女騎士「ここは……地下牢か」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 09:23:23 ID:UdoCSM1I (1/17)

女騎士「私は捕まったのか…」
黒服「おやおや、やっとお目覚めですか…?」
女騎士「…貴様は」
黒服「そのように殺気だたれても状況は変わりませんよ?聡明な騎士殿」


元スレッド情報
女騎士「ここは……地下牢か」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1327883003/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 09:29:01 ID:UdoCSM1I (2/17)

女騎士「くっ…私をどうするつもりだ」
黒服「そうですね、手始めに情報提供など…」
女騎士「断る!!」
黒服「予想通り且つ単純、仕方ありませんね…」
女騎士「くっ…なにをするつもりだ!」
黒服「尋問ですよ、では最初は…」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 09:36:02 ID:UdoCSM1I (3/17)

女騎士「触手……?」
黒服「えぇ、見ての通り触手ですよ」
女騎士「い、イヤだ…それだけは止めてくれ……」
黒服「おやおや、このごにおよんで泣き落としですか?」
女騎士「イヤ、助けて……」
黒服「傑作ですね、誇り高き女騎士が敵方に涙で濡らした顔をさらすとは」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 09:43:24 ID:UdoCSM1I (4/17)

黒服「ですが、長くも堪能していられない…私にも都合がある」
女騎士「やだやだやだやだやだやだヤダヤダヤだやだヤだ…」
黒服「では、情報の提供を?」
女騎士「わかったっ!なんでも言うから!
基地の場所も退路も次の襲撃地点も!」
黒服「……興醒めだわ」
女騎士「えっ…?」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 09:51:30 ID:UdoCSM1I (5/17)

黒服「お前が自分の貞操と故郷で板挟みになって
  苦しむのを見たかったって言ってんの」
黒服「なのになんだぁ?簡単に国売りやがってこのアマ…」
黒服「マジ萎えたわ…別に本当は情報とかいらないし」
女騎士「なんで…」
黒服「オレらの国の圧勝だから!!ったりめぇだろ剣対銃だぜ!?負け要素なしっ!!」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:00:24 ID:UdoCSM1I (6/17)

黒服「もうお前の国滅んでますからっ!今更情報とか…超ウケルー!」
黒服「まあ言い換えればお前には最初から
  辱めを受けるしか道無しってワケ」
女騎士「こ、この人でなし!!」
黒服「…おいおい口のきき方に気いつけろよ」
黒服「もっと非道なこともできんだぜ…?」
黒服「……いいこと思いついた、お前これやれ」
女騎士「…紙になにか書いてある?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:01:47 ID:UdoCSM1I (7/17)







女騎士「…ID腹筋?」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:02:40 ID:EMiY00W2 (8/17)

前フリ長っ


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:09:46 ID:UdoCSM1I (9/17)

黒服「ってのは嘘だ、ガッカリした?」
女騎士「お前はどこまでっ…」
黒服「まあまあ、お前が素直に腹筋したからオレも気ぎかわったの」
黒服「…ちょっと罰ん軽くしてもいいんだぜ?」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:15:10 ID:UdoCSM1I (10/17)

女騎士「ほ、本当か!?」
黒服「オレも根っからの悪人じゃないの
  だから少しだけ軽くしてやるよ」
黒服「そうだよな~初めてが触手とかヤダよな~~」
黒服「やっぱ最初はちゃんとしたペニスだよな~」
女騎士「それって…どういう…」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:23:10 ID:UdoCSM1I (11/17)

黒服「入っていいぞ♪」
女騎士「えっ……あれってオーガ…?」
黒服「おっさすが女騎士殿はわかってらっしゃる」
黒服「あれはオーガの中でも極北に生息する種であり
  通常種の約1.2倍のおおきさ!」
黒服「しかも生物が生きづらい土地だから性欲旺盛!」
黒服「じゃっ二人で楽しんでね~」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:29:08 ID:UdoCSM1I (12/17)

女騎士「やっやめろ…くるな!来るな!!」
しかし鎖から放たれた獣は
その膨張したペニスを迷うことなく
女体の秘部へと突き挿した
女騎士「っヅあ゛あああッ!」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:34:24 ID:UdoCSM1I (13/17)

処女、しかも前戯も無しに
挿されたその痛みは実にたえがたいはずだった
だが、
女騎士(あれ?想像したより痛くない)
黒服「そうそう」
ひょっこりと何処からか顔をだした
黒服がこう言い放った


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:40:43 ID:UdoCSM1I (14/17)

黒服「貴方五日も寝てたんですよ~」
黒服「ですから暇だったのでその間開発させてもらいましたテヘペロ☆」
女騎士「いひっだめ…だめ…っあぁ」
しかしそんな声もすでに快感の虜になっていた
彼女にはとどかなかった


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:46:34 ID:UdoCSM1I (15/17)

黒服「…墜ちましたね~素質あり?」
女騎士「んっんん゛っあぁあぁあああぁああああっ」 
黒服「そんなに悦んでもらえたうえに
  派手にイッてしまわれて……
  調教人冥利につきます」
女騎士「っっあ、もうっんあら、らめっ」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:50:54 ID:UdoCSM1I (16/17)

とどめとばかりに
オーガのピストンが加速していく
そして 

ドプっドピュドプ

女騎士「っあはぁぁあ゛あああぁん!」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/01/30(月) 10:56:05 ID:UdoCSM1I (17/17)

オーガの射精とほぼ同時に彼女も達した
黒服「見応え抜群!!…でもこれで終わりじゃないですよ?」
黒服「言いましたよね?性欲旺盛だって…」
しかしそんな言葉もいまの彼女には
媚薬にしかなりえなかった
まだ夜ははじまったばかり……



FIN


関連記事
[ 2012/01/30 10:57 ] オリジナル作品 女騎士 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/66-4f9c9c1a