:cUonibWk (161/219)

シャア「食った食った」ゲフゥ

ハマーン(丼3杯・・・)

シャア「ちと眠いな。寝よう」スタスタ

ハマーン「そうだ、まだお前に部屋を割り当ててなかったな。こっち・・・ってどこへ行く」

シャア「私の部屋はここでいい」

[101 ハマーン・カーン]

ハマーン「ふっ、ここは私の部屋じゃないか。何をいって」

スタスタ

ハマーン「人の話を聞け!俗物!」

269 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 22:10:42 ID:cUonibWk (162/219)

シャア「はあー」ポフ

ハマーン「ちょ、そこ私のベッド・・・」

シャア「細かいことは言うなよ」

ハマーン「いや、プライバシーとか無視だな」

シャア「それともあれか、私がこの部屋にいて何かまずいことが?」」

ハマーン「いや、ないが・・・ってそうじゃなく」

シャア「・・・」グーー

ハマーン「はあ・・・あほらしい」

271 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 22:44:51 ID:cUonibWk (163/219)

ハマーン「・・・」チラッ

シャア「」グーー

ハマーン「・・・なんだか眠いなあ」チラリ

シャア「」グー

ハマーン「そうだなあ、寝ようかなあ」チラリ

シャア「」グーー

ハマーン「・・・」ゴソゴソ  ポフッ

シャア「」グーー

ハマーン「」スーー

272 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 23:00:05 ID:cUonibWk (164/219)

ウーーウーーウーー

ライデン「なんだ?敵襲か!?」

『緊急アナウンス、敵MS中隊接近中。ただちにMS隊は迎撃にあたってください』

ライデン「ハマーン様はどこだ!」

ピシューン スタタタ

ライデン「な、何かすり抜けたぞ・・・?」


コンコンコンプシューー

マシュマー「ハマーン様!敵襲でs・・・」

ハマーン「」スーー

シャア「」グーー

マシュマー「落ち着け落ち着けこれは罠だそうだ罠」

ハマーン「んん・・・しゃあ・・・」ギュッ

マシュマー「う・・・うそだあああああああ」ダダダダダ

ハマーン「・・・んん?んん・・・」スーー

274 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 23:19:39 ID:cUonibWk (165/219)

ライデン「くそ、連絡はまだつかないのか!」

アクシズ士官「第一防衛線突破!間もなく来ます!」

ライデン「もう間に合わない、総員迎撃に出るぞ!」


ガイーン ガイーン  ゴオオオオオォォォオオオ


マシュマー「・・・ハマーン様ハマーン様ハマーン様ハマーン様」ブツブツ

ミネバ「ねえきゃら、なんでましゅまーはずっとかべにむかってあるいてるの?」

キャラ「・・・色々あるんだ。そっとしといておやり」

275 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/14 23:30:25 ID:cUonibWk (166/219)

ゴオオオオオ  ガシャーン  ガシャンガシャン

ライデン「何とか撃退できたな・・・」

キャラ「お疲れだねえ、ライデン少佐」

ライデン「おや、キャラ殿。私はいいのですが部下が・・・」

キャラ「ま、今日のところはゆっくり休ませてやりな」ポン


ツカツカツカ

ハマーン「ご苦労だったな、ライデン少佐。よくやってくれた」

ライデン「ハマーン様!いままでどこへ?」

ハマーン「ずっと部屋にいたのだがな。マシュマーは呼びにこなかったようだ」

キャラ(ああ・・・)

278 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 17:51:57 ID:4hzx2CCU (167/219)

キャラ「元気だしなってマシュマー、明日はいいことあるさ」

マシュマー「ハマーン様・・・なぜゆえあのような下劣な男と・・・」

キャラ「あの人はハマーン様の元カレだったから仕方ないさ」

マシュマー「何故今ごろになって戻ってきたんだ!こうなれば・・・」

バッ タッタッタ

プシューー

マシュマー「そこの金髪男!私と決闘しr・・・」

ハマーン「なんだマシュマーか、騒ぐでないわ。気が散る」

シャア「ちょっいてて、頼むからよそ見をしないでくれ。変な所に当たるんだ」

マシュマー「ハ、ハ、ハ、マーン様・・・なぜそいつを膝枕・・・」

ハマーン「耳掃除してるんだよ。シャアがしてくれと言ったからな」

279 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/15 21:25:26 ID:4hzx2CCU (168/219)

キャラ「何だって!?マシュマーが脱走?」

アクシズ士官「え、ええ。ザクⅢで・・・」

キャラ(何があったんだマシュマー・・・)



マシュマー「・・・ぐすん」ヒック

ジャミトフ「お客さん、そろそろお止めになったほうが・・・」

マシュマー「うるさい・・・マスターには私の気持ちなどわからな・・」バタン グーー

ジャミトフ「はあ・・・コーヒーで酔い上戸になるとは・・・」

281 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 19:31:59 ID:nA32gdPw (169/219)

ジャミトフ「こっちにももう一人いるのに・・・」チラッ

ガロード「ううっ・・・ティファ・・・ごめんなさい・・・」

ジャミトフ「お客さーん、そろそろ閉店ですよー」

ガロード「・・・」グスン

ジャミトフ「・・はあ、まったく・・・」

282 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 20:35:39 ID:nA32gdPw (170/219)

カランカラン  

ジャミトフ「おや、お客さん。もう閉店でして・・・」

ティファ「すいません、うちの主人のガロードは・・・」

ガロード「・・・んえ?」

ティファ「あ、いたいた。こんな所で伸びちゃって・・・」

ガロード「な、なんでここが・・・」

ティファ「前に行きたいって言ってたじゃないの。もう・・・」

ガロード「すいません・・・もうニプルファックとかしないんで・・・ほんとすいません・・・」

ティファ「べ、別にそれはいいのよ・・・とりあえず帰るわよ!」

ガロード「は、はひ・・・」グスン

カランカラン

ジャミトフ「・・・ニプルファック・・・」

285 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 22:36:20 ID:nA32gdPw (171/219)

キャラ「あ、うん・・・わかった。ごめんねこんな時間に、うんバイバーイ」ガチャリ ピッ

ハマーン「どうだ、いたか?」

キャラ「いえ、ネオ歌舞伎タウンにも・・・」

ハマーン「そこにもいないとなると・・・もうあてがないぞ?」

シャア「あーいうタイプは冷静になればすぐ帰ってくる。気長に待つことだな」ムシャムシャ

キャラ「まあそうなんだけどね。今回はいつもより取り乱し方が半端じゃなかったからさ・・・」

ハマーン「まあとりあえずもう暫くは待つことにしようか。エンドラの艦長の座は降ろさなきゃならんが」

キャラ「後任には誰を?」

ハマーン「そうだな・・・シャア」

シャア「なんだ?」

ハマーン「お前にエンドラの艦長になってほしいのだ」

286 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/16 22:47:59 ID:nA32gdPw (172/219)

シャア「私なんかでいいのか?」

ハマーン「お前の指揮能力の高さは評価してある。是非やってほしいのだが・・・」

シャア「よし、いいだろう。だが後で・・・これだぞ」

ハマーン「!!・・・シャアも好きモノだな・・・///」

キャラ(なんだあのジェスチャー。そしてなぜハマーン様が顔を赤くされて・・・?)


シャア「というわけで前任のマシュマー・セロの代わりに私、シャア・アズナブルがエンドラの艦長を務めることとなった」

エンドラ隊員「おーー」

ゴットン(よかった、普通の人だった・・・)

シャア「なお君たちにはこの艦にいる内はこのネコミミをつけてもらう」スッ

エンドラ隊員「」

ゴットン(やっぱり変な人だった・・・)

289 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 17:26:58 ID:xMMvX0nw (173/219)

月日は流れ・・・

チェーン「アムロ大尉ー」

アムロ「ん、チェーンか。どうした?」

チェーン「いえ、νザクタンクの製作状況はどんな感じかと」

アムロ「いまやっと戦車部分が出来たところだ。後はユニットのザクを見つけなきゃな・・・」


ブライト「何?ネオジオンが再結成表明だと?」

トーレス「ええ、先ほどスウィート・ウォーターから通信予告が届き・・・」

ブライト「ネオジオン・・・何をするつもりだ?」

290 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 18:06:11 ID:xMMvX0nw (174/219)

アムロ「何だと?ネオジオンが?」

ブライト「ああ、そろそろ放送されるはずだが・・・」

パッ

『地球圏、並びにコロニーの諸君。初めましてというべきかな』

ブライト「こ。この声は・・・」

アムロ「・・・シャア!?」

シャア『我々は未だ二次元なぞという架空のデータに踊らされているアースノイドには絶望した!』

シャア『よってここにネオ・ジオン改めロリ・ジオンの結成を発表する!』

アムロ「何だと!?」

ブライト「ロリ・ジオンだと・・・」

292 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 20:02:10 ID:xMMvX0nw (175/219)

シャア『我々の目的はずばり、全アースノイドにネコミミの着用義務を与えることだ』

アムロ(しょぼい・・・)

ブライト(しょぼい・・・)

シャア『そのためにはどんな手段でも使うつもりでいる。最悪コロニーを落とすもや知れん』

シャア『と、いうわけだ。では諸君、アディオス!』

プツーン

アムロ「・・・」ギリギリ

ブライト「アムロ・・・」

アムロ「そんなネコミミごときに・・・屈するわけには行かない!ブライト!」

ブライト「わかってるさ。全乗組員に告ぐ、これよりロンド・ベルはロリ・ジオンの野望を阻止するべく単独活動に入る!」

295 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 21:58:22 ID:xMMvX0nw (176/219)

シャア「こんなものかな」

ハニャーン「いい演説だったぞシャア。さすがはダイクン家の息子だな」

キャラ(うーん・・・さすがはシャア・アズナブルと言ったところか・・・絶大なカリスマ・・・)

ハニャーン「で、これからどうするんだ?早速コロニーでも落としにいくのか?」

シャア「はは、まさか。落とすとしたらまずは中古の安いコロニーを探さないとな」

ゴットン(買うつもりなのか・・・ある意味フェアだな)

シャア「まずは地球各地にネコミミ専門店を開店させることだな。地域に馴染ませて各地でブームにさせるのがまず第一だ」

ハニャーン「おや、以外と温和な作戦だな」

シャア「なーに、まだ序の口さ」

296 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 22:06:16 ID:xMMvX0nw (177/219)

『・・・各地ではネコミミブームが着々と広がりつつあります。今年最大のトレンドはやはりネコミミで決まりでしょう』

アムロ「最近鳴りを潜めてると思えば・・・まさか裏でやっていたとは!」

ブライト「なんと・・・地球にネコミミの春が訪れるのも時間の問題だな・・・」

トーレス「か、艦長!」

ブライト「なんだトーレス?」

トーレス「ネオ・・・ロリ・ジオンと思わしきMSが!」

アムロ「何だと!?」

ブライト「くっ!第一級戦闘配備!各員出撃準備だ!」

ザワザワ  ガヤガヤ  

アムロ「こうしちゃいられない・・・チェーン、νザクタンクはどうだ?」

チェーン「まだ完成してないわ!」

アムロ「何てことだ・・・!」

297 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 22:10:11 ID:xMMvX0nw (178/219)

アムロ「何かないのか!代わりになるMSが!」

チェーン「そういえば・・・アストナージ、この前のガンタンクは補修済んだの?」

アストナージ「ああ、宇宙用に機体も改修してあるぞ」

アムロ「ガンタンク?」

チェーン「ええ、確か一年戦争で使われた奴らしいけど・・・」

アムロ(確かガンタンクは予備なんてなかったはず・・・パーツもそういえば燃やしたな)


アムロ「これは・・・」

チェーン「陸戦強襲型ガンタンクと言うらしいわ」

アムロ「思ってたやつと違ってた・・・」

298 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 22:12:50 ID:xMMvX0nw (179/219)

アムロ「こんなんで本当に宇宙空間を飛べるのか?」

チェーン「あなたもザクタンクで宇宙に来たじゃないの。同じことよ」

アムロ「そりゃそうだが・・・武装は?」

チェーン「220mmキャノンに腕部ボッブガン、56連装ロケットランチャーに大型火炎放射器、MLRSと30mm機銃ね」

アムロ「なかなかだな。うちのザクタンクほどではないが」

300 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 23:09:11 ID:xMMvX0nw (180/219)

アムロ「よし、敵部隊はすぐそこまで迫ってきている。出撃だ!」

ギュラギュラギュラ カシャーン

アムロ「やはりキャタピラの音はいいものだ・・・落ち着く」

アムロ「アムロ、出る!」

ヒュラヒュラヒュラヒュラ プシューー  シュゴーー

チェーン「よし・・・私も!」

チェーン「チェーン・アギ、ジェガンで出ます!」

ガシーン  シュゴオオオオォォォ

チェーン『アムロ大尉、調子はどうですか?』

アムロ『さすがはアストナージだ。宇宙でも違和感がない』

チェーン『タンクが宇宙を飛ぶのってなんというか・・・変ですね』

アムロ『いまごろ向こうも同じことを思ってるころさ』

301 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/17 23:45:38 ID:xMMvX0nw (181/219)

ハニャーン「おや、たった二機?」

ライデン「俺達も随分舐められたもんだね」

シャア『あのタンクは特に注意しろ。操縦者は並みのパイロットではないからな』

キャラ「はんっ!タンクなんて宇宙で・・・溺れておけばいいのさ!」


アムロ『来たぞ・・・チェーン!後方で支援してくれ!』

チェーン『わかったわ!』

アムロ『よーし・・・いくぞ!』

ゴオオオォォオオオ

305 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/19 23:29:21 ID:lh40JHlY (182/219)

キャラ「ふん、あんなタンクもどき・・・落ちろ!」

アムロ「おっと、宇宙じゃこいつは使いづらいな・・・」

シャア「ふむ・・・さすがはアムロといった所だ。宇宙でタンクを自在に操れるとは・・・だが!」

アムロ「!」ピキーン

アムロ「来たなシャア!そこだ!」

シャア「当たらんな!我がロリ・ジオンの英知の結晶・・・ニャニャビーの敵ではない!」

チェーン「な、なによあのMS・・・赤い上にネコミミ・・・」

307 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/21 20:02:21 ID:7Ko6eOJE (183/219)

シャア「ゆけ!ファンネル!」

アムロ「!」ピキーン

アムロ「くっ、かするな・・・!さすがにこのMSだとよけるのは辛い・・・」

チェーン「アムロ!上よ!」

アムロ「!」

ライデン「くそ、気づかれた!」

アムロ「ちい!十字砲火か!」

シャア『ハニャーン、ライデン。今だ!』

アムロ『チェーン!でかいのが来るぞ!こっちに来い!』

308 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:17:02 ID:88jNHNo6 (184/219)

シャア『これで・・・決める!』

アムロ「・・・いまだ!」

プシューー  モクモクモクモク

シャア「な、スモークディスチャージャーか・・・」

ライデン「まさかあんな前時代的なものを使われるとは・・・な」

ハニャーン「ちぃっ!」

シャア『まあいい、今回は様子見だ。各員帰還するぞ』


アムロ『・・・撤退したか』

チェーン『危ないところでしたね大尉』

アムロ『そうだな・・・しかし新しいMSを開発してたとは』

アムロ『とりあえずラー・カイラムに戻ろう。νザクタンクを突貫で完成させるぞ』

309 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:23:31 ID:88jNHNo6 (185/219)

アムロ「νザクタンクの調子はどうだ?」

アストナージ「ええ、後は試験飛行をして微調整を施せば完璧です」

アムロ「ふむ・・・」


シャア「地球でのネコミミ普及作戦はどうなっている?」

ロリ・ジオン士官「はい、現段階でおよそ40%です」

ハニャーン「順調だな、シャア」

シャア「ああ、これで裏工作もしやすくなるというものだ」

ハニャーン「時にシャア」

シャア「何だ?」

ハニャーン「食堂へ行かぬか?朝からロクに食ってないのではないか」

シャア「むう・・・そういえばそうだな。よし行くか」

310 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:27:06 ID:88jNHNo6 (186/219)

シャア「・・・ん?」

ハニャーン「どうしたシャア、早く食券を買わないと札が返却されるぞ」

シャア「あの子供達は何歳・・・ではなく何者だ?遠足に来たわけではあるまい」

ハニャーン「ああ、あいつらはグレミーの所の強化人間達だな」

プル「キャハハ!ひろいひろーい!」パタパタ

プルツー「もう姉さんったらはしゃぎ回っちゃって・・・」

シャア「・・・ええなあ」

311 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:27:56 ID:88jNHNo6 (187/219)

シャア「・・・ん?」

ハニャーン「どうしたシャア、早く食券を買わないと札が返却されるぞ」

シャア「あの子供達は何歳・・・ではなく何者だ?遠足に来たわけではあるまい」

ハニャーン「ああ、あいつらはグレミーの所の強化人間達だな」

プル「キャハハ!ひろいひろーい!」パタパタ

プルツー「もう姉さんったらはしゃぎ回っちゃって・・・」

シャア「・・・ええなあ」

312 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 00:33:51 ID:88jNHNo6 (188/219)

ハニャーン「どうしたのだシャア、食事もそこそこに・・・」

シャア「確かグレミーと言ったな。どこにいる?」

ハニャーン「確か実験室にいるはずだ。そこの角を右に曲がって突き当たりの左から二番目の部屋だ」

シャア「ちょっと会ってくる」


プシューー カツカツ

グレミー「・・・ここの思考回路を繋げて・・・第二プログラム起動、AZ-112356」カタカタカタ

シャア「ふむ、素晴らしい少女達だな」

グレミー「あ、あなたは・・・」

シャア「私はシャア・アズナブル。ロリ・ジオンの総裁だ」

グレミー「私はグレミー・トト。強化人間達のマスターです」

シャア「この子達が全てか?」

グレミー「ええ、大半はまだプログラム作成中ですが・・・」

シャア「さっき食堂に二人いたようだが」

グレミー「それぞれエルピー・プルとプルツーって言いましてね。初期の段階でまあテストパイロットみたいなもんです」

315 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 22:12:39 ID:88jNHNo6 (189/219)

シャア「プルツー?ナンバリングされてるということは・・・」

グレミー「ええ、クローンなんです」

シャア「ちょっとそこまで案内してほしいのだが」

グレミー「こちらです。ついてきてください」


シャア「・・・見渡す限りのクローン」

グレミー「ちょっとがんばっちゃいました」

シャア「素晴らしい!いますぐ全員起動だ!」

グレミー「いえ、それはできません」

シャア「何故だ!!」

316 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/22 22:50:37 ID:88jNHNo6 (190/219)

グレミー「クローンは視覚、嗅覚、味覚、感覚、聴覚。すなわち五感を全て共通しているのです」

シャア「・・・つまり?」

グレミー「クローンを起動させればさせるほど母体となった彼女、プルの負担が増すのです。一人や二人なら問題はありませんが」

シャア「それではこのクローン達は使えないではないのか?」

グレミー「それを今研究してるのです。個々に記憶や五感などの自立機能を持たせるために」

シャア「ふむ・・・。長いな」

グレミー「今やっとスタートラインに立った所ですね」

ヒョコッ

シャア「・・・ん?」

マリーダ「・・・ジーッ」

317 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 00:11:50 ID:dpTdRFms (191/219)

グレミー「ああ、マリーダか。挨拶しなさい」

マリーダ「・・・初めまして、マリーダ・クルスです」

シャア「ああ、よろしくマリーダちゃん」

マリーダ「私をちゃん付けで呼ばないでください!」

グレミー「マリーダはなぜかあの二人と比べて随分大人びているんだ。正式にはプルトゥエルブと言うのだがな」

マリーダ「・・・マスター。この人は?」

シャア「私はこのロリ・ジオンの総帥、シャア・アズナブルだ」

マリーダ「ふーん・・・」

318 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/23 00:34:20 ID:dpTdRFms (192/219)

プル「マリーダー、おやつだよー」

プルツー「早く来ないと取っちゃうぞー」

マリーダ「もう・・・やれやれ、仕方ないから行ってあげましょう」


シャア「やはりまだ子供なのだな・・・あんなに楽しそうにおやつを・・・」

グレミー「人間でいうとまだ小2くらいですからね」

シャア「・・・時にグレミー君」

グレミー「はい?」

シャア「あの子達を私に預ける気ないかね?」

323 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/24 22:21:33 ID:iorJUO2A (193/219)

アムロ「・・・あれから二ヶ月。相変わらず向こうは音沙汰なしか・・・」

チェーン「ネコミミ拡散作戦は相変わらずなのよね。もう80%は浸透してるらしいわ」

アムロ「しかし妙だな、特に動きがないのは・・・嵐の前の静けさだな・・・」


ライデン『・・・こちらキマイラ隊。準備完了だ』

シャア『うむ、そっちはどうだ?』

ハニャーン『こっちも準備完了だ。シャア』

シャア『よし、総員戦闘開始!目標はアクシズ奪取だ!』

324 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/24 23:14:44 ID:iorJUO2A (194/219)

アデナウアー「・・・向こうの様子は?」

連邦士官「はっ、以前変わらず」

アデナウアー「しかしアクシズごとき引き渡すだけで武装解除が出来るとはな・・・」



シャア『相手は戦艦のみだ。だが油断はするな!』

ライデン「はっ!一番乗りだ!」

ハニャーン『わがキュベレイ小隊も遅れを取るな!』

325 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/25 00:04:42 ID:q1Zm.WyQ (195/219)

連邦士官「前方より高熱源体急速接近・・・MSのようです!」

アデナウアー「なんだ?我が軍が見物のためにでも寄越したというのか?」

クラップ艦長「・・・どうやらその様子ではないようですな」
ハニャーン『二号機、三号機は正面より陽動、私と四号機は左右より奇襲をかける!』

プル「よーし・・・やっちゃうぞー!」

プルツー「あんなでかいのすぐ落としてみせる!」

連邦士官「敵MSより攻撃!」

アデナウアー「何だと!?なぜ攻撃をしてくる!」

クラップ艦長「搭載MSを出撃させろ!対空砲火もかかすな!」

アデナウアー「何かの間違いじゃないのか?」

クラップ艦長「何言ってるんです!我々ははめられたのですよ!」

326 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/25 00:11:12 ID:q1Zm.WyQ (196/219)

プルツー「そんな対空砲火ごときに・・・」

プル「ファンネル行っちゃえ!」

ハニャーン「さすがは強化人間と言ったところか・・・ファンネル!」


連邦士官「二番艦撃沈!二番艦撃沈!」

クラップ艦長「ええーい!護衛のMSはどうなってる!」


プルツー「これで最後だ!」

連邦パイロット「う、こんなのに適うわけがあああぁぁぁ」ドゴオオォォォン

ハニャーン「邪魔者は片付けたな!目標はあの戦艦だ!」

連邦士官「護衛MSビーコン消滅!全滅です!」

クラップ艦長「艦を180度回転、この宙域より脱出する!」

アデナウアー「な、アクシズの引渡しは・・・」

クラップ艦長「この状態でどうしろというのです!」

327 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/25 00:16:32 ID:q1Zm.WyQ (197/219)

プル「逃がさないよ!」

連邦士官「敵MSより攻撃確認!よけ切れません!」

アデナウアー「よけれんのか!こんなとこで死ぬわけに・・・」


ハニャーン『敵艦隊の爆破確認。これで最後です』

シャア『よし、ライデン少佐の所もアクシズ奪取に成功した。全機帰艦せよ。ご苦労だった』

プル『楽しかったね!プルツー!』

プル『初めての実戦だったけど・・・おもしろかったな』

ハニャーン(これ程の実力・・・さすがだ)

マリーダ「・・・」

328 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/25 00:28:31 ID:q1Zm.WyQ (198/219)

ブライト「な、何だと!?和平交渉に向かった連邦艦隊が全滅!?」

トーレス「はっ!ロリ・ジオン側からの奇襲にあい・・・」

アムロ「・・・シャアっ!」



ハニャーン「シャア!」

シャア「ハニャーンか、よくやってくれた。おかげで我が理想にグンと近づけた・・・!」

ハニャーン「よかった!ところでプルシリーズの実戦結果だが、申し分ない結果となっているぞ」

シャア「うむ、予想通りだな。そろそろ第二ステップに行くころだ・・・」スッ

ハニャーン「なぜおもむろにネコミミを取り出す・・・?」

336 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/28 20:28:22 ID:mAxfDMl6 (199/219)

シャア「・・・作戦準備のほうはどうなってる?」

ハニャーン「現段階で97%だ。もうほとんど完成だぞ」

シャア「そうか・・・、とうとうだな」

ハニャーン「こいつをどうするのだ?シャアよ」

シャア「ははは、決まっているだろう」

シャア「落とすのだよ、こいつを地球にな。二次元などという存在しえない世界に生きるアースノイド共をこいつで・・・」



ブライト「ロリ・ジオン艦隊が動き出したか!」

トーレス「はい、地球のほうに進行中です。・・・ちょっと待ってください!」

ブライト「何か巨大な物体を引き連れてます!」

アムロ「まさか・・・アクシズ!?奴は地球に落とすつもりなのか!?」

ブライト「全艦60度回転!目標はロリ・ジオン艦隊だ!」

338 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/28 21:08:50 ID:mAxfDMl6 (200/219)

ブライト「見えてみたか、ロリ・ジオン艦隊・・・!」

アムロ「先手必勝だ!νザクタンク、出るぞ!」

チェーン「チェーン・アギ、リ・ガズィで出ます!」

連邦兵「アムロ大尉に続け!ジェガン隊出る!」



シャア「来たかロンド・ベル・・!」

ハニャーン「思ったより早かったな」

339 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/28 21:34:33 ID:mAxfDMl6 (201/219)

シャア「キマイラ隊はこいつの護衛を」

ライデン「了解!」

シャア「キュベレイ隊とエンドラ部隊は迎撃だ」

ハニャーン「分かったぞ」

キャラ「了解だよ」

ハニャーン「してシャア、貴様はどうするのだ?」

シャア「私か?私は・・・」



アムロ「!」

チェーン『アムロ!どこへ行くの?』

アムロ『シャアが・・・』

チェーン『え?』

アムロ『シャアが呼んでるんだ!』」

341 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/28 22:17:26 ID:mAxfDMl6 (202/219)

アムロ「くそ・・・シャアめ、どこだ!」

ライデン「ん?こっちに接近してくるMSが一機?」

ライデン「各員、潜伏!奇襲をしかける!」


アムロ「な・・・なんだこいつは!アクシズじゃない!?」

アムロ「これは・・・とてつもない大きさのネコミミだ!」

アムロ「こ、こんなものをシャアは・・・っは!何か来る!」


ライデン「避けられたか・・・!俺に続け!」

アムロ「敵MS!護衛隊か!相手をしてる暇は・・・!」

ライデン「二番機、三番機は左右へ散れ!十字砲火だ!」

アムロ「十字砲火を狙うつもりか?・・・させん!」

ロリジオン兵「へっ、あんな戦車もどき!」

ライデン「よ、よせ!二番機!戻るんだ!そいつは・・・」

アムロ「行け!フィンファンネル!」

342 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/28 22:40:17 ID:mAxfDMl6 (203/219)

アムロ「・・・残ったのはあのガザEだけか」

ライデン「くそっ・・・三機ものガザDを一瞬で!だが!」

アムロ「!!、早い!」

ライデン「伊達に真紅の稲妻と呼ばれてない!くらえぇ!」

アムロ「激情にかられて攻撃をしてはな・・・!」

ライデン「な!近い!」

345 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 21:54:11 ID:WVldS5B. (204/219)

アムロ「!!」

アムロ「こ、このプレッシャーは!」


シャア『無事か!ライデン少佐!』

ライデン『シャア大佐!』

アムロ「くそっ!現れたなシャアめ!」

シャア『ライデン少佐、ここは私に任せて退くんだ!』

ライデン『し、しかし・・・』

シャア『あいつは・・・あのタンクは私が仕留めなければならないのだよ!』

ライデン『・・・了解、ご無事でいてください!』

アムロ「逃がしたか!・・・それよりも」

シャア「決着のときだな!アムロ!」

346 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 22:06:08 ID:WVldS5B. (205/219)

アムロ『シャア!なぜこんなわけのわからないものを地球に落とす!本当に何がしたいんだ!』

シャア『地球に住むものは二次元の事しか考えていない!だから目覚めさせると決めた!』

アムロ『人が人に萌えを与えるなどと・・・!』

シャア『私、シャア・アズナブルがニャンニャンさせようと言うのだ、アムロ!』

アムロ『ネコだよそれは!』

シャア『地球が持たんときが来ているのだ!』



チェーン「くっ・・・何とか敵は撃退できた!」

連邦兵『大丈夫ですか、チェーン准尉!』

チェーン『何とかってとこね・・・機体は半壊よ。グレネードランチャーが無かったら死んでたわ・・・』

連邦兵『こちらの損害は5機が撃墜、9機が半壊状態です。すぐに艦に戻りましょう』

チェーン『よくそれだけで済んだわね。それでも半数以上がまともに動けない状態か・・・』

チェーン『動ける機体は友軍を艦の方へ誘導、私が援護するわ』

連邦兵『そ、その機体でですか!』

チェーン『敵を見つけることごらい出来るわよ』

347 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 23:46:52 ID:WVldS5B. (206/219)

アムロ「くっ、弾切れか・・・!ならば!」

シャア「ちぃっ・・・ライフルの弾が切れたか!」

アムロ「こうなったら!」

シャア「接近戦を仕掛ける気か!ならば!」


ブライト「核爆弾の準備は!」

トーレス「いつでも発射可能です」

ブライト(あんなわけのわからん物だが地球に落とすわけには・・・!)

ブライト「目標、巨大ネコミミ!発射ぁ!」

348 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 23:50:01 ID:WVldS5B. (207/219)

アムロ「はっ、あれは!」

シャア「ミサイルで壊そうというのか!ええぃ!」



トーレス「目標に着弾確認!」

ブライト「よし・・・これで終わった・・・」

トーレス「・・・艦長!ネコミミが・・・!」

ブライト「な、何!?壊れてないだと!?」

トーレス「目標は高速で地球に向かって落下を・・・」

ブライト「わ、我々は・・・落下への後押しをしてしまったのか・・・」

349 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/29 23:57:24 ID:WVldS5B. (208/219)

シャア『・・・ふふふふ、ははははっ!』

アムロ『何を笑ってるのだシャア!』

シャア『見ろ、あの巨大ネコミミを!』

アムロ『・・・何!落下してくだと!?』

シャア『私の勝ちだな!今計算してみたが巨大ネコミミの後部は地球の引力に引かれて落ちる。貴様らの頑張りすぎだ!』

シャア『想像してみたまえ!青い地球に我々の象徴、ネコミミが燦然と輝く姿を!』

アムロ(こいつ・・・馬鹿だ・・・だが!)

アムロ『ふざけるな!たかがネコッミミひとつ、ザクタンクで押し返してやる!』

シャア『馬鹿なことはやめろ!』

アムロ『やってみなければわからん!!』

シャア『正気か!?』

アムロ『貴様ほどロリに走りもしなければ、二次元に絶望もしちゃいない!』

シャア『うわあぁ!ネコミミの落下は始まっているんだぞ!』

アムロ『νザクタンクは伊達じゃない!』

351 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/30 00:03:43 ID:PrkrfmBg (209/219)

チェーン「これで全員救出ね」

連邦兵「はい」

チェーン「!?、あ、あれは・・・!」

ブライト「ネコミミに・・・何だあれは?MSらしきものが」

トーレス「画像解析・・・ああ!」

ブライト「何だトーレス!」

トーレス「νザクタンク・・・アムロ大尉です!大尉がネコミミに!」

ブライト「アムロ!まさか一人で押し出そうと!?」


チェーン「・・・!!」

連邦兵「准尉、どうなされ?」

チェーン「動けるMSは!」

連邦兵「え、あ、しかし・・・准尉!」

チェーン(アムロ・・・なんて無茶を・・・!)

チェーン「ジェガン出ます!」

連邦兵「じゅ、准尉!」

355 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/30 22:12:03 ID:PrkrfmBg (210/219)

チェーン『アムロ!』

アムロ『チェ、チェーン!なぜここに!』

チェーン『無茶よ!そんな機体でこれを押し戻すなんて!』

アムロ『やってみなきゃわからんだろう!軌道変更くらいできるさ!』

チェーン『・・・』

アムロ『チェーン!』

チェーン『私も手伝うわ。こんな機体でもないよりはマシでしょ?それに・・・』


連邦兵『急げ!あのネコミミを何としてでもくいとめるんだ!』

アムロ『お、お前達まで!無茶だ!』

連邦兵『大尉だけにいい格好はさせませんよ!総員ネコミミに取り付けぇ!』

アムロ『・・・馬鹿共が・・・』

356 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/30 22:18:30 ID:PrkrfmBg (211/219)

アムロ「くそっ・・・!止まらん!」

連邦兵『7番機持ちません!う、うわあああぁぁぁ』

連邦兵『これ以上はダメだぁ!くそおぉ!』

チェーン『み、みんな!何とかして・・・』

アムロ(やはり俺達だけでは・・・無理だったのか?)

アムロ「・・・ちくしょおおおぉ!」

チェーン『アムロ!向こう、向こうを見て!』

アムロ『くそ・・・そんな余裕は・・・ん?何だあのMS隊は!』

357 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/30 22:24:59 ID:PrkrfmBg (212/219)

マウアー「間に合うかしら?」

ジェリド「・・・間に合わせて見せる!バイアランのスピードを舐めるなよ!」


ハヤト「ジムⅢ小隊、目標はあのネコミミだ!」

カラバ兵「ジムⅢ、出ます!」


ビーチャ「なあ、こんな金ピカなMSで大丈夫なのか?」

ジュドー「宇宙で拾ったけどまあなんとかなるさ!そんなことより急ぐぞ!」


アムロ「な、何だ・・・?どんどんMSが・・・一体これは・・・」

358 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/30 23:27:22 ID:PrkrfmBg (213/219)

ハニャーン「こ・・・これは・・・」

プル「すごーい!地球がピカピカ光ってる!」

プルツー「何か分からんけど・・・すごい!」

シャア「・・・サイコフレーム」

ハニャーン「?」

シャア「あのMSパイロット達の気持ちで・・・サイコフレームが共振してるというのか」

ハニャーン「あ、ネコミミが・・・」


チェーン「ネコミミが・・・」

アムロ「・・・押し戻されて行く・・・」

トーレス「ネコミミ、進路を変更。地球から遠ざかっていきます!」

ブライト「やったか!」

359 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:00:09 ID:KFN9F2Ck (214/219)

インダストリアル7  アナハイム工業専門学校


バンクロフト「・・・と今から3年前に起こったこの事件はヌコミミ・ショックと言われており・・・おや、もう時間ですか。今日はここまで」

ザワザワ ガヤガヤ

タクヤ「あー終わった終わった!昼メシ食おうぜ!」

バナージ「そうだなぁ・・・おーいオードリー、食堂行こうぜー」

オードリー「はいはい、財布財布っと・・・」

タクヤ「けっ!イチャイチャしやがって・・・一人でいるこっちの身にもなれよな・・・」

バナージ「まあまあ、から揚げおごるからさ・・・ん?なんだこの地響き・・・」

オードリー「きゃっ!地震?」

タクヤ「お、おい!外を見ろよ!」

バナージ「あれは・・・地球連邦軍!?」

360 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:08:40 ID:KFN9F2Ck (215/219)

「こっちは駄目だ!」  「死にたくないよおぉ!」  「う、うわあああ」

バナージ「くそっ!こっちも火の手が・・・オードリー!こっちだ!」

オードリー「え、ええ!」


バナージ「はぁ・・・はぁ・・・ここならまだ・・・」

オードリー「コロニーの中で戦闘が起きるなんて・・・一体どうなってるの!?」

バナージ「わからない・・・ただ何かが起きているのは・・・」

「・・・ラプラスの箱」

バナージ「!、誰だ!」

カーディアス「全てはこの箱から始まったのだよ」

オードリー「あ、あなたは?」

カーディアス「私はカーディアス・ビスト。ビスト財団の当主であり・・・」

カーディアス「君の父親だ。バナージ」

バナージ「な、何だって!?」

361 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:20:39 ID:KFN9F2Ck (216/219)

バナージ「お、俺が・・・あんたの息子・・・?」

カーディアス「リンクスは妻の苗字だったな。まあ無理もない、君は私とは一度も会った事がないのだからな」

バナージ「・・・今そんなことを言ってどうするつもりだ!」

カーディアス「我がビスト財団には一つのMSがある。それがあればこの戦闘を止めれるかもしれん」



バナージ「確か・・・12番倉庫・・・」

オードリー「ここのようね。入ってみましょう」

バナージ「くっ!ここまでMSが・・・直にここも火の海だ!」

362 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:23:31 ID:KFN9F2Ck (217/219)

バナージ「暗くていまいち・・・見えない」

オードリー「スイッチ・・・これね」

カチッ カチカチ  パッ

バナージ「これは・・・教科書で見た・・・ザクか?」

オードリー「でも下半身が戦車よ。何かしらこれ・・・」

バナージ「どこかにマニュアルが・・・これか」


バナージ「ザクタンク?」

363 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:30:15 ID:KFN9F2Ck (218/219)

その後、ラプラスの箱を巡り、ユニコーンザクタンクで戦場を駆け巡るバナージ。

ロリ・ジオンの残党、通称耳付きとの戦い、マリーダ操るクシャトリニャとの出会い。

ラプラスの箱の正体、そして宇宙世紀の始まりの秘密を巡るのはまた別の話


                              ~完~

364 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/10/31 00:39:19 ID:KFN9F2Ck (219/219)

やっと書き上げれました。一ヶ月以上かかるとかダラダラしすぎた

タイトル落ちだったはずがなぜかここまで話を発展させるとは思いもよりませんでした

では今まで支援してくださった方々、ありがとうございました。おやすみなさい

関連記事
[ 2012/11/19 20:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/665-5fbb17fc



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。