先輩「だからね、ワンコインで続けられるって凄いと思うの」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:17:33 ID:9HJjP7HY (1/44)

先輩「人生に2度もチャンスがあることなんて、そうそうないんだから。」

「……だからって、入れ過ぎじゃないですか?」

先輩「……だって、チャンスがころがってるのよ?」

「えっと……」

先輩「だって、ね?」


「何枚使いましたっけ?」

先輩「まだ、まだ2枚だから!」

「……100円玉で?」

先輩「……500円玉で」


元スレッド情報
先輩「だからね、ワンコインで続けられるって凄いと思うの」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1334067453/
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:25:47 ID:9HJjP7HY (2/44)

アリガトーゴザイマシター
先輩「もう!あとちょっとだったのに……」

「懲りませんね」

先輩「だって、ムカつくじゃない!だれよ、貯金箱なんていった奴は!」

「だからって、なんでまたフラットさんなんですか?」


先輩「そりゃあ~」

「クラリネットだから?」

先輩「オカマだからよ」

「……」

先輩「いいと思わない?」

「……先輩らしくて」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:35:25 ID:9HJjP7HY (3/44)

先輩「さってとー、帰ろ帰ろ-」

「あ」

「譜面コピーしないと」

先輩「練習用に?熱心ねー」

「先輩には負けますって。もう3年なのに」

先輩「わたしは、ほら。推薦もらっちゃったから」

「そういうもんだいですか?」

先輩「そういうもんだいです。」

「そっか。……あっと、そうですね」

先輩「ん~?」

「いえ……。」



先輩「……直さなくてもいいのに(ボソッ」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:41:20 ID:9HJjP7HY (4/44)

アリアーッザース

先輩「それじゃ、私はここで」

「えっと……おくり……ます?」

先輩「私に聞かれてもねー。 今日はいいわよ、ここで」

「そっk……そうですね」

先輩「フフッ じゃ、またね。4月から後輩入ってくるんだから、しっかりしないと!」

「はい……また」

先輩「それじゃあねー」 コツッ コツッ コツッ……


「また……か。まだ……また、か。」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:53:46 ID:9HJjP7HY (5/44)

---------------------------------------------------------------------2012- Clockwise
----------------------
ーーーーーー
ーー

ハシッテモー アルイテモー
チキュウノスピードハー オナジデスー

「はぁ~~~ おはよ」

「おはよ、パンでいいわね」

「いいよー、兄貴今日も早いねー」

「あー、朝練あるし」

「この時期に部活顔出すなんて、へんなのー」

「まぁ、推薦もらってるから」

「ありゃ、余裕だこと」

「あんたも朝練でしょ?あんまり余裕ないわよー」トッ トッ トッ
「姉ーー!パンでいいわねー!」

「あ゛ー……、挨拶より先にそれはどうなんだ」

「お姉ちゃん!?って、もうこんなっ!支度してくる!パン早くお願い!」ダッ

「だから言ったじゃないの-」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/10(火) 23:53:59 ID:9HJjP7HY (6/44)



「イッ……大声は…………だから、挨拶より先にそれはどうなんだと、聞いてるんだが」
「毎朝のことじゃない、のんべ大学生?」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:00:44 ID:XNYi9y9c (7/44)

キーンコーンカーンコーン
教師「じゃあ、今日はこれで。いくら受験シーズンだからって授業には顔だせよ-」

男友「っと~!帰るかー。」

「んー。またなー。」

男友「あ、おい。今日はオケ部ないぞー?」

「ん?」

男友「禿がいってただろ、後輩もそろそろ期末近いって」

「あ、あーー。」

男友「ったく、最近抜けてんなー。」


禿教「ぬけてる……だと?ちょっと顔貸せ男友」

男友「へぁっ!ひぁーーー!ちがっ!ってか俺勉強が」

教師「勉強かぁー、英語ならたぁーーーっぷりみてやっから」ギュッ アイテテテテテ


「……帰るか」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:01:10 ID:XNYi9y9c (8/44)

(´・ω・`)ダレモイナイケド タメタブンハハルヨー


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:03:42 ID:XNYi9y9c (9/44)

フックブックロー オーイーツーイーテクールヨー
ダカーラココラデ ソヨカゼヲー アーオゾラヲー
チョットシンコキュー

「……」

「あら、もう帰ってたの」

「……」

「あらーー。あの、えーっと、ヴァイオリンやらおっきいヴァイオリンやら、
   変なオカマが出てるやつから変わったのねぇ」

「かあさん、だいぶ遅れてる。朝もやってたよこれ」

「そうなの?」

「ってか、覚えてあげなよ。ねーさんの楽器。」

「あー、あんたそれより部活は?後輩の面倒みるんじゃなかったかしら?」

「もうそろそろ下はテスト週間だよ」

「テス……妹ちゃん大丈夫かしら?」

「さあねー?」



「変なオカマ、ね」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:11:52 ID:XNYi9y9c (10/44)

ーー
ーーーーーー
----------------------
---------------------------------------------------------------------2009- Counter-clockwise



先輩「思うにね?私達って守られてるのよ」

「突然ですね」

先輩「人間は自由の刑に処されてるっていうじゃない?
   クラリネットがオーケストラで輝いていけるのも、弦楽器のお陰なの。」

「……といいますと?」

先輩「同じ畑でなく、姉ちゃんみたいな弦楽器の皆の音に守ってもらいながら、輝ける。
   ルビーの指輪だって、他の宝石でなく、座金があわさるとるびーの色気が引き立つのよ。」

「……先輩?」

先輩「だからねー。吹奏楽を選ばなかったみえっぱりって言われるのも癪なのよねー。」

「まさか……いまさらDQ3ですか?」
http://www7.big.or.jp/~sosan/dq/dic/ziten.cgi?action=view&data=1049

先輩「え?なんでばれたの!?」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:18:07 ID:XNYi9y9c (11/44)

「そういえば、推薦でしたっけ?」

先輩「そうよー、じゃないとこんなに部活こないわよ」

「久しぶりにDQも引っ張り出せませんよね。」

先輩「あっもう、それは置いておいてよー」

「……1月に顔出した時はビックリしました。」

先輩「んー。」

先輩「そりゃー、可愛い後輩の顔みたいじゃない?」

「……あー」

先輩「みたいじゃない?」

「……結局、フラットさんは捕れたんですか?」

先輩「あれがね!ほんっとーにもー……」

「駄目なんですね (ホッ…」


先輩 チラッ


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:23:32 ID:XNYi9y9c (12/44)

先輩「だんだん桜のつぼみも膨らんできたわねー」

「あ……そう、ですね。」

先輩「もうすぐ春が来るわよ~」

先輩「そして……」

「……」

先輩「はやい、はやいなぁ……」

「そう…ですね……一年間って。でも」

先輩「甘い!駅前の喫茶店のベリーパイより甘いよ!」

「食べたいんですね?」

先輩「んもー!」

「……ですね?」

先輩「食べる!食べるけれども!」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:36:28 ID:XNYi9y9c (13/44)

先輩「だんだん桜のつぼみも膨らんできたわねー」

「あ……そう、ですね。」

先輩「もうすぐ春が来るわよ~」

先輩「そして……」

「……」

先輩「はやい、はやいなぁ……」

「そう…ですね……一年間って。でも」

先輩「甘い!駅前の喫茶店のベリーパイより甘いよ!」

「食べたいんですね?」

先輩「んもー!」

「……ですね?」

先輩「食べる!食べるけれども!」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:37:28 ID:XNYi9y9c (14/44)

イラッシャイマセー
先輩「いっくら全ての知識が経験に基づくからって言うからさー、そういうのってどうなのよー」

先輩「これじゃあ、私が食い意地張ってるみたいじゃない!いかんと、思うのよ!」

「ですか」

先輩「です!」

「いかんとも、しがたいですね……」

先輩「むっ……男君ってそういうところが……」

「なに……なんですか?」

先輩「そういうところ、昔からかわってないわよね」

「む……」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:52:35 ID:XNYi9y9c (15/44)

ーー
ーーーーーー
----------------------
---------------------------------------------------------------------2005- Counter-clockwise

「あれ?ねーさん?」

「お、今帰りか?」

「そうだけど。どうして駅前に?」

「待ち合わせだ。副部長とな」

 テッテッテッテ

姉友「はっ、まに、まにあ、まにあっ」

「合ってない」

姉友「け、けちーー!3分くらいっ   あれ?」

「……どうも(……副部長?)」

姉友「えー、なになにかr「弟だ」……知ってたけどさ-」

「それじゃ」


姉友「ちょっっっっっっとまったぁ!!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:52:47 ID:XNYi9y9c (16/44)


「えっ?」

「あーー」

姉友「せっかくだからさ!おいでよ!」

「え、ぼく……おれもですか?」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:57:57 ID:XNYi9y9c (17/44)

姉友「いやー、女二人ってねー!いくら近所の高校の演奏会とはいえねー。」

「あきらめろ、こういうやつだから」

「あー……はい」

姉友「なによー!」

「いえ、こういうひとだな。と」

「あきらめろ、こういうやつだから」

姉友「うぅー……」

「……ねーさん」


(なかなか、面白そうな二人、だしな)


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 00:58:17 ID:XNYi9y9c (18/44)

パチパチパチパチパチブラボーパチパチパチ…
「……はー」

姉友「ひゃー……高校生って凄いんだなー」

「……スネアの音の粒、すごい」

「あの3楽章のクラリネットも、素晴らしいソロだったな」

姉友「ねー!あー、いいなぁ……オーケストラ」

「来ればいい、と言っているだろ?」

姉友「あーうー……なんだか傾いて来ちゃった」

「やっぱり……姉友さんは、何部なんですか?」

姉友「あれ?っていってなかったかー」

「中学吹奏楽部副部長……
     ……だったやつだ」

「……はぁ?」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:07:32 ID:XNYi9y9c (19/44)

ハニホヘトッ イロハニホヘト
イロハハトニホヘトニハ クインテッ!
「おかーさん!ぱんやいたー?」トテットテッ

「おはよう、ジャムは出しておいてね」

「かーさん、パンお願い」ギーッ

「はーい。姉ちゃんは?」

「部屋でごそごそ聞こえたから、そろそろ」

「男くんが部活入ったから、少しは早くなると思ってたのにねぇ……」

「そう簡単に、代わりはしないって」

「……あー。母、私にも頼む」ペタッペタッ

「はいはい。部活でもこんな感じじゃないだろうねー?」

「それが」

「いいから、パン食べていくぞ」


「で、なに?(コソコソ」
「それがさ、あだ名が氷の女「食べていくぞ?」……いただきます」


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:08:07 ID:XNYi9y9c (20/44)

>>19
(´;ω;`)っ④  ありがとー。それかおよびでないってことかな…?


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:14:54 ID:XNYi9y9c (21/44)

「さて、今日の朝練はスペシャルゲストがいる」

 ザワザワ ザワザワ

姉友「おはようございまーすっ!」ガラッ

「江末巣中吹奏楽部 元 副部長。そして」

姉友「この時期からだけど、新しく入りました女です!よろしくお願いしまっす!」

 ザワザワザワザワ エーマジカスゴーイアノヒトッテ デモナンデコノジキニ ザワザワ

「新入部員だ。」

「……姉友さん?」

姉友「先輩」

「……え?」

先輩「これからは、先輩。ね?」

「え?」

「……後から入ったのに?」


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:16:43 ID:XNYi9y9c (22/44)

---------------------------------------------------------------------2009- Clockwise
----------------------
ーーーーーー
ーー
ベリーパイニ ロイヤルミルクティー アイスコーヒーオモチイタシマシター
先輩「あの時から、可愛げなかったのよねー」

「性分……ですからね。」

先輩「でも、最初あった時の「ぼく……おれは」は、可愛かったなー///」

「……それで」

先輩「ほらほらー、すぐそうやって話題を変えようとするー。
   私たちは現在だけ耐え忍べばいい、っていうじゃない。

先輩「過去にも……未来にも苦しむ必要はないのよ?」

「……先……輩?」

先輩「今を生きていけばいいの。さもあらんってことよ。」

「……それで、高校に進んでもオーケストラを選んだんでしたっけ」


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:16:59 ID:XNYi9y9c (23/44)

先輩「そう、そうなの。やっぱりあそこって私の好きな音楽と、ちょっと違ったのよねー。
   たしかにクラの競争率も高いけど、それ以上に向いてる方向が違ったの」

「そう、でしたね」

先輩「……やっぱり可愛くない(ボソッ」

「先輩?」

先輩「ん?」

「……さっきの、わかりにくいしあんまり落ちてないですよ?」

先輩「んもぅ!可愛くない子ねーー!」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:21:58 ID:XNYi9y9c (24/44)

 男 フゥッ
先輩 ……


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:22:21 ID:XNYi9y9c (25/44)

アリガトーゴザイマシター
先輩「さっ。今日もここでいいよー」

「あ、おく「らなくていいよー」……はい」

先輩「気持ちだけ、もらっておくね?」

「……先輩は」

先輩「ん?」

「……先輩はどうしッッッ!!」ヒトサシユビ ピトッ

先輩「内緒っ」ヒトサシユビ ピトッ

「!」

先輩「じゃあねっ!」カツッ カツッ カツッ


(関節……キス?
先輩(関節……キスかー///


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:28:50 ID:XNYi9y9c (26/44)

キョウノオテンキハ セキジマサンニツタエテイタダキマス  セキジマサン?  ハイ!
「お帰り、打楽器練が長引いたみたいだな」

「ただいま、あーそんな感じ」

「なるほど……」

「入学シーズンは、大きいのがあるし」

「……姉友もいなくなるし、な」

「……ねーさんのそういうところ、あんまり好きじゃない」

「嫌われたようだ」

「あ、にいさんおかえりー!おかーさん町内会行ってる、ご飯はできてるよ!」トテトテ

「そっか、ありがとう」

「で、お姉ちゃん嫌われちゃったの?」

「そうなんだ、この傷をどうしてくれよう……(ホロホロ」

「にいさんひどいなー、こんなにクールビューティー(氷の女王)なお姉ちゃん泣かせて!」

「……わりとこの姉妹、嫌い」


(こっそりけなされたな。その仇名、中学まで広がっているとは……)


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:37:52 ID:XNYi9y9c (27/44)

コン コン コン
「だれ?」

「わたしだ」ギーッ

「……どうしたの?」

「暇を持て余「古いんじゃない?」……あいかわらずだな」

「それで?」 

「進展はあったのか?」

「……何の?」

「追い詰められてまでとぼけるのは、美しくないな」

「……そういわれたって、ないものはないよ」

「どういうつもりだって、何を考えてたっていい」

「もし、決めたのなら、一発だ。一発で仕留めろ。」

「……」

「打楽器は、そういうパートだ。おやすみ」ギーッ


「一発……」


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:46:53 ID:XNYi9y9c (28/44)

ーー
ーーーーーー
----------------------
---------------------------------------------------------------------2005- Counter-clockwise
 ピヒー ポペー キーキーキー
「……」

先輩「今日は、あんまりうまくいかなかったねー」

「姉t……先輩。」

先輩「なんだか、迷ってない?」

「はい……まだ初めて時間がたってないですし」

先輩「うーん。そういうことだけ、じゃ無いと思うなー。」

「……」

先輩「シンバルもグランカッサ……ええと、大太鼓も。もちろんティンパニもね?
   一発。それだけなの。」

「一発……?」

先輩「そう。誰もが欲しいポイントに、欲しい音一発。迷ってる暇なんてないんだよー。一発勝負!」

「……一発。」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 01:47:11 ID:XNYi9y9c (29/44)

先輩「どのセクションでも、本当はそうなんだけどね。君のポジションは、一番わかり易いんだ。
   ま、なにはともあれ、大気は晩成すっていうでしょ?」

「はぁ」

先輩「だから、目指す一発まで、策をろうしてがんばってみてね!」タッタッタッ

「……はぁ(え…さく?)」

「よし、ではもう一度通して今日は終わりとする」


(一発、勝負。)


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:00:30 ID:XNYi9y9c (30/44)

先輩「帰り道、あっちだったっけ?」

「そうだけd……そうですが?」

先輩「アハハッ いいのいいの、言い直さなくて。細かいことは気にしないから」

「そうは行きませんよ。 そういえば、姉と仲がいいですものね」

先輩「帰り道?そうねー。でも最初はそうでもなかったのよー?」

「あー、そうだったんですか」

先輩「吹奏楽部の演奏を聞くなり、「こんな所じゃなくもっと輝ける舞台がある」ってねー。
   当時はあったまきちゃってー!その日はもう、怒鳴り付けちゃったっ☆」

「へ、へー……(☆……」

先輩「でもねー、姉ちゃんの言うこともうすうすわかってたの。
   同じ畑同士でやりやうだけじゃなくて、違う世界もあるんだなってこと。」

先輩「まー、いいじゃんいいじゃん!ちょっと寄り道していこう?」

「え、ちょっと……」

先輩「ほらー、こっちこっちーー!!」


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:03:35 ID:XNYi9y9c (31/44)

ハーッハーッ
先輩「こ、こ!ここよ!」

「先輩?息、切れてますよ?」

先輩「ちょ、ちょっと!ちょっとだけ、まって、ね」フーッ フーッ  フゥ

先輩「ここの景色が、凄くいいの」

「わぁ……」

先輩「うん。 どうかな?」

「すごい……すごいですね」

先輩「でしょ?この時間でないと、ここまでは見れないんだよ!」

「……もうすぐ、日が沈みますね……」

先輩「……その顔なら、大丈夫だね」///

「……はい?」


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:03:48 ID:XNYi9y9c (32/44)

先輩「何でもないよ! ホントはねー、ここの桜が咲くと綺麗なんだよねー」

「そう、なんですか」

先輩「でもそれはーー、お預け!
   門限の電車まであと10分しかないんだ、急いで!」ギュッ

「え?え?」

先輩「さー、駆け下りるぞ-!」ダダダダダー

「あー、先輩ーー!」


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:04:48 ID:XNYi9y9c (33/44)

---------------------------------------------------------------------2009- Clockwise
----------------------
ーーーーーー
ーー
キーンコーンカーンコーン  ザワザワザワ
先輩「あー、終わっちゃったなー」

「そうだな……」

先輩「高校生活、終わっちゃったよー……」

「桜……卒業式に間に合ったな」チラッ

先輩「そう、そうね……」

「部の顧問に、一言いってくる」クルッ

先輩「あれ?さっき言ったじゃない」

「言い忘れだ、ちょっと時間潰しててくれ」タッタッタッ

先輩「あっ!……もぅ。」

 タッタッタッ
「先輩!」


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:05:05 ID:XNYi9y9c (34/44)

先輩「あー!どうしたの?」

「先輩。卒業、おめでとうございます」

先輩「ありがとうございます、ついにここともお別れかー」

「……そう、ですね」

先輩「君も、ついに先輩になるんだよ。まだ見ぬ後輩を、よろしくね?」

「はい……」

先輩「……よしっ!ならばよし、だよ!」ウルッ

「……先輩」

先輩「……なあに?」

「先輩。どうしても、聞きたかったことがあります」


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:05:44 ID:XNYi9y9c (35/44)

先輩「……どうしたのー?」

「…先輩、大学では楽器を吹かないそうですね」

先輩「……ははっ。やっぱり。それ姉ちゃんからかな」

「無理やり、聞き出しました。
   なぜか、聞いていいですか?」

先輩「あっはは……」

先輩「…………私、最初はね。この子とどこまでやれるかなーって思ってたの。
   せっかく、出会った縁だったし。好きだったからね」

先輩「だけど、この先の世界ってさー。厳しいみたいなんだ。」

先輩「お金も、実力も。それにね?そういう道って、
   周りによく思われないんだってー」

先輩「いろんな人にね……相談したんだ。それで、そんなに難しいんだなーって。
   思い知っちゃった。」

「……」


39 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:05:56 ID:XNYi9y9c (36/44)

先輩「でもね、人間は考える葦であるっていうじゃない?」

先輩「だめだーって、おもっててもしょうがないや。
   曲がっても、踏まれても。しなやかにいこーっ!って考えたの」

先輩「これが、私のけじめなの。これが…………」ウルッ…

「……そこからパスカルは、ちょっと無理がありましたね」

先輩「んもーー!!すぐそうやってーー!」

「先輩?」

先輩「なによっ!」ジワッ


40 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:06:17 ID:XNYi9y9c (37/44)

「先輩にとっての楽器のけじめ、伝わりましたよ」

先輩「男君……」

「だから、1月からも練習見に来てくれたん、ですよね?最後まで、見届けてからって」

先輩「ん……」コクッ

「でも……」

「でも、先輩の残した芽。ここに残った芽は、まだ開いてないんです。」

先輩「……芽?」

「残念ながら、俺の芽は大器晩成ですから。
   来年、再来年。聴きに戻ってきてください。」
   

「いつか、けじめを後悔させる一発。聞かせますから。」

「そしたら……」


41 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:09:12 ID:XNYi9y9c (38/44)

---------------------------------------------------------------------2011- Clockwise
----------------------
ーーーーーー
ーー
パチパチパチパチ パチパチパチパチ
「ついに、男の最後の晴れ舞台、か。」

先輩「そうねー。ほんとに、時間ってたつのがはやいんだから」

「それ、いつも言っているが。時間がたってる割に男の一人でも引っ掛けられたんじゃないか?」

先輩「あーー!姉ちゃんがそれ言うー!?」

「言った者勝ち、とはよく言ったものだろう?」

先輩「もぅー……あ、はじまるよ……」


42 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:10:44 ID:XNYi9y9c (39/44)

パチパチパチパチパチパチブラボーパチパチ
「あいつも……、やるようになったな……」

先輩「うぅ……うーっ!」ズビー ジュル

「おい、いつまで泣いてるんだ」

先輩「おど、おどごぐん……」ズビズビー

「まったく……」

先輩「ぞういうあねぢゃんも……ないでるじゃない……」フキッフキッ ジュル

「いや…………そうだな」 ウルッ

先輩「……いごう、いがなぎゃ。あねぢゃん」ズビー ズルッ

「流行る気持ちはわかるが……」

先輩「え……」

「もうちょっと、マシな顔して行け」フキフキ

先輩「もぅ……なんでしってるかな……」

「そりゃ、姉だからな(いずれはお前の)」

「とにかくいってこい。せっかく姉までつかってけしかけたんだからな」

先輩「……うん!」


43 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:11:11 ID:XNYi9y9c (40/44)

ハーッ ハーッ
先輩「い、いたー!」

「お久しぶりです」

先輩「も、もぅ。よりに、よって、こんなところで、なくとも……」フーッ フーッ  フゥ

「いいえ、ここでないとだめなんです」

先輩「そう、なの?」 オチツイター

「だって、ワンコインで来れるんですよ?」

先輩「そう……そうね」

「それに。以前言っていた。桜の木、咲き始めてますよね」

先輩「あー、そんな季節だもんね」

「先輩……?俺の高校最後の一発。どうでした?」

先輩「……男君」

「客席で大泣きしてるの、舞台からもわかりましたよ?」

先輩「……そういうところ、変わってないなぁ」

「性分、ですからね」


44 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:11:57 ID:XNYi9y9c (41/44)

先輩「……正直ね。」

先輩「……悔しかったよ。」
   
先輩「あんなに凄かったのに、私は一緒に座ってないんだもん……」

先輩「あんなに凄かったのに……楽器の道、目指さないんだね……」

「嫉妬、しました?」

先輩「……」

「先輩?」

先輩「ぅー……    した!したよ!したにきまってるでしょ!」

「これならまた。
   先輩のクラリネット。聞けますね」

先輩「……ぅー。あんなに上手いの、卑怯だよー……。」

先輩「わかった、わかったよー。……でも、ブランクあるし。期待はしないでね?」

「いいえ。ずっと期待してたんですから。それは聞いてあげられません」

先輩「……なんか、男君意地悪くなった?」

「なんででしょうね?先輩」


45 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:13:20 ID:XNYi9y9c (42/44)

「そうそう、もう一つ。覚えてます?」

先輩「えっと……えと………………うん」

「もう、日が沈んじゃいました」

「月が、綺麗ですね。女さん」

先輩「男…君。」

「5年もたって、初めて呼びました」

女先輩「……そう、かもね。ビックリしちゃった。よく、覚えてたね?」

「姉が紹介した時から、ずっと隠してた一発です。
   それで、答えを聞いてもいいですか?」

女先輩「……こ、答え?」

「そう そう、せき にんも、とらせてくださいね」

女先輩「バカ……バカー-!私のセリフよくもとったなー!!!!
    それに、それに2年も待たせてーーー!!」ギュッ

「おまたせ、しました」ギュッ


46 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:13:52 ID:XNYi9y9c (43/44)


女先輩「……こんなわかりにくい女で、いいの?」

「だから、いいんですよ」

「女さん」チュッ

女先輩「チュッ……もう……こういうところ、変わって、ないよね///」
おわり


47 : 以下、名無しが深夜にお送りします : 2012/04/11(水) 02:16:54 ID:XNYi9y9c (44/44)

なんだこれ面白そうだな、俺もやってみよう!
的なノリでとりあえず勢いに任せて全部書いてしまいました……。

読み返せないほど恥ずかしい構築でした、最初なのに無茶やったなぁ……


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryosakumatome.blog.fc2.com/tb.php/395-fb476846