DQN「10万円持ってこい」男「僕は今1億円持っている」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:11:44 ID:/w.0SxHY (1/12)

DQN「1億円!?」

「ようするに君は僕を見て10万円程度の価値しかない。そう思ったわけだね」

DQN「い、いや…10万ってのはただ何となくで…」

「僕は家に帰れば自分1人で動かせるお金が15億円程度はある」

「そんな僕に10万円?」

「君は馬鹿なのかい?ああ、よく見れば知能が低そうな顔をしているよね」

DQN「う、うう、うるせぇ!!」

「しかし、恐喝というのかい?これは」

「何故、僕が恐喝の対象になったのか聞かせてくれないか?」

DQN(な、なんなんだよ、こいつはーーーっ!?)

元スレッド情報
DQN「10万円持ってこい」男「僕は今1億円持っている」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1345353104/
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:16:23 ID:/w.0SxHY (2/12)

「黙ってたらわからないよ。何か、話してくれないと」

DQN「あ、遊ぶ金が欲しかったんだよ…」

「よくある話だね」

「でも、それが10万円って。君は10万円ぽっちでどれだけ遊ぶ気でいたのかい?」

DQN「そ、そりゃあ、今日だけでパーッと使って…」

「ほほう。10万円で1日も遊べるなんて、すごく慎ましい遊びをするんだね」

「僕なら普通に遊ぶだけでも1千万円は普通に使っちゃうからさ」

「日によっては2、3億使う日もあるけど、さすがに普段はそんなに使わないよ」

「で、10万円でどんな遊びをするんだい?」

DQN(こいつ、もうやだ…)

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:21:20 ID:/w.0SxHY (3/12)

DQN「そ、そりゃあ、飲みに行ったり、ツレとゲームしに行ったり、ナンパしたり…」

「え?10万円以下のワインなんて飲むんだ。なるほど、そういう所で使うお金を節約してるんだね」

DQN「いや、俺はビールだし…」

「ゲームって何?どこのカジノ?そんな低レートなカジノは知らないなぁ」

DQN「普通にゲーセンだけど…」

「あとナンパって何?船に乗ったりするのかな?」

DQN「何を言ってるのか、こっちが聞きたい」

「まあ、それはともかく、話も聞けたし、恐喝された10万円くらいならあげようじゃないか」

DQN「マジかよ!?ひゃっほーっ!!10万円ゲットだぜ」

「そのかわり、僕も君を恐喝する事にしよう」

DQN「へ?」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:25:17 ID:/w.0SxHY (4/12)

「君の家族関係を全て調べ上げて、君に支払った10万円を全員から徴収させてもらうよ」

「社会的地位や暴力を使って、君のご両親や兄弟に対し、僕が君という存在のせいで迷惑を被ったという理由をつけてね」

DQN「そ、そんなの通用するわけ無いだろ!!馬鹿か、テメェ!!」

「ああ。でも、僕はお金持ちだから出来るんだよ。通用する、しないに関係なく」

「それにさ。君がやった事と同じだから」

「本来なら友人や学校の先生も対象にして構わないが、僕も手広く面倒な事はあまりしたくないんだ」

DQN「テメェ!!ふざけた事言いやがるとぶっ殺すぞ!!」

「脅迫か。いいね、僕も君の親族に脅迫するとしよう」

「両親は脅迫して離婚でもしてもらうとするか。兄弟がいれば、不登校くらいになってもらうとしよう」

DQN「わ、わけわかんねーよ、おめえ」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:28:12 ID:/w.0SxHY (5/12)

DQN「そ、そうだ、この10万円返すよ!!そ、そうすりゃ、俺とお前は関係ないよな?な?」

「だが、君が恐喝しようとした事実は変わらない。金品の移動がなかったのはたんなる結果に過ぎない」

「君は結果がなんともなければ過程はどうでもいいと思っているのかい?」

「駄目だよ、それは。結果も大事だが、過程も大事だ」

「だが、僕も鬼じゃない。恐喝するのはやめておこう」

DQN「あ、ああ。ありがてぇ」

「とりあえず脅迫だけはしてみよう」

DQN(な、何を脅迫するかしらねぇが、うちの家族は脅迫くらいじゃビクともしねぇはずだ!!)

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:30:17 ID:/w.0SxHY (6/12)

その日、DQNが気分転換にと、友と夜遅くまで遊んだ。

家に帰ると、そこには誰もいなかった。

父も、母も、姉も。

携帯電話も繋がらない。

近所の人に聞いても目を逸らし、消息はわからないと口を揃えていう。

警察に家族が行方不明だと届けても門前払い。

誰もDQNに関わろうとしない。

DQNは家で膝を抱えて座り込む。

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:32:05 ID:/w.0SxHY (7/12)

DQN「俺が何をしたって言うんだよ。恐喝しようとしただけじゃねぇか」

ピーンポーン

DQN「誰だよ、一体」ガチャッ

「やあ」

DQN「…て、てめぇ!!」

「おや?家族の方はいないのかな?」

DQN「白々しい事言ってんじゃねぇ!!どうせ、お前が何かしたんだろ!!」

「その通りだけど」

「正確にはお願いしたんだよ。この家から出て、君とは関わるな、ってね」

DQN「なんで、そんな事しやがるんだ!?」

「楽しいからだろう?」

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:34:22 ID:/w.0SxHY (8/12)

「君が恐喝や脅迫をするのは自分が楽してお金が欲しいから、楽しい事をしたいから、自分の無茶を通したいからするんだろう?」

「だから、僕も出来る限りの財力を使って、君の家族を脅迫した」

「それなりの散財だったが、君の絶望感に満ち溢れた顔は見ていて楽しかったよ」

「ああ、君が家に帰ってきた時からずっと隠れてみていたんだけどね」

DQN「ちくしょう!!テメェ、マジでぶっ殺してやる!!」

「ああ。いいのかい?僕を殴ったら、君は傷害罪で捕まってしまうよ」

DQN「構うもんか!!親父やお袋、姉貴もいないんだったら悲しむ奴なんか誰もいねえからな!!」

「君の思考は短絡的だな」

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:35:41 ID:/w.0SxHY (9/12)

「とりあえずちゃんと反省すれば君のご両親もお姉さんも無事に戻ってくるよ」

DQN「嘘ついてんじゃねぇ!!」

「僕は嘘はつかない。僕が嘘をつく意味がないからね」

「さて、家族を元に戻すためには、まず僕を殴らない」

DQN「ぐっ」

「真面目に学校に行く」

「恐喝や脅迫等の犯罪行為を行わない」

「毎日、壁に向かってごめんなさいを唱和する」

「あと、自慰行為は禁止。家に女性を連れ込むのも駄目だ」

「それをしばらくやって、気が向いたら家族は戻ってくるよ」

DQN「ぐぐぐっ…」

「それじゃあ、僕は帰るとしよう」バタン

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:36:15 ID:/w.0SxHY (10/12)

「…207号室、…206号室」ガチャッ

「失礼します」

「ああ、おかえりなさい。男さん」

「ごめんなさいねえ、うちのDQNが迷惑を掛けてしまって」

「ホント、なんであいつはああなのかしら?」

「いえいえ。気にしないでください」

「とりあえず隠しカメラの様子はどうですか?」

「なんかベッドの上でひたすら苦悶してるみたいだけど」

「はははっ。楽しそうじゃないですか」

「とりあえずこの部屋の家賃と元々の部屋の家賃は僕が支払っておきます」

「部屋が隣なので彼の外出時間と鉢合わせないようにだけお願いします」

「ご両親が反省してるなと思ったら、隣の部屋に戻ってあげてください」

「わかりました」

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:38:06 ID:/w.0SxHY (11/12)

「あと、もしも彼に何か聞かれたら僕に脅迫されて答える事が出来ないとでも言っておいてください」

「はい」

「でも、わざわざお金を使ってまでなんでこんな事を?」

「彼と同じです。楽しいからやっただけです」

「悪趣味だね、あんた」

「よく言われます」


「それでは僕からの脅迫ライフを楽しんでください」



END

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] : 2012/08/19 14:38:25 ID:/w.0SxHY (12/12)

短編を書きたくて書いた。

面白さやネタの濃度は度外視で。

関連記事
[ 2012/08/22 21:18 ] その他 | TB(0) | CM(1)

また社会的弱者のオタクが憂さ晴らしSS書いたのかと思ったが
読んでみたらちょっとおもしろかった
[ 2012/08/22 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/585-696cd5ca