C.C.「安価で暇そうな奴らにギアスでも与えてみるか」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:01:27 ID:aD8vPznc (1/45)

C.C.「暇だな」

C.C.「おい、そこのモブ」

玉城「なんだ、ゼロの愛人かよ」

玉城「何の用だ?俺は今から部下の連中と飲みに行くから忙しーんだよ」

C.C.「何、時間は取らせんさ」

C.C.「お前、王の力は欲しくないか?」

玉城「王の力~?」

玉城「まあ、よくわかんねーけど、貰えるもんなら貰ってやるぜ」

C.C.「妙に上から目線だな。モブのくせに」

C.C.「まあ、いい」

C.C.「貴様にくれてやる王の力(ギアス)は >>2 だ」

元スレッド情報
C.C.「安価で暇そうな奴らにギアスでも与えてみるか」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1345708887/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:04:50 ID:wXE0sUCA (2/45)

ウザクと扇に不幸が訪れる力

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:14:50 ID:aD8vPznc (3/45)

玉城「枢木スザクと扇に不幸が訪れる力、だぁ!?」

玉城「どんな力だよ、それ?」

C.C.「詳しくは私もわからんが、誰かに王の力、ここではギアスと言っておくが、それを掛ける事によってスザクか扇に不幸が訪れるだろう」

玉城「じゃあ、ここの連中にギアスってのを掛けたらどっちかが不幸になるって事か?」

C.C.「まあ、黒の騎士団にはスザクがいないから十中八九、扇が不幸になるだけだろうがな」

玉城「おもしれぇ!!さっそくやってみるぜ!!」

「どうした?玉城、何か面白い事でもあったのか?」

玉城「玉城真一郎が命じる!!扇か枢木を不幸にしろ!!」

「……」コクッ

「……」テクテク

玉城「あ、あれ?」

玉城「南の奴、どっか行っちまったぞ」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:15:53 ID:aD8vPznc (4/45)

C.C.「気になるならついていけばいい」

C.C.「もしかしたら、扇ではなくスザクを不幸にさせに行ったのかもしれないしな」

玉城「まあ、気になるっていえば気になるけど、俺はすぐに結果を見たいんだよ」

C.C.「なら、藤堂かディートハルトあたりにギアスを掛けてみればどうだ?」

玉城「じゃあ、次は>>5にギアスを掛けてみるぜ!!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/08/23 17:18:30 ID:Ql2ezz2U (5/45)



6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:25:13 ID:aD8vPznc (6/45)

C.C.「なるほど。確かに本人に掛ければ、その効果は一発でわかるな」

C.C.「だが、それでも確率は2分の1だ」

玉城「とにかくやってみりゃわかるんだろ?じゃあ、やりゃあいいじゃねぇか」

玉城「ちょうどいい所に扇がいやがった」

「どうした?玉城」

玉城「玉城真一郎が命じる!!扇か枢木を不幸にしろ!!」

「……」コクッ

「……」ダダダダッ

玉城「いきなり走り出しやがった!?どこへ行く気だ!?」

C.C.「わからんが奥の方へ向かっているから、出口ではないようだ」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:29:40 ID:aD8vPznc (7/45)

「…ゼロォッ!!」バァン

ゼロ「どうした、扇。騒々しいな」

玉城「扇の奴、ゼロの部屋に入りやがった!?」

「俺のオナニーを見てくれぇ!!」ボロン

ゼロ「」

C.C.「ブハッ」

玉城「マジかよ!?」

「はぁ、はぁ」シコシコ

ゼロ「扇、乱心したか!?」

「ぜろぉ、ぜろぉ、もうイくぜろぉ!!」ビュルルッ

C.C.「ゼロの仮面に白いのがかかったな」

玉城「これって扇よりもゼロの方が不幸になってるんじゃね?」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:35:49 ID:aD8vPznc (8/45)

ゼロ「た、玉城!!ちょ、ちょうどいい所に来たな」

ゼロ「扇がおかしくなった!!」

ゼロ「扇が正常に戻るまで独房に入れておけ!!」

玉城「お、おう」

C.C.「精液まみれのゼロとは威厳が無いな。まるでシマウマか牛のようだぞ」

ゼロ「黙れ、魔女!!私もいきなりこんな事になって困惑しているのだ!!」

ゼロ「落ち着くまで、そっとしておけ」

ゼロ「くそっ!!それにしても一体、扇に何があったというのだ!?」

C.C.「ゼロの事が好きなんじゃないのか?カレンみたいに」

ゼロ「ふざけるな!!奴は男だぞ!!」

C.C.「男が男を好きにならない事は無いんじゃないのか?」

ゼロ「と、とにかく、一人にさせてくれ」

C.C.「わかったよ、ぼうや」

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:41:40 ID:aD8vPznc (9/45)

「あ、あれ?俺は一体…」

玉城「いやー、さすがにアレはドン引きだわ」

杉山「扇。お前があんな事をするとは思わなかったぞ」

藤堂「何を考えている、扇。今はそのような時期ではないというのに」

「な、なんで、俺は独房に入れられてるんだ?」

カレン「扇さん…。あんな事するなんて、見損なったよ!!」

「え?…一体、なんの事なんだ!?」

玉城(扇のゼロぶっ掛け事件は何故か主要メンバーに知れ渡り、扇の信頼度は一気に失墜した)

玉城(確かに扇は不幸になってる気がするぜ!!)

玉城(そもそもゼロに顔射なんて誰も思いつかねーっての)

玉城(さて、次は誰にギアスを掛けてみるかな。よし、>>10だ!!)

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:45:36 ID:wXE0sUCA (10/45)

井上

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 17:57:55 ID:aD8vPznc (11/45)

玉城(井上の奴、ここにはいないか)

玉城(じゃあ、移動するか)

C.C.「ああ、さっきのモブじゃないか。扇をちゃんと独房に入れてきたか?」

玉城「ああ。俺は仕事のできる男だからな」

C.C.「そうか?」

玉城「それより井上を見なかったか?」

C.C.「いや。私は見てないな」

玉城「お。あそこに井上と千葉がいるじゃねぇか」

玉城「おーい!!井上ーっ」

井上「どうしました?玉城さん」

千葉「さっきから何か騒がしいみたいだが、その件か?」

玉城「玉城真一郎が命じる!!扇か枢木を不幸にしろ!!」

井上「……」コクッ

千葉「……」コクッ

井上の行動>>12 千葉の行動>>13

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 19:34:15 ID:DYuVEOiY (12/45)

ゼロに強姦未遂

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 20:35:09 ID:IqMmjEtM (13/45)

ウザクがホモセック○コラ画像をネットに流す

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 20:46:08 ID:aD8vPznc (14/45)

C.C.「井上は奥の方、ゼロの部屋へ向かったな」

玉城「千葉は電算室に行ったな。何をするんだ?」

C.C.「どっちを先に見に行く?」

玉城「まあ、井上にギアスを掛けたから、井上を見に行くとするか」

C.C.「なら、その後で千葉だな」

ゼロ『お、おい、な、何をする!?』

井上『さあ、パンツを脱いでください』

ゼロ『や、やめろ!!脱がしていいのは脱ぐ覚悟のある奴だけだ!!』

井上『ゼロは私の裸を見たいんですか?』

ゼロ『あ、いや、そうじゃなくて…』

井上『えいっ!!』ズルッ

ゼロ『うわああああっ!!』

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 20:51:47 ID:aD8vPznc (15/45)

井上『ちっさ』

ゼロ『……』

玉城「…ゼロぉ」グスン

C.C.(これだから童貞坊やは)ププッ

ゼロ『みんな、おかしいぞ!?何がどうなっているんだ!?』

井上『こんな粗末なモノじゃ、黒の騎士団のトップとしてとても恥ずかしいですね』

井上『これならまだ扇さんの方が相応しいと思います』

井上『というか、ゼロ以外なら誰でもいい気がします』

ゼロ『うおおおおおおっ!!!』ウワァァァン

C.C.「あ、逃げた」

玉城「これが扇の不幸にどう繋がるんだ?」

C.C.「私に聞くな。この後、なんらかの展開があるはずだ」

玉城「じゃあ、千葉の方でも見に行くか」

C.C.「そうだな」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:03:48 ID:aD8vPznc (16/45)

千葉「ふぅ。いい仕事をしました」

玉城「あれ?終わってるじゃねぇか」

C.C.「パソコンをいじっていたようだな」

玉城「アドレスの履歴を見て、千葉が何をしてたかチェックするか」カチカチ

玉城「…うわっ!!扇と知らねぇオッサンのホモ絡み画像がアップされてんぞ」

玉城「うおっ!!これは…」カチカチ

玉城「枢木がオッサンに突っ込まれて、アヘ顔さらしてんぞ」カチカチ

C.C.「なんというか色々とひどいな」

玉城「こうやって見ると枢木はネコなんだな」カチカチ

C.C.「まあ、主観は人それぞれだからな」

玉城「オッサンのチン○ン舐める枢木なんて、誰得なんだって話だけどな」

C.C.「というか、この写真、匿名でアッシュフォード学園の掲示板にアドレスが貼られているな」

C.C.(色々酷いが、まあ、仕方あるまい)

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:10:29 ID:aD8vPznc (17/45)

「ただいまー」

玉城「おっ。南が戻ってきたな」

C.C.「あいつは一体何をやったんだ?」

玉城「南ぃ。お前、どこに行ってきたんだ?」

「ああ。扇の家に行って、扇の嫁さん、レイプしてきた」

玉城「ま、マジかよ!?」

「ああ。とりあえず抵抗されたけど、気にせず中に3発出してきた」

「泣きながら危険日だって言ってたし、ヒットするんじゃないか?」

玉城「さらっと恐ろしい事言ってんな、南ぃ」

「一応、証拠画像もあるから、今から扇にこれを見せに行ってやらないとな」

玉城「え?」

C.C.「まあ、今のままでも充分不幸だが、レイプ事後を見せ付けられる事で扇はより一掃不幸になれるな」

「じゃあ」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:29:19 ID:aD8vPznc (18/45)

玉城「さ、さすがに、ここまでは予想してなかったが、こりゃ、いくらなんでも酷すぎじゃねぇか?」

C.C.「最初にそういうギアスだと説明しただろう」

C.C.「まあ、使いすぎると暴走するから気をつけろよ」

玉城「いや、多分、もう使わねぇよ」ピロリン

玉城「メール?」パカッ

タイトル:黒の騎士団は見た

本文:ゼロのお○んちんは黒の騎士団最小で通常時で2センチ。
勃起してもたかが知れているが、使用用途は排尿のみで
交尾にお○んちんを使う事が無い童貞野郎なので問題ないと某扇氏は語る。

ちなみにこれを確認させられたのは黒の騎士団の某女性団員(私)なのだが
某扇氏にゼロを誘惑し、確認してこなければ、
黒の騎士団内の専属肉便器にさせると脅迫を受け、実行させられたのである。

当然、本意ではありませんでしたが、
黒の騎士団ではゼロの次に地位の高い某扇氏に逆らえるはずも無く
この任務を遂行する破目になりました。

この件について、某扇氏に報告したところ、自分は関係ない、指示していない、
部下が勝手にやったことだとのた打ち回っており、
私は何らかの処分を受けるでしょう。

私は無実を証明する術がなく、某扇氏の思惑通りとなってしまいますが、
それでも私は悪くないと訴え続けるつもりです。

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:36:02 ID:aD8vPznc (19/45)

C.C.「なんかすごいメールが来たな。政治家と秘書のようなメールだ」

玉城「な、なあ、この事がばれたら俺、きっと殺される気がするんだけどよぉ」

C.C.「ばれなければ問題ない」

C.C.「元々モブには期待してないしな」

C.C.「まあ、その力で色々と遊ぶもよし、隠してもよしだ」

C.C.「さて、次はどいつにどのギアスを与えてみるかな」

誰に>>22

何のギアス>>24

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:45:29 ID:JaRsZDEc (20/45)

ナナリー

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 21:50:22 ID:TJUldmMM (21/45)

周りの男が自分に挿入してくるギアス

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 22:01:29 ID:aD8vPznc (22/45)

C.C.「よし、ナナリーにギアスを与えてみるか」

ゼロ「おい、待て、そこの魔女」

C.C.「どうした?お○んちんが2センチの坊や」

ゼロ「ぐぬっ!!そ、その情報源は一体、どこから…?」

C.C.「黒の騎士団なら殆どの奴が知っているぞ。適当な奴に聞いてみたらどうだ?」

ゼロ「その前に今回の騒動にお前が絡んでいないかどうかを確認するほうが先だ!!」

C.C.「私が?何のために?」

ゼロ「それがわからないから聞いている」

C.C.「まあ、今回の件は私は無関係だと言っておこう」

ゼロ「…本当だな」

C.C.「私がお前に嘘をつくわけないだろう?」

ゼロ「くっ!!まあいい」

C.C.「それじゃあ、私は家に戻っているからな」

ゼロ「わかった。私はこの騒ぎの原因を究明しなければならないから、戻るのは遅くなる」

C.C.「わかった。ナナリーには遅くなると伝えておこう」

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 22:06:28 ID:aD8vPznc (23/45)

C.C.「お、いたいた」

ナナリー「C.C.さん。今日はお兄様と一緒ではないのですね」

C.C.「ああ。色々と問題が起きて、少し遅くなると言っていた」

ナナリー「お兄様、大丈夫なんでしょうか?」

C.C.「何だかんだいって、あいつは上手くやるよ」

C.C.「それよりナナリー」

ナナリー「なんですか?」

C.C.「お前にいいものをやろう」

ナナリー「C.C.さんが私に?なにかしら」

C.C.「王の力だ」

ナナリー「王の力?」

C.C.「この世の全てが自分に突き従う、そんな力だ」

C.C.「私と契約すれば、この力はお前のものだ」

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/23 22:10:55 ID:aD8vPznc (24/45)

ナナリー「私はそういうすごい力はいりません」

ナナリー「お兄様と、周りの人が優しく過ごせる世界だけがあれば、私は何も望みません」

C.C.(ふむ。やはりナナリーは欲に疎いせいか、簡単には契約しそうにないな)

C.C.(さて、どうしたものか?)



>>29

1.他をあたる(誰に)
2.無理矢理契約させる

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 00:03:11 ID:WM8.yOCI (25/45)

1藤堂

33 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/08/24 20:46:14 ID:BUtFCODI (26/45)

C.C.(やはりナナリーはやめて、他を当たる事にしよう)

C.C.(万が一、無理矢理契約させた事がルルーシュにばれると、何を言われるかわからんしな)

C.C.「ん?あそこでウロウロしているのは藤堂か?」

C.C.「おい、藤堂」

藤堂「なんだ、C.C.か。こんな所でどうした?」

C.C.「それはこっちの台詞だが、そんな事はどうでもいい」

C.C.「貴様に王の力をくれてやろう」

藤堂「は?」

C.C.「王の力は貴様に真の奇跡を起こさせるだろう」

藤堂「ふむ…興味深いな」

C.C.「貴様にくれてやる王の力(ギアス)は >>34 だ」

1.周りの男が自分に挿入してくるギアス
2.別のギアス

34 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:08:25 ID:GJiULDWA (27/45)

1も捨てがたいが・・・折角だからここは2だ!!!

35 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/08/24 21:11:02 ID:BUtFCODI (28/45)

>>34

2の場合は内容も指定していただけるとありがたいです。

36 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:22:48 ID:lw4nIGnU (29/45)

周りがホモになって襲いかかってくるギアス

37 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:31:55 ID:BUtFCODI (30/45)

藤堂「周りがホモになって襲い掛かってくる力、だと!?」////

C.C.「ああ。女は一切寄ってこない、男の楽園を作るような力、まさしくギアスだな」

藤堂「なら、この力を試したいが、俺はどうすればいい?」

C.C.「そのギアスは常時発動型だ。ただし、左目を閉じている間のみ効果は発動されない」

藤堂「なるほど」

C.C.「ちなみに女には一切効果が出ないぞ」

藤堂「望むところだ」

C.C.(望むところなのか…?)

藤堂「あそこにいるのはブリタニアの学生か」

リヴァル「今日もルルーシュの奴、休みかよ」

リヴァル「最近、あいつ、何やってんだ?」

藤堂(普通ならブリタニアの学生なら私を見てもイレブンだと罵るが…)

藤堂「待て、少年」

リヴァル「え?」ドキン

38 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:38:20 ID:BUtFCODI (31/45)

リヴァル「うほっ。いい男」ヤラナイカ

藤堂「ほう。この力、本物のようだな」ヨロコンデ

リヴァル「いいよ、この人、お尻が凄く逞しいよ!!」ズボッ

藤堂「むむっ!!」アーッ

C.C.「…自分で与えておいてなんだが、こいつらの痴態は見るに堪えんな」

C.C.「さて、どうしようか?」

>>39

1.リヴァルにも何かギアスを与える(安価でギアスを指定)
2.他の誰かにギアスを与える(安価で人物指定)
3.もう少し、藤堂とリヴァルを見学する

39 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:39:37 ID:lw4nIGnU (32/45)

3

40 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/08/24 21:47:32 ID:BUtFCODI (33/45)

リヴァル「お兄さん、あんた、名前は?」パンパン

藤堂「藤堂…鏡志朗…だっ!!」ユッサユッサ

リヴァル「イレブンかよ…」パンパン

藤堂「我々は…日本人だ、あんっ!!」

リヴァル「くそっ!!こんないいケツしてるのになんでイレブンなんだよ!!ちくしょう!!」

藤堂「お、お前こそ、なかなか素晴らしいモノを持ってるじゃないか。あふん!!」

スザク「おい、リヴァル!!君は一体何をやってるんだ!!」

リヴァル「スザク!?」パンパン

藤堂「枢木…スザクか!?」

C.C.(スザクが来たか)

スザク「僕も仲間にいれろよ!!」ヤラセロヨ

藤堂「来い!!枢木スザク!!」クチナラアイテルゼ

41 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 21:55:47 ID:BUtFCODI (34/45)

スザク「うおおおおおっ!!」

藤堂「もごごごっ」ジュボジュボ

リヴァル「うおっ!!スザクが加わって、イレブンのケツマ○コもかなり締まってきてるぞ!!」パンパン

スザク「藤堂さん!!こんなに気持ちいいクチマ○コは初めてだ!!」

スザク「ユフィみたいなマグロより全然いいよ!!」

藤堂「もっごが!!もっごがげぎぐ!!」ジュボジュボ

C.C.「あー…、見ていて気分が悪くなってきた」

ミレイ「リヴァルニスザク?」

ニーナ「オトコドウシデ、ヘンタイジャナイデスカ!!」

シャーリー「マサカ、スザクハルルーシュトモ?」

C.C.「ギャラリーも増えてきたし、面倒な事になる前に帰るとするか」

42 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/24 22:02:19 ID:BUtFCODI (35/45)

C.C.「さて、そろそろ暇潰しにも飽きてきたし、最後に誰かにギアスを与えて、それを最後にするか」

C.C.「さて、最後はどいつにどのギアスを与えてみるかな」

誰に>>44

何のギアス>>46

47 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] : 2012/08/24 22:20:43 ID:BUtFCODI (36/45)

安価で連投NGとは言わないけれど、短時間での連投は勝手ながら再安価にさせてもらいます。

>>44-46の人のは>>39で安価を使わせてもらってるので、

誰に>>48

何のギアス>>50

で再安価します。

48 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 00:20:46 ID:5l5W9oCo (37/45)

カレン

50 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 00:34:33 ID:dj6mc/F2 (38/45)

女性に痴漢される

51 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 08:07:37 ID:LHLV0TQo (39/45)

C.C.「とりあえずここまでろくな事になってないから、最後くらいはもっと面白くなってくれるといいのだがな」

カレン「あれ?あんた、こんな所で何やってんの?」

C.C.「お前こそ、黒の騎士団はいいのか?」

カレン「扇さんの処分をどうするかって、口論になってて、あたしはそういうのに参加したくないから抜けてきたんだ」

C.C.「ちなみに誰がどう言ってるんだ?」

カレン「ゼロは副指令からの降格、及び1年間のトイレ掃除命令で許すって言ってたわ」

カレン「他の人達は一時的におかしくなってるだけだから、病院で療養させた方がいいってさ」

C.C.「モブの奴は何と言っていた?」

カレン「玉城は珍しく扇さんを庇ってたわ。何か変なものでも食べたのかしら?」

C.C.「そうか」

C.C.「…ところで、カレンよ」

カレン「なに?」

52 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 08:08:45 ID:LHLV0TQo (40/45)

C.C.「ゼロも持つ王の力、お前も欲しくないか?」

カレン「王の力?」

C.C.「あいつはギアスと呼んでいる。使い方によっては自分の目的を達成するための手早い手段となる力だ」

カレン「ゼロが…王の力、ギアスを持っている?」

C.C.「王の力、いりますか?いりませんか?」

カレン「それがゼロのためになるなら、あたしは喜んで貰うけど」

カレン「一応、聞くけどどんな力なんだ?」

C.C.「ふむ。カレンにピッタリなのは女性に痴漢されるギアスだな」

カレン「は?」

C.C.「だから女性に痴漢されるのだ」

カレン「あのさあ。そんなもの役に立つわけ無いだろう」

C.C.「ピッタリだと思ったんだけどな」


>>53

1.他をあたる(誰に)
2.ギアスの内容を変える(どんな)
3.無理矢理契約させる

53 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 08:34:16 ID:dj6mc/F2 (41/45)


『私が痴漢したいからあげるのだ』
と言って無理やりきすしてあげる

54 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 08:50:25 ID:LHLV0TQo (42/45)

C.C.「それに私がカレンを痴漢したいからあげるのだ」チュッ

カレン「ぷはっ!?なな、何をする!?」

C.C.「さあ、受け入れろ。この女性に痴漢されるギアスを」

カレン「で、でも…」////

C.C.(フフフッ、カレンのやつ、満更でもなさそうな表情になっているぞ)

カレン「あ、あたしは、痴漢されるなら…ル、…ゼロに」

C.C.「安心しろ。女性に痴漢されるギアスは女性限定ではない」

C.C.「お前に女としての魅力があればギアスがなくても男から痴漢されるだろう。それがゼロであってもな」

カレン「あ、あたしはそんなつもりじゃ…」

ルルーシュ「おい、C.C.」

C.C.・カレン「」ビクッ

ルルーシュ「なにやら面白そうな事をやっているじゃないか」ピクピク

C.C.「る、るるーしゅ?」

カレン「あ…」

ルルーシュ「玉城の様子がおかしかったから聞き出したぞ。お前の悪戯の所業をな」

55 : 53[] : 2012/08/25 08:56:56 ID:dj6mc/F2 (43/45)

×きすしてあげる
○キスして契約

56 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 08:57:19 ID:LHLV0TQo (44/45)

C.C.「い、いや、アレはその、たまたま…」

ルルーシュ「たまたまで『扇とスザクを不幸にする力』だと?」

ルルーシュ「そして、カレンには『女性に痴漢される力』か」

ルルーシュ「悪ふざけもいい加減にしろ」

ルルーシュ「何のつもりか知らないが、俺も迷惑を被ってしまったからな」

ルルーシュ「そのぶん、お前には反省してもらわないとな」

カレン「え、えっと、取り込み中みたいだから、あたしは家に戻るね」

ルルーシュ「待て、カレン」

カレン「な、何?」

ルルーシュ「ゼロとして黒の騎士団零番隊隊長紅月カレンに命じる」

ルルーシュ「C.C.に痴漢してやれ」

カレン「はぁっ!?」

ルルーシュ「あと、井上や千葉、ラクシャータや神楽耶様も呼んで全員でC.C.に痴漢しろ。全力でな」

57 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/25 09:05:16 ID:LHLV0TQo (45/45)

C.C.「な、何を考えている、ルルーシュ」

ルルーシュ「何も考えていないさ」

ルルーシュ「度の過ぎた悪戯にはお仕置きも必要だろう。そう思っただけだ」

ルルーシュ「さあ、アジトへ戻るぞ。C.C.」

C.C.「い、いやだ!!」

ルルーシュ「カレン。C.C.をアジトへ連れて行け」

カレン「ああ」

C.C.「ちょ、やめて!!お願い、許して!!」

C.C.「ぴ、ピザを頼む量減らすから!!」

ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!!貴様は全力で痴漢されろ!!」



その後、C.C.は黒の騎士団女性陣に調教され、様々な性癖に目覚めた。

終わり

関連記事
[ 2012/08/28 23:57 ] 二次創作 コードギアス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/592-91652ca6